くりあや交遊録-本家
あぁ…意味もない駄文なり。日記・クチコミレビュー・ネットゲームなどにおける私の思考や言動を書き連ねてます。 ほとんど長文なので、ひま~な人だけ読んでやってください。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンの上がりを検証…
 

 某缶コーヒーのCMで、舘ひろしさん、萩本欽一さん、ウルトラセブンともう1人(この男性の詳細は現在調査中)で、麻雀をやっているやつがありますね。
 CMは「男のしあわせ、麻雀篇」というタイトルなのですが、今回は麻雀に精通する私が、このCMのウルトラセブンの上がりをちょっと検証してみたいと思います。

 このCMでは、4人で話をしながら麻雀をし、ウルトラセブンが舘ひろしさんから、ロン上がりをしています。
 「あっ、舘さん!それロンです…メンタンピンドラ3、12000です!」と言っていますね。
 今回はこの「メンタンピンドラ3、12000」をもう少し詳しく検証するわけです。
 ちなみにCMはこちらをご覧ください。あまり広告をしたくないんですけどね…わからないといけないので。アフィリエイト提携をしていれば、大いに名前を出して宣伝しますけど(笑)
 
 なお、麻雀に詳しくないとここからの文は、さっぱりわからないと思うので、ある程度は麻雀のルール(できれば役の名前程度ぐらいまで)を覚えてから読んで欲しいのだが、麻雀というゲームは最初に全員が同じ点数を持ち、牌で各自が役を作りながら、できた役などによりその点数をやり取りして、一定ゲームが終了したときに、最も点数が高い者が勝つゲームだということぐらいは、まぁ誰でも知ってるはず!
 子供向けでは「ドンジャラ」というゲームがあるが、あれの延長だという感じでしょうか。
 もちろんまったく別物で、ルールはもちろん何もかも違うのですけどね。
 麻雀のことなんてさっぱりだし、覚える気もないというなら、この記事は読んでいただかなくて結構です。あくまでも興味ある人のみ、ここから先は読んでください。
 実は私も、主にはネットで麻雀をするわけで、細かな点数計算も、それほど詳しくはないので、この先厳密な部分は大部分に割愛する。

 単純に麻雀をこれからゲームをするという人でも、ある程度はわかるようには、書くつもりでいるけど、わからない部分は自分でネットなりで検索して調べて欲しい。
 それを踏まえて、今回は至極一般的に採用されている標準ルールを使用して検証する。
 麻雀はいろいろな場所でローカルルールなどがあるので、細かく例外を上げていたらキリがないです。
 そこで、今回はあのCMの中で出ている部分において、麻雀のルールのうち、必要とされる標準ルールの「満貫は8000と12000」ということと、「1翻(ファン、ハン)縛り」、「ドラはすべてネクスト」だけ、ここに記しておくことにする。これも説明は割愛。標準ルールだから…わからないなら、どこかで調べてきてください。わからなくても、ここから先は読めると思います。

 さて、ではそれぞれについてひとつずつ。
 まず「メンタンピンドラ3」とは何か…麻雀に詳しい人なら、まったく説明の必要もないだろうが、ここでは一応説明しておきましょう。
 メンタンピンドラ3はそれぞれ、メン、タン、ピン、ドラ3の4つの単語から成っており、各単語の頭部分を連続で続けたものだ。それぞれは正式名称で分けることができ、メンはメンゼン、タンはタンヤオ、ピンはピンフ、ドラ3はドラが3枚という意味です。

 メンゼンとはチーやポン(他者の捨て牌で3枚セットを作ること)などをせず、最後まで手持ちの14枚で牌を入れ替えながら上がりきることで、麻雀の基本とされている。
 タンヤオとピンフはそれぞれ麻雀の役の名前で、どちらも1翻役。主に麻雀の軸役とされている。おそらくは多くの麻雀が、このどちらかを目指す形で役を作っていくことになる。
 参考までに、私は主に後者である。

