くりあや交遊録-本家
あぁ…意味もない駄文なり。日記・クチコミレビュー・ネットゲームなどにおける私の思考や言動を書き連ねてます。 ほとんど長文なので、ひま~な人だけ読んでやってください。
06 | 2008/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想の新築マンションあるかも?
.
 誰でもが自分の「持ち家」というのを手に入れたいのは、みな同じですね。いつまでも、賃貸などで暮らすのも1つの「道」ではあるけど、持ち物のひとつとして、家が欲しいというのは、働く人間のいわばステータスの中にあることかもしれない。
 それは戸建に限らずとも、マンションであっても新築の、それも分譲マンションならば、それは立派なその人の「持ち家」といって過言ではないでしょう。
 特に最近は、おしゃれな造りの新築マンションも増えて来ていますし、いろいろと入居者のことも最大限に考慮してくれるように、建築されている。
 今やヘタに戸建を持つよりも、マンションに住むほうが都会的なのかもしれません。
 また、持ち家として、不動産投資の対象としても利用できるのがマンション。
 やっぱり、家を買うなら新築の分譲マンションがいいという方も多いのでは?

 アメニティスタッフさんでは、オリジナルブランド「Cuore」 (クオラ)シリーズを展開し、数々の新築マンションを創りだしています。
 「こころ」というイタリア語を意味する、「クオラ」というブランドは、多様化するお客様のライフスタイルに対応しながら、エリアニーズとコストとのバランスを心地よく捉えた新しい「創造力」で創る分譲マンションを示しているとのこと。
 もしかしたら、自分が希望するマンションが見つかるかもしれません。
 
 私は新築マンションというと、あまりにも縁遠い世界の話なので、ただただ理想的な、いわゆる「夢」の話になってしまうだけですので、基本的にそういう話はあまりしたくないのが大本音。
 私は常に現実の中に生きているつもりなのだ。
 よく、宝くじが当たったらマンションを買いたいなんて、けっこう聞く話(私もしたことあるし、していると悲しくなることがある)なんだけど、私はそんなことは絶対に話はしない。仮に当たればそれも候補のうちに入るだろうが、私にはそれが現実に起こるとは思えない、当たってからそういう話はしたい。
 でも当たりもしないうちから夢の話をしたところで虚しいだけなのだ。
 どういうマンションに住みたいかなんていうのももちろんいろいろとある、セキュリティがしっかりしていて、個人のオフィスと住まいを兼ねるような造りだとか、欲しい機能は上げればキリがないが、私はすべてはマンションを手に入れるだけの資金を、その手中にしてから、いろいろと考察したいと考えている。
 夢は所詮夢なんです。現実の中で生きるということは、努力が必要なんです。夢は大事なんだけど、それを見るだけでは、進んでは行かない。たとえば、こういうマンションを買うにしても、大きな買い物である以上、それなりの苦労や運は必要だってことです。
 ただ、固定資産として、マンションは欲しいとは、ずっと昔から考えてはいて、もし将来「持ち家」を買うのであれば、絶対にマンションがいいとは思っているんですよ。
 ちなみに私は、新築マンションを買うならば、絶対に1人で住みたいんですよ(笑)

 雑記/08-07-3/新築マンション-「Cuore」シリーズ-株式会社アメニティ・スタッフ
 ブログ本文の無断転載を禁じます。Copyright(C)くりあや交遊録-本家 
スポンサーサイト
あると便利そうなCash
 BitCash presents 夏のダウンロード祭り

 BitCash(ビットキャッシュ)というのを知っているだろうか…
 インターネットが主流になってきたこのご時世、もはやそのネットの世界も「いわゆるネットマネー」なんてものが必要になってくる。
 で、BitCashとは、どなたでも使える「インターネットのお金」。
 高度なセキュリティと、利便性をもつ匿名性のプリペイド式電子マネーです。
 ひらがな16文字のIDで、加盟店サイト(約1万サイト)にてインターネット上での決済が行えます。
 ま、早い話がネット決済するときにあると便利ってシロモノですわ。
 BitCashは、ビットキャッシュサイトでオンライン、全国約37,000のコンビニエンスストア、郵貯ATMなどで、全国24時間365日購入することができます。
 そういえば、うちの近くのコンビニにも売ってたな(笑)
 店に登場してきて、初めて見たときは、これ何なんだろって?思っていたカードだったのよ…
 それが今やねぇ・・・(笑)

