くりあや交遊録-本家
あぁ…意味もない駄文なり。日記・クチコミレビュー・ネットゲームなどにおける私の思考や言動を書き連ねてます。 ほとんど長文なので、ひま~な人だけ読んでやってください。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の麻雀道-その弐

  
  


 このブログ文も以前にアソブログ、そしてドキュンの本家で公開してたもの。
 あらためて書き直してこちらに再登場です。 
 「私の麻雀道」シリーズは、現在かなりの数をドキュン本家で出していたのですが、すべてこちらに移していくつもりです。
 さらにこのシリーズは、まだまだ続いていく予定でもあります。


 その壱において、ルールが許してもしない方がいいことを書いた。
 今回もその中のひとつ、『後付け』を取り上げてみる。
 これもモメそうなテーマですし、賛否が分かれています。現在は、ほとんどのサイトがルールでありだとしていますから、する人は多いでしょう。
 ですが、嫌っている人がかなりいるのも事実です。
 後付けは早く上がることができるので、とにかく何でもいいから上がりたい。例えば、オーラスで親の連荘や逆転を嫌い、トップ確定のためにするというケースなどでよく見られます。
 これも前回のテーマ同様、ルールがありだとするならば、他者のする分に文句を言うことは出来ない。言う気もないが(-_-)
 で、私はというと、これもほとんどやりません。
 まれに、ミスで結果としてそうなってしまう場合を除けば、意図的にはしていません。まあ、後付けがミスによる結果で成立するなんて、まずありえないですけどね(笑)
 もちろんそれは上達のため、そして嫌う人がいる以上しないほうがいいであろうという、マナー上の配慮もあります。
 不特定多数が参加するオートマッチング対戦であれば、リアルルールで採用されているものと同じ感覚で打った方が、モメなくて済むので。
 したほうが得であり、勝率が今より上がることはわかっていますが、あえてしません。しないで打った方が、禁止ルールでも充分に勝負ができるようになるからです。


 ただ、自分がしない事というのは、いくら自由とはいえ、目の前で堂々とされると、やっぱりあまりいい気はしませんね。しかもそういう場合、そこそこ点数あるのかと思いきや、よくてドラ1、2000程度のみ?親の連荘でもないのに…最初から後付け狙いで副露してたんだなって、倒された牌見るとわかる。
 「後付けか・・・」ま、それでしか上がれなかったのか、勝ちにこだわっているのか…私が感じるのは、いずれにしてもそれを見たときに、その相手に思うこととして、「浅いなぁって…」(´_`)
 そして、またしてもなんだか勝負気が萎え~、どーぞどーぞ、勝手にやって勝って下さいな。私は負けでいいですから、とまあ半分諦め打ちですね。
 一緒に打っている他の2人にはたまに申し訳ない気がするものの、さっさとゲームを終わらせてしまいたいと思うため、危険を覚悟で攻めたりもします。


 後付けは、私はこれまでしないででも勝ってきた…これからもしなくたって勝ってみせる・・・私の麻雀道のひとつ、私は
 『いつ、どこで、誰と、どんなルールの麻雀でも対応でき、対等に勝負できること』
 これを理想としています。無論それは「アリアリ」だろうが「ナシナシ」だろうが同じ。どこかだけで強くてもダメだし、あらゆる場で、あらゆる相手に通用する。それには根底となる「軸」の麻雀がまずは必要なのです。
 そのために、私はマナーをある程度考慮し、完全先付けルールを基本としながら、攻守を見極めつつのメンゼン主として麻雀を打っています。もちろん局状況、得点やドラ、相手の動向によっては、喰いタン(ありの場合)や役牌オンリーで上がることはあります。リーチ、ダマ、鳴き、この3つを上手く使いこなしていかないと、現代の麻雀では勝てないことはもはや常識です。
 私はいつかプロレベルとも互角に対局できる腕を持ちたいと思ってます。
 まだまだ、はるか先のレベルなのでしょうけれどね…