 タンヤオは字牌と老頭牌(1か9)以外、つまりは3種類の「2~8の牌」だけで、3枚セット(123のような同種牌の続き数字…これをシュンツという。か、同じ牌3種…これをアンコーという)を4組と、同一牌2枚のペア(これをトイツという)1組を完成させる役。麻雀では、どんな役のどんな形の組み合わせで上がろうとも、必ず同一種の2枚が最低1組必要で、これを「アタマ」といいます。他にも2~8でだけなら、トイツだけでも上がれる役はあるが、それはまた特殊役だからここでは関係ない。ピンフとの複合なので、4-1タイプで説明。
 ピンフはアタマの2枚以外の3枚セット4組をすべてシュンツで完成させる役だが、上がりとなる牌が、両面待ち(56だと4か7のように両サイドでそれになるパターンのもの)であることと、アタマの2枚が特定字牌以外であることが必要。今回の場合、役が複合しており、タンヤオとも絡んでいるので、ピンフのシュンツとアタマもすべて「2~8」の牌でできているというわけです。また、先のメンゼンであることも条件のひとつです。
 ちなみにタンヤオはそうでなくてもよいことが多い。これはルールで違うが、メンゼンでなく、他者の捨て牌を利用してのタンヤオのことを「クイタン」という。これをルールで認めていない場合、タンヤオもメンゼンでないと上がれない。
 一般的には「クイタン」は認めているところが多いでしょう。

 ドラが3枚というのは、ドラという麻雀に特別に与えられた特殊設定牌が3枚あるということで、ドラが何かというと、簡単に説明するなら、上がり計算時に、1枚につき1翻分の得点がつく懸賞牌(「翻」は麻雀の得点計算の単位のようなもの)で、多く持っていれば、それだけ点数が高くなる牌です。各ゲーム毎に設定され、これがあるないで、点数が大きく変わってきます。つまり、ここでは3枚あるので、それだけで3翻分の得点になっているということです。ただし、ドラは役ではないため、それだけでは上がることができず、他に何か役などを作らなければ、どれだけ持ってても意味がありません。いってみればおまけみたいなものですね…ただ、標準ルールである「1翻縛り」なら、何か1翻分でも役をくっつけさえすれば、一気に持っている分のドラ翻数が得点となるため、たとえリーチや役牌しか役がなくても、ドラさえあれば、相手にダメージを与える分の得点を得ることができるのです。
 ドラで3翻というのは、上がれば最低でも4翻以上となって、けっこうな破壊力得点になるので、なかなかいいといえます。

 ここまでで総括すると、ウルトラセブンの上がった「メンタンピンドラ3」は、タンヤオで1翻、ピンフで1翻、ドラ3の3翻で、合計5翻分の上がり点数があるということなのです。主に麻雀では、4翻以上はどんな役を絡めようとも、かなりの高得点とされ、簡単には上がることができません。開始時の点数が一般的に25000点であることから、ウルトラセブンは、高い点数を上がったことになります。CMでは、それをロンされた舘さんがすべて払うわけです。

 で、次に12000です…の12000を見てみる。
 麻雀で標準ルールの場合、ロンの相手から12000点をせしめるのは2通りで、親の満貫(マンガン)か子のハネ満(ハネマン)のどちらかだけ。満貫やハネ満は麻雀の得点の上限値の俗称こと。満貫は親が12000点、子は8000点。ハネ満は18000点と12000点のように、俗称ごとに点数は一律に決められている。さらに高得点で倍満や3倍満、それにみんなが知るいわゆる「役満」がある。で、基本の「満貫」は倍満以上の大きい上がり点数の目安の数値になっています。
 ここで重要なのが、5翻以上で12000点が成立する可能性。
 親であれば満貫で12000点となるが、子であればハネ満でないと12000点にはならず、あと1翻が必要。映像で見る限りは、ウルトラセブンはリーチをしているかどうかはわからない。
 リーチをしている場合は上がったときに、リーチという役の1翻が付くので6翻になる。
 すでに役とドラだけで5翻が成立しているわけだから、リーチがあった場合、親であると6翻で、ハネ満になり12000点ではなくなる。親のハネ満は18000点。CMでは、満貫などは言ってないが、点数の12000とははっきり言っている。
 そしてもうひとつ、上がった役はタンヤオとピンフである。そして、ロン上がりをしている。ここで点数計算ができる人はすぐにピンと来るはず!役から逆算すると、彼が上がったのは基本符30符だ。
 この基本符の計算も、説明しているととても文字数が長くなるからやめます。
  
 30符ということは、5翻では満貫、6翻だとハネ満となるので、役の条件下で12000点が成立するためには、子でなくてはいけない。30符以外だとまた違うんですね…得点計算が。
 でも、ここではそれしか書く必要はないでしょう。
 よって、ウルトラセブンは子であり、リーチをかけ、舘さんからロン上がりをしたということになる。CM中では「じゅわっ」と声を出しているので、おそらくあれがリーチ宣言ではないかと推測される(笑)
 リーチには一発のおまけがあるが、一発がつけば7翻となるも、30符だとそれでもハネ満は変わらない。CMで見る限り、ウルトラセブンがリーチをかけてから、各自が1度セリフを言っている間にそれぞれツモをしているので、一発はついていないと見ていいでしょう。
 あとは…連荘分とかリーチ棒の供託料は、ここでは考えなくていい。後から追加するものだし、積み棒はなかったと考えていいのではないかな。