 さて、その便利なBitCashだが、現在ちょっとお得なキャンペーンをやっている。
 詳しくはこちら…
 【BitCash presents 夏のダウンロード祭り】

 7月16日〜9月15日の2ヶ月間、電子マネー『BitCash』でリッスンジャパンのListenポイントを
チャージされた方全員に、チャージ額10%分のListenポイントをプレゼント!
 ⇒ http://i.listen.jp/st/sp/sp/bitcash_cp/

 ぜひBitCashを使ってお得に楽曲購入をお楽しみください♪

 好きな音楽をサイトからダウンロードして、持ち歩いている人などには、ちょっと見逃せないイベントかもしれないね。
 BitCash presents 夏のダウンロード祭りで、ちょっとお得に音楽をゲットしよう。
 もちろん、ビットキャッシュで決済利用できるのは、音楽ダウンロードだけじゃーないんだぞっ♪

 ちなみに、実は私もこの「BitCash」はちょっとだけ欲しかったりするんですよね…
 先のダウンロードにももちろん使えるのは確かだけど、一番の利点はネット決済でけっこう使えるサイトが多くて、とっても便利なんですよ。あまり詳しくはここでは書けないんだけど、ビットキャッシュのことを知っている人あたりは、その利用価値は熟知してるんじゃないかな。
 近々手に入れようかと、もっぱら検討中なんですわ。

 
 R・U・I☆Blog-No.H050/BitCash-ビットキャッシュ株式会社/アクセストレード
 ブログ本文の無断転載を禁じます。Copyright(C)くりあや交遊録-本家
麻雀行脚 7thリザルト
  

 前回、ゲームチューでのものが終了したので、今回から新しいサイトにて挑戦。
 行脚の新サイトは「東風荘」!
 ついにこの場での行脚がスタートしました。
 私はここでも、「栗林あや」名でIDを持っていますが、ここでも行脚用に、新たにIDを製作し、それを用いての挑戦にします。
 ここでは、第1東風荘(東風荘場)において、ランキング卓で対局したものを、行脚の対象とする。
 本来は第2東風荘(半荘戦場)でやりたかったのですが、いくつかのテストプレイで、予約してもなかなか対局が始まらないため、ユーザー数の少なさを考慮して、こちら側にしました。
 夜の人が多い時間帯でも、なかなかゲームが始まらないので、ゲームがわりと早く始まる(人が多い)方でやることになりました。
 私の麻雀はどちらかというと半荘戦向きなんだけど、ゲームそのものがなかなか出来ないのでは、やむをえない(T_T)
 東風戦なので、そういうつもりの戦いになるだろうけど、一応私は私の麻雀で戦う。
 だから、たとえこの場のルールが認めていても、喰い換えと喰い直し、後付けはしない。だから、それをした者は、すべて不快者に該当する。
 そうでありたくなければ、私と同じ土俵で戦うことだ。もしこれを読んで東風荘にIDを持っていて、私の行脚用IDプレーヤーと戦ったら、気をつけることです。私のIDは明かさないが、かつて自分が戦った牌譜記録が残っているなら、その中のどれかである。
 それから、ここもゲーム中のチャットが有効のサイトだが、挨拶以外のチャットは、うざいだけなのであしからず。それも不快者に含めます…文字が出ると、一瞬そちらに気がそがれる。馴れ合いな言葉など真剣勝負の対局にはいらぬ…私は集中して打ちたいので、挨拶もしなくてもよい!
 その他…原則として、麻雀のルールなどは、東風荘規定に順ずる。
 多分、100戦程度かなぁ…ここ、あの音声があまり好ましくないし(笑)あのおっさんみたいな音声、なんとかならんかね、東風荘運営者さん。