  本文中の『後付け』はどうやら、ルールや人によって解釈が違うようですが、私が提議しているものは、正確には『ノミ手の後付け上がり』のこと。『ロンまたはツモ牌が、唯一役の確定する牌であり、それ以前に副露を行っているもの、メンゼンにおいてはこの限りではない』としています。
 こうやって定義すると今度は、じゃあ暗カンの嶺上開花やハイテイ、タンヤオのみは?役牌のみならメンゼンでもリーチしていなければダメ?だとか、もうローカルルールで人や場所によってまちまち、いちいち細かく上げてたらきりがない。
 だから私は麻雀を打つ場合、必ずルールは事前に確認はするものの、勝った後から文句を言われるのは腑に落ちない。そこでどんな上がりでも大丈夫なように、誘われた場合を除いては、結局「アリアリ」でゲームをすることが多い。第一、その方が無難。
 ただ、相手がするかしないかだけ…したいならすればいい!それでも私に勝ちたいのなら。私と対等に勝負したいなら、ありルールでもしないことです。アナタがもし、麻雀を愛する「漢」なら、同じ土俵で勝負しようや?私が言えるのはそれだけです…ルールが許しているなら、それは最大限に活かすべき!とする人もいるでしょう。もちろんそれは間違いではない…
 モラルの問題と、己との戦いの問題なので、私は他者の麻雀に口出しはしないよ。


 私は「完全先付け」のルールでもそこそこ打てるけれど、今は人も少ないし、一般的ではないのであまり好んでは打たないかな。細かなローカルルールもその都度にいちいち覚えてられないし。さすがにツモ(門前清模和)のみでもダメだっていうルールでは、一体何で上がれっていうのよって気もしますから。
 メンゼンで手を作ってリーチしとけば、フリテンまたはノーテンチョンボにでもなってなければ、まぁよほどでない限りは、どこでやっても怒られることはないのではないかと。
 とりあえず「リーチ」って役が絶対につきますからね。ただし、勝てるかどうかはまた別問題ですが(笑)


 今回分もドキュン時の広告は未提携でしたので差し替えてあります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kuriayaya3xhp.blog117.fc2.com/tb.php/7-3f88005d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CL

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

Counter/FC2

アクセス

無料カウンター

プロフィール

栗林あや

Author:栗林あや
いらっしゃいませ。
くりあや交遊録へようこそ。
ブログ管理部、本家代表です。
私は、設定上は女子大生ということになっております。
その正体は、ふふふ…秘密!
もっとプロフで少しわかるかも?

もっとプロフィール

リンク

このブログをリンクに追加する

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

参加中2

【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)

参加中3

DHCオンラインショップ
セシール

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

テキスト広告(CP)集

① きゃばきゃばが熱い!
② リサイクルなら【ブランカスタ】
③ 電話占いで貴女の悩みを解決
  
 
 
 
 

バナー広告(US)集

 
 
 


オークションならビッダーズ 

クチコミLINK



16 目的別で探せるハーブティー専門店「ハーブスタイル」
15 お歳暮なら全国無料配達のダイエーネットショッピング!
14 引越し料金を業者ごと比較・見積り
13 顧問弁護士をお探しなら法律事務所オーセンスへ。
12 弁護士 転職は弁護士ドットコム転職ナビへ。 
11 緑屋情報システムの「流通 SAP 求人」 
10 自己破産の無料相談ならオーセンスへ 
9 楽に新婚旅行に行くなら『世界のおみやげ屋さん』を賢く使ってGO~! 
8 安心の保証付!中古車を買うなら全国500店舗展開のTAXで 
7 【モダンアジアン】a.flat家具ソファベッドテレビ台! 
6 民事再生の知識と手続きはリーガルハンズへ 
5 中古パソコン販売のぱそすた「パソコン倶楽部」・中古ノートパソコン大特価中! 
4 任意整理の知識と手続きはリーガルハンズへ 
3 国内最大級のデザイナーズ家具インテリアショップ「リグナ」 
2 携帯アフィリエイトなら広告数No1のSmart-Cがおすすめ 
1 コンタクトレンズの通販サイト

アウトパーツ1

OMC -12/20

アウトパーツ2

アウトパーツ3

アウトパーツ4

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。