 最後はドラ3、これもちょっとレアなケースだ。
 実は、ピンフはアタマにドラが絡むか、赤ドラ(3種類の牌の一部が赤色で表記されている牌、一般的に5の数字牌3種×4枚のうちの1枚か2枚。これも上がり時に持っていれば、ドラとして1枚につき1翻の得点計算となる)がない限りは、滅多にドラ3はありえない。
 もちろん可能性がないことはない…ピンフという役は、アタマのトイツ以外はすべてシュンツ。ということは、赤ドラがない場合、ドラが3枚になるのは、アタマが2枚ともドラに該当して、裏ドラがつく。もしくは、アタマの2枚と同じ牌を入れたシュンツの3枚(23334のようなケース)になるか、456、678のように同じ数字を入れて2種類のシュンツを作り、かつ裏ドラがつくとき。どれのタイプも、そうそうはない。なお、223344のようなケースでは、イーペーコーという役がついてしまい、さらに1翻アップで5翻ではなくなります。また、リーチなしならメンタンピンのドラ3ではなく、メンタンピンイーペードラ3にあたるから、メンタンピンドラ3、12000点ですと言っている点からも、イーペーコーはないと見ていいだろう。
 赤ドラがあって、イーペーコーが入り、6枚のどれかがドラで、赤ドラ入りでドラ3のケースも考えられることは考えられるけどね。ウルトラセブンのセリフから判断しているので、今回はイーペーコーではなく、ドラの3枚目はリーチの裏ドラであると推測。
 裏ドラとは、通常でゲームするのに毎回設定されるドラ表示牌の真下にある牌、リーチをして上がった者にだけ、これを当てる権利があり、上がったときに使用した牌の中に裏ドラの該当牌があると、その分も1枚1翻で得点に加算される。俗称は裏…リーチなしで上がるときには、この裏ドラは無関係。さらに、上がった後しか、この牌は知ることが出来ない。なお、一般的にはすべて表示されている使用牌の次(ネクスト)の牌が実際のドラ牌で、1ならば2、4ならば5、9だと同種牌の1が該当することになる。
 下にある隠れているこれを裏ドラと呼ぶので、通常の開始時に表示するドラ牌のことを、区別するのに表ドラ、俗称「表」、という。
 このため、ドラが3枚になるのは、赤があればそれを入れているだろうが、ないときは表と裏のどちらかにアタマかシュンツの2枚がドラとしてついていることが条件である。ただ、これはカンドラがない場合の話で、カンをして新ドラが増えているときはまた条件が変わってくる。
 カンや新ドラについては、これも説明すると長くなるので、ここで説明はやめておきましょう。若干すでにこのブログ文も長くなってきてますから(笑)それから、シュンツだけで3枚がドラのケース(222333444のようなとき)は、サンアンコーという役(2翻)になるので、これも違う。
 そもそもピンフにおいて、使用の2枚がドラになることは、そうそうあることではない。

 ここらへんは、CMの部分だけでは判断できないけれど、ピンフでドラが3枚なら、少なくともいい手ではある。
 2翻分の役を作り、表としてドラが見えている(自分の手の中にある)なら、十分リーチして勝負していっていいので、ウルトラセブンのやっているのは、順当な戦法であるだろう。ドラ3の2枚が裏ドラでついてきた場合であっても、裏ドラによってハネ満となったのなら、それが仮になかったとしても、表は1枚はあって、リーチで30符4翻の得点となる…これだけでもかなりの得点は見込める。通常だと、子は7700か満貫で8000点。親なら11600か満貫12000点だったけかな。これはその場の計算ルールで違ってくる。
 リーチなし3翻が確定しているから、状況次第じゃ私でもリーチするよ。
 リーチ入れて4翻あれば、追っかけられてもめくり合いで勝負ができるからね。