 ①日付 ②開始時R/4人平均R※ -不快対局者数(最大3)  ③終了局/総ゲーム数  ④順位/最終点棒 ⑤最終点数 ⑥和了/放銃/流局数  ⑦備考
 6月中の数ゲームは、テストプレイとしたので、7月以降のゲームより記録とする。
  1 ①7/1  ②1368/1352 -3  ③東4/7  ④1位/40300 ⑤+29 ⑥2/0/2  ⑦Ⅰ※2
  2 ①7/1  ②1396/1343 -2  ③東4/7  ④4位/-100 ⑤-38 ⑥0/2/2  ⑦Ⅰ
  3 ①7/2  ②1366/1248 -0  ③東4/8  ④2位/31500 ⑤+5 ⑥3/0/1  ⑦
  4 ①7/2  ②1373/1419 -1  ③東4/5  ④4位/12600 ⑤-25 ⑥1/2/0  ⑦Ⅰ
  5 ①7/2  ②1345/1220 -2  ③東4/6  ④3位/23200 ⑤-10 ⑥0/1/1  ⑦Ⅰ
  6 ①7/2  ②1333/1296 -1  ③東4/4  ④3位/25300 ⑤-8 ⑥1/0/0  ⑦Ⅰ
  7 ①7/8  ②1323/1358 -2  ③東4/7  ④4位/13000 ⑤-25 ⑥2/1/1  ⑦Ⅰ
  8 ①7/8  ②1295/1332 -1  ③東4/5  ④3位/28500 ⑤-5 ⑥1/0/0  ⑦Ⅰ
  9 ①7/10  ②1286/1222 -1 ③東4/7  ④4位/19700 ⑤-18 ⑥1/1/1  ⑦Ⅰ
 10 ①7/10  ②1256/1134 -2 ③東4/8  ④2位/30600 ⑤+4 ⑥2/2/2  ⑦Ⅰ
 11 ①7/11  ②1263/1413 -1 ③東4/8  ④3位/28300 ⑤-5 ⑥2/1/2  ⑦Ⅰ
 12 ①7/11  ②1256/1189 -1 ③東4/7  ④1位/35600 ⑤+26 ⑥2/0/3  ⑦Ⅰ
 13 ①7/11  ②1283/1256 -2 ③東4/13  ④3位/29200 ⑤-4 ⑥1/2/4  ⑦Ⅰ
 14 ①7/12  ②1273/1216 -1 ③東4/6  ④3位/24900 ⑤-9 ⑥1/0/0  ⑦Ⅰ
 15 ①7/13  ②1263/1224 -1 ③東4/4  ④1位/33400 ⑤+22 ⑥1/0/0  ⑦Ⅰ
 16 ①7/13  ②1290/1358 -1 ③東4/7  ④1位/48900 ⑤+39 ⑥3/0/2  ⑦Ⅰ
 17 ①7/13  ②1320/1399 -1 ③東4/6  ④4位/20300 ⑤-17 ⑥1/2/1  ⑦Ⅰ
 18 ①7/13  ②1293/1342 -1 ③東4/7  ④1位/34700 ⑤+23 ⑥2/0/1  ⑦Ⅰ
 19 ①7/14  ②1322/1187 -0 ③東4/5  ④3位/29300 ⑤-4 ⑥1/1/1  ⑦
 20 ①7/14  ②1310/1314 -1 ③東4/6  ④3位/22800 ④-11 ⑥0/0/1  ⑦Ⅰ
 21 ①7/15  ②1301/1251 -1 ③東4/7  ④3位/26300 ⑤-7 ⑥1/0/2  ⑦Ⅰ
 22 ①7/16  ②1291/1326 -0 ③東4/6  ④3位/24500 ⑤-9 ⑥0/0/0  ⑦
 23 ①7/16  ②1282/1271 -2 ③東4/5  ④1位/38200 ⑤+28 ⑥2/0/0  ⑦Ⅰ
 24 ①7/16  ②1310/1394 -1 ③東4/5  ④3位/23900 ⑤-10 ⑥1/1/0  ⑦Ⅰ
 25 ①7/16  ②1302/1283 -0 ③東4/5  ④4位/23100 ⑤-14 ⑤0/1/0  ⑦
 26 ①7/16  ②1274/1298 -2 ③東4/5  ④2位/32100 ⑤+6 ⑥1/0/1  ⑦Ⅰ
 27 ①7/16  ②1284/1285 -2 ③東4/6  ④3位/20300 ⑤-13 ⑥0/1/0  ⑦Ⅰ
 28 ①7/16  ②1274/1239 -0 ③東4/5  ④4位/20500 ⑤-17 ⑥1/1/1  ⑦
 29 ①7/16  ②1246/1208 -1 ③東4/4  ④1位/34800 ⑤+23 ⑥1/0/0  ⑦Ⅰ
 30 ①7/16  ②1273/1226 -1 ③東4/9  ④4位/16400 ⑤-21 ⑥1/2/2  ⑦Ⅰ
 31 ①7/16  ②1244/1239 -1 ③東4/4  ④2位/25700 ⑤0  ⑥1/1/0  ⑦Ⅰ
 32 ①7/17  ②1253/1301 -1 ③東4/5  ④1位/38300 ⑤+28  ⑥2/0/1  ⑦Ⅰ  
 33 ①7/17  ②1282/1383 -0 ③東4/8  ④2位/28300 ⑤+3  ⑥2/0/3  ⑦
 34 ①7/17  ②1293/1303 -1 ③東4/7  ④3位/19200 ⑤-14  ⑥0/1/1  ⑦Ⅰ
 35 ①7/18  ②1284/1210 -1 ③東4/5  ④3位/25400 ⑤-8  ⑥1/2/0  ⑦Ⅰ
 36 ①7/18  ②1273/1271 -1 ③東4/8  ④2位/32500 ⑤+6  ⑥2/0/1  ⑦Ⅰ
 37 ①7/18  ②1282/1268 -1 ③東4/5  ④1位/31100 ⑤+19  ⑥1/0/1  ⑦Ⅰ
 38 ①7/18  ②1309/1373 -0 ③東4/5  ④3位/27500 ⑤-6  ⑥0/0/1  ⑦
 39 ①7/18  ②1301/1326 -0 ③東4/8  ④2位/31500 ⑤+5  ⑥1/0/1  ⑦
 40 ①7/19  ②1311/1379 -0 ③東4/4  ④1位/30600 ⑤+19  ⑥1/0/0  ⑦
 41 ①7/20  ②1339/1271 -0 ③東4/6  ④4位/4100 ⑤-33  ⑥0/1/0  ⑦
 42 ①7/20  ②1311/1343 -0 ③東4/4  ④3位/21200 ⑤-12  ⑥1/1/0  ⑦
 43 ①7/20  ②1303/1194 -0 ③東4/4  ④3位/20300 ⑤-15  ⑥0/0/0  ⑦
 44 ①7/20  ②1283/1332 -1 ③東4/8  ④4位/19500 ⑤-18  ⑥2/3/1  ⑦Ⅰ
 45 ①7/20  ②1258/1279 -2 ③東1/4  ④1位/57000 ⑤+46  ⑥3/0/0  ⑦Ⅰ
 46 ①7/21  ②1285/1315 -2 ③東4/7  ④3位/14800 ⑤-19  ⑥1/1/1  ⑦Ⅰ
 47 ①7/21  ②1276/1367 -0 ③東4/7  ④1位/48400 ⑤+37  ⑥2/0/1  ⑦
 48 ①7/21  ②1305/1413 -3 ③東4/6  ④3位/20200 ⑤-13  ⑥0/1/3  ⑦Ⅰ
 49 ①7/22  ②1298/1287 -0 ③東4/5  ④1位/35900 ⑤+24  ⑥3/0/0  ⑦
 50 ①7/22  ②1304/1330 -0 ③東4/4  ④3位/25700 ⑤-8  ⑥1/0/0  ⑦