 ここまでの点から、CMにおいてウルトラセブンは、立場は子で、「タンヤオ」と「ピンフ」の役を作ってリーチをかけ、数順の後、舘さんからロン上がりをした。そして何らかの形でドラが3枚となり、メンタンピンドラ3で、30符6翻のハネ満12000点が成立した。というのが妥当でしょうか。
 もしくは、もうひとつのケースとして、ウルトラセブンは立場は親で、23334のような並びでそれがドラに該当、あるいは赤ドラを1枚以上持っており、タンヤオとピンフを作るも、リーチをせずにドラ3状態で、舘さんからロン上がりをした。メンタンピンドラ3で、30符5翻の満貫12000点が成立。
 おそらくはこのどちらかのパターンであろう。これはあくまで私の勝手な推測理論ですので、そこのところは深く突っ込みを入れないように!ちなみに普通の人なら、後者の場合は表だけでドラ3だから、上がれば18000点以上確定するので、まずリーチするよね…親だし、相手にプレッシャーをかけて、一気に勝負していい局面だろうから。てことは、やっぱり前者(子)だと考えるのが自然でしょう。
 どちらにしても、開始持ち点25000点のうちの半分近くを払うわけだから、かなりの点数移動といえます。
 そういえば、CMでも舘さんはロンされて、うつろな瞳になってますね。
 萩本さんの「オマエ喋れんの?」というオチに目が行きがちだが、私みたいなタイプは、あの12000を打ち込んだ舘さんを見てしまう。
 最後の舘さんの呟きが印象的…うーん、微妙(笑)
 私とてハネ満をロンされたら、かなりダメージでかいですよ(>_<)
 ただ、関係ないけど、やっぱり舘さんはオトコマエだね。哀愁があるものwww

 以上、つまらないCM検証でした。長かったですが、最後まで読んでくれてありがとう。
スポンサーサイト

コメント
yuuさんへ・・・
今回は、なるべく麻雀がわからない人でも読めるように書いたつもりなので、ツボってくれたのなら、私の狙い通りです。
ありがとうございます。
[2008/01/17 09:22] URL | 栗林あや #- [ 編集 ]

げんえいさんへ・・・
頑張って読んでくれてありがとう。
そうか…こういうことをすると、CMの製作者が喜ぶのね。
こんなくだらない検証の駄文で、喜んでくれる人がひとりでもいるのは、私としてはありがたいことですよ。
[2008/01/17 09:20] URL | 栗林あや #- [ 編集 ]


これ…

始まった当初から

麻雀わからないσ(^_^;)でも

つぼりましたね~。゜(゜ノ∀`゜)゜。アヒャヒャ

[2008/01/16 23:10] URL | yuu #P6KoQm2c [ 編集 ]


頑張って読んだよ!!
あのCMもココまで検証されているとは思うまい^^
でも、作った人が見たら喜ぶんじゃないのかな?
館ひろしの最後の表情、注意しておくね♪
[2008/01/16 12:52] URL | げんえい #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



CL

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

Counter/FC2

アクセス

無料カウンター

プロフィール

栗林あや

Author:栗林あや
いらっしゃいませ。
くりあや交遊録へようこそ。
ブログ管理部、本家代表です。
私は、設定上は女子大生ということになっております。
その正体は、ふふふ…秘密!
もっとプロフで少しわかるかも?

もっとプロフィール

リンク

このブログをリンクに追加する

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

参加中2

【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)

参加中3

DHCオンラインショップ
セシール

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

テキスト広告(CP)集

① きゃばきゃばが熱い!
② リサイクルなら【ブランカスタ】
③ 電話占いで貴女の悩みを解決
  
 
 
 
 

バナー広告(US)集

 
 
 


オークションならビッダーズ 

クチコミLINK



16 目的別で探せるハーブティー専門店「ハーブスタイル」
15 お歳暮なら全国無料配達のダイエーネットショッピング!
14 引越し料金を業者ごと比較・見積り
13 顧問弁護士をお探しなら法律事務所オーセンスへ。
12 弁護士 転職は弁護士ドットコム転職ナビへ。 
11 緑屋情報システムの「流通 SAP 求人」 
10 自己破産の無料相談ならオーセンスへ 
9 楽に新婚旅行に行くなら『世界のおみやげ屋さん』を賢く使ってGO~! 
8 安心の保証付!中古車を買うなら全国500店舗展開のTAXで 
7 【モダンアジアン】a.flat家具ソファベッドテレビ台! 
6 民事再生の知識と手続きはリーガルハンズへ 
5 中古パソコン販売のぱそすた「パソコン倶楽部」・中古ノートパソコン大特価中! 
4 任意整理の知識と手続きはリーガルハンズへ 
3 国内最大級のデザイナーズ家具インテリアショップ「リグナ」 
2 携帯アフィリエイトなら広告数No1のSmart-Cがおすすめ 
1 コンタクトレンズの通販サイト

アウトパーツ1

OMC -12/20

アウトパーツ2

アウトパーツ3

アウトパーツ4

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。