 合計 
 対局数合計:50、全対局東風戦 平均R:1295.6
 順位…1位:13 2位:7 3位:20 4位:10(飛び:1)
 和了数:59 放銃数:33 流局数:46 
 平均値  
 通算平均順位:2.54  平均局数:東4/6  最終点棒:26986
 最終得点:-0.48  和了率:1.18回  放銃率:0.67回(人)
 最高和了点:24600  最高放銃点:18000

 累計
 対局数:350  順位…1位:91 2位:99 3位:95 4位:65(飛び:16)
 和了数:603 放銃数:287 流局数:423
 累計平均値  
 通算平均順位:+2.38  最終点棒:26245  最終得点:+2.76
 和了率:1.72回  放銃率:0.86回(人)
 最高和了点:34000  最高放銃点:36000
 ※小数点以下四捨五入。このサイトは、チョンボがあるため、チョンボに関しては、他者のものはそのまま流局扱いとし、私がもしやってしまったものは、流局と放銃扱いとする。

 最初はこんなもんだろうな…相手(他のユーザー)と、操作性に慣れるまでは、多分成績はそれほど勝てはしないだろう。それに、やはりここも不快対局者が多いから、まともに勝負する気が8割ぐらいのゲームで半減するのもある。まだ上級者との戦いがあまりないので、緊張感のあるいい勝負ができやしない。私が見る限り、おそらくは自分のあがりしか考えてない超ヘタクソユーザー(振り込みや4局までのゲーム性など関係なく、ただ自分があがって勝てればいいと思っている。ロンされたら、運が悪かったとしか見ない、リーチのかけ方やかけ時、ドラや手役を重視することも考えていない。ひどいときには、ただ場を荒らしている)奴ばかりだからな。
 腕のある奴は、得点状況や流れ、ドラ、リーチの有効性、怖さを知っている。そして何より、状況に応じて、降りるという術を知っている。また、カンとドラ、リーチに対する処理もしっかりしてる。それらを牌譜で見ると、そいつの実力が知れてくる…うまいもんね、出来る奴はそういうのが。
 基本的に牌の切り方とかは、私にはあまり関係ない…私は牌の有効率とかはそれほど重要視してなくて、感覚的に役を作っていっている。それに私もよくやるが、まれ~にミスって隣牌切ってしまうし(爆)、あまり先のことを考えて切ったりしてないのね。来た牌や出た牌などの動きを見て、自分が狙う役と点数をある程度は計りながら打っている。だから、あまり他者がどういう牌を切ったかは、それほど気にしない。回し打ちや指し込みもあるからね…

 ま、R(レート)の数字はある程度は正確か…やっぱり、Rが1400を下回っている奴は、よほどでないと、私と同じ勝負が出来る強者ではないね。
 Rが低い者たちは、まず「降りる」ってことをしないもの。牌譜見ていてそう…回し打っているんじゃなくて、振込み無視で、ただまっすぐ!それも確かにゲームでは強いけど…
 降りる・・・それがどれだけ意味があることなのか、わかる奴はおそらく麻雀が強い。そして、私が対局を切望する強者である。
続きを読む
また状況が変化して来ている…
 



 本日はかなり重い話でいきます。心して読んでください…
 
 今年、私は目標として、健康第一をモットーに掲げてやってきたが、ついにそれがここ夏場にきて崩れた。
 実は先日病院に行ってきて、とんでもない病気にかかっていることがわかりました。
 どーもここ数日、体調がよろしくなかった…
 それも風邪という雰囲気ではない。 2週間ぐらい前から、だるいなぁ?という感じはあったが、ずっと熱はない。疲労しているのかと思ったから、ちゃんと睡眠をとるようにした。でも、改善されない…
 夏ばてになったのかと思っていたが、どうやらそれも違うみたい。
 食欲と性欲は、しっかりある。ある程度、規則正しい生活をしてきたはずなのだ。
 
 そこでちょっと見方を変えて、心当たりのある病気を疑ってみた。
 まさかとは思ったが、当たっていようとは・・・
 病気はなんと・・・精神疾患!いわゆる「うつ」である。
 私ってば、軽度の鬱になっていたのよ。どうりでイライラして、精神が不安定になるわけだ。
 思い当たる原因は、いくつかある。

 実は最近は、ちょっと「引きこもり」になっていた…先月にまた私ってば、仕事も辞めてしまっていたのです。原因は人間関係…それも異性が絡むトラブルでした。
 詳しく書くとまた長くなるので、さわりだけ書くと、私が上司である人とかなり仲良くしていたのが、どうもその方の相手(←この人も同じ会社でいわゆる夫婦、私にとってはどちらも上司になってしまう)には、面白くない様子で、あるときから嫌がらせというほどでもないが、妙に私に対しての風当たりが強くなってしまってきたのです。私は仕事と割り切って接していたつもりが、見る人によっては、そうは見えなかったのかもしれないですね。確かに1度それらしいモーションも受けたことありますから、もしかしたらその人は、あわよくば…というのを策していたかもしれません。その後もそれらしい雰囲気を感じてはいました…やっぱりそういうのって、隠していてもばれますよねー。
 終盤はちょっといじめに近い感じにもなってしまいましたし、かといって事を荒立てれば会社にはいずらいし、私はこれ以上いると私自身にも、その夫婦のためにもよくないと思って、身を引きました。
 順調に事は運び、最終仕事日にあらためて上司の人には、はっきりとわかるアタック(誘い)を受けたけれど、私は断りました。そして、やっぱり「そう」だったのだと確信して、辞めたことに後悔はありません。相手は年齢が私の母より年上なんだよ…さすがにねぇ。
 
 その後、仕事は探してはいたが、なかなか見つからないし、見つかって面接にたどり着いても働くには至らないことが何度も続いていて、イライラしてた。
 これまでは一応母に生活費を一定額渡して、ここに住まわせてもらっていたが、現在私の収入は皆無になっている。貯金もほとんどない。かれこれ辞めて一月、ちょっとやばくなってきた。
 アルバイト扱いだから、失業保険などあるわけないし、一刻も早く仕事を見つけないとという焦りもあって、もうちょっと高額系の仕事も考えないといけないかなと思うが、私は実は人見知りなので、接客業は向かない。接客業は何度も失敗しているんです。ある時水商売の経験も、体験入店でしたことあるが、2日でアウトだった。
 仕事がなかなか決まらない焦り、不安、イライラ、そして将来的なこと。今はまだいいだろうし、母も私に仕事は無理して探すなとはいっているが、いつまでも居候状態ではいられない。たとえわずかでも家に入れなければ、母はパートと満額でもない年金で暮らしているから、そこに負担はかけられない。それを考えれば考えるほど、私に焦りがあったかも。

 さらに輪をかけて原因になったのが、辞めた仕事の上司だったその人に、先日偶然に再会したこと。私には、これが最悪だった。ショッピングセンターに来ていたときにばったり会って、私は知らないフリをしたのに、向こうに気づかれて声をかけられた。そのときは向こうは家族で来てて、5人ぐらいぞろぞろといたな…たぶん年齢的に一緒にいたのは、お子さんの夫婦と孫でしょうね。
 しかも余計なことに、現在の私の状況を心配してた。お前らが原因でやめたっつーのに…私はあのときの元上司の2人の心配する言葉の一つ一つに、若干殺意を覚えたわ(爆)
 おまけに最後には、どうしても困ったら「私にいつでも電話してきていいから♪」だとよ!仮に電話したら、どうするつもりなんだろうねぇ。少なくとも、何もないままに、ただかつてのように元通りになるわけないでしょう。そんなこと、誰だってわかるって(笑)
 私はこれ以上この夫婦に関りたくなくて、一応まだ決定ではないが、知り合いのツテで、新しい仕事の宛てはあると嘘をついておきました。そんな宛てなどあるはずはないですが・・・
 このことがどうも私の心に引っかかっていて、余計にイライラして情緒不安定になりました。

 確かにこの日から、眠れなくなってきた気がします。
 何だか外出するのも億劫になってきて、自宅でパソコンばかり使うようになりました。
 どうもイライラする日は、ブログライターもうまく文章が書けず、何もしないままにただ1日が過ぎたこともある。書けるときは書いているけれど、何だか常にイライラ感と倦怠感の中で書いている。
 この1週間が結局一番ひどくて、何だか肌も荒れてきてるし、お通じもよくなくなって、たまに嘔吐したりもするようになってきました。
 あとは、どうやらたまにやるネットゲームの麻雀が、原因の一翼もあるようだ。
 私は私のルールの中でやるため、常に相手の不快さに振り回されてゲームする。するとどうしてもイライラ感が募り、ますます悪条件を作り出す。ストレス解消のためにやるはずのゲームが、かえって私をおかしくしていたかもしれない。
 しばらく麻雀は封印する。行脚は途中だが、身体が回復するまではしないほうがいいだろう。やめたわけではないので、無期限中断にしておこう。連休までで終わった最近の50局分は、集計しているところだ。それは近日中に出すが、今後の行脚と発表は未定。

 こんなことで、私がまさか鬱なんかになってしまうなんて、正直びっくりしているんですが、医者の話によると、人間は誰でもほんの些細なことから、精神疾患にはなるんだそうです。多分私の場合、考えてみれば、いろいろな要因が重なってなったが、引き金になったのは、先の夫婦だろうか。でもそれを立証しないと、訴訟沙汰にはできないな…相手は社会的地位がある。争って勝てる保証はない。
 確実に勝てなければ、時間とお金を浪費し、さらに無意味な遺恨を残すだけだ。
 私は…間接的にいろいろなものに追い詰められている。そうやって考えることで、病を発症したのだな。
 これからのことは、どうなるかまったく見当もつかない…
 もしかしたらある時突然、予告もなく私はここからいなくなるかもしれない。更新がずっとないままに、いつの間にかブログが閉鎖している可能性もゼロではない。
 自分で自分の未来が見えなくなったのだ…このままブログを運営していく余裕も、本当はないの。
 今は何とか続けているけれど、すべては私の精神と肉体次第ね。
 
 身体の方は、今はしばらく薬で様子を見ながら、出来る限りに社会復帰を目指すことになりました。
 これ以上悪化しないように、尾を引かないようにしたいところではある。でも心の病は、本当の怖さはこれからかもしれない。
 ちょっと先の見えない不安な日々、出口のないトンネルに入ってしまった感じがしている。

 私は一体どこに向かうのだろう…
 くりあや交遊録の存続も、あやしくなってきたわ。
 金銭的にネットが出来なくなる可能性もありますから、できるまでってことに。
 今後は、このブログとfc3の更新に関しては、ブログライターを優先はしますが、更新頻度がこれまでのようにはいかず、かなり不定期になると推測されます。
 現在の形態はそのまま継続し、更新がまったくなくなったりしたら、そこまでです。私が再び社会復帰し、元に戻ったら、そのときにまた報告しましょう。現段階では、いつ終了するかもしれないブログとして、見ていてもらえればいいかもしれません。
 更新がある限りは、何らかの形で存続しています。
 それから、この文章にはコメントを頂いたとしても、返信(レス)できるかもわかりませんので、される方はそれを了承の上で行ってください。また、以後Upする記事もすべて同じです。
 これまでこのブログに来て応援してくれていた方には、突然の報告で驚かれたかもしれません。そして、ごめんなさい。
 私自身は、一日も早い回復に努めます…見守っていただけると幸いです。
もったいないから、リユース!
 【エコオク】大手町カフェのファニチャーがオークションに出品されます。
 ブランド家具を200円で落札!?
 リユースオークションサイト「エコオク」にて限定オークション中!!


 http://www.eco-auc.jp/

 すべての商品が100円からスタートする、
 エコなオークションサービス「エコオク」にて、
 大手町カフェで使用されていたブランド家具30品が出品中!
 オークション期間は7/25(金)~7/31(木)まで。


 本日はこちらです。
 わけあって本家は、更新が止まっていましたが、それは近日の記事で。
 今回はオススメのオークションの紹介。
 家庭や企業からの不用品回収・買取と再生サービスを行う「株式会社ウインローダー」では、運営しているオークションサイト「エコオク」にて、大手町カフェで使用されていたアイテムの一斉出品を、7/25(金)~7/31(木)の期間、行います。
 「エコオク」は、ある場所において「不用品」となったものを、「商品」として新たにリユースするために生まれたオークションサイトです。現代はとにかくエコロジーの時代…むやみにゴミも捨てられないし、捨てるにしてもお金がかかる。
 なるべく品持ちがよく使っていきたいけれど、現代の生産物はやたらと使い捨て!
 地球問題のレベルにおいては、リユースは大事なことですよ。
 こちらでは、回収した不用品をすべて100円という低価格から出品することで、廃棄せずに、再使用を促進しています。エコに協力的なのは、いいことです。
 さらに、やっぱり何といってもリユースだから、基本的に安いですよ。

 また、今回の対象であった「大手町カフェ」は、グッドデザイン金賞を受賞したカフェです。
 大手町ビル1Fで、2008年4月まで3年間、限定オープンしていました。
 このカフェで使われていた家具をリユースするため、「エコオク」に出品しています。
 これはなかなかおしゃれな場所の家具ですよ…
 ちなみに『前回オークション(7月1日~7月8日)の落札金額例』では・・・
 ○「HOUTOKU60 ラウンジチェアー」:1,100円。
 ○「driade TOYチェア」: 300円。
 ○「wise wise アームチェアー」: 200円。

 私はこういうショップのシステムには、大いに賛成です。格安で手に入ることもいいのだが、それ以上にこれからのためにエコだし、何よりそういうものはなかなか手に入れる機会はないということ。
 できることなら、日本全国にもっといろいろ同一系統ショップができて欲しいと願っている。
 企業が使っていたり、おしゃれなお店が使っていたりした家具って、何だか一般に欲しいときもありますもんねー。でも、それどこで買えるの?っていう感じでわかんないことあるし、仮にわかっても所詮「業務用」だったりして、一般には手に入らない。
 オークションなので、やや不利な人もあるかもしれないが、開始価格も比較的安いし、普段なかなか一般客が自分用に使うためには、なかなか手に入れられない品物を購入できることは、いいことなんです。
 お店にあったものって、やたらとおしゃれなアイテム多いですもんね(笑)
 私も、ちょっと見てきたんだけど、画像で判断した限りで、思わずちょっといいなって感じたアイテムもいくつかありましたよ。

 お店で使っていたものが、これぐらいの相場で買える…インテリアとして、こだわるにはいいかもしれないでしょう。
 エコオクでは、今回の「大手町カフェ分」以外にも、いろいろとアイテム(パソコン関係や家電)の商品もあるみたいですよ。
 気になる人は、ぜひサイトをチェックですね。なお、実際に商品を落札したり、その商品の詳細を見るには、会員登録が必要です。閲覧だけなら、誰でも出来ます。
 http://www.eco-auc.jp/
 
 
 ※今回のレビュー文に関しては、赤字の部分において、当方におけるオリジナル表記ではありませんので、当ブログ定義において、本文とは色分けさせていただきました。
 また、情報元との規定および諸事情により、「雑記」扱いといたします。
 ブログ本文の無断転載を禁じます。(C)くりあや交遊録ブログ管理部-本家
 雑記/08-07-2/エコオク-エコランド-株式会社ウインローダー/アクセストレード
第2回コメレス感謝枠…
 

 クチコミレビューの関係で、コメントがかなり遅れてしまいました。
 久しぶりに、またここでまとめてコメントしておこうと思います。
 あまりコメントを頂くブログでもないくせに、いざ頂いたコメントには、なかなかレスが出来ないでいます…くれた方々には、本当に申し訳ありません。
 しかも、すっかりこのコメレス感謝の本文ですら、ちょっと忘れていたところもありまして…

 では、現在レスが滞っていたり、わけあって公開できなかった方のもありますから、7/20、18:00までにいただいたもの、全部まとめてここでいってみます。
 それぞれ今回も…
 日付 コメント者/該当記事タイトル 以下…コメントタイトルと本文(原文のままコピペ。なお、一部都合によりこちらで修正)、コメント文はピンク、私のレスを青字にて。
 今回は全部で5名。

 6/28 月神様/あのソフトがついにDS登場!
 タイトルなし
おはようございます~♪
ダビスタ、名前は知っているけれど・・・プレイしたことってないんですよねぇ…。
シュミレーションゲームは好きなんですけど、競馬がよくわからなくって(汗
相方が競馬のゲームが好きなので、教えたら欲しがりそうですwww
あ、DS買わないと出来ませんけどorz


 月神さんへ・・・
 私も、ほとんど競馬のルールはわかりません(笑)
 昔やった物だって、ほとんど勘?だけでゲームしてました。
 相方さんは好きなんですか…って、アレ?月神っちDS持ってなかったの?


 7/5 ガウス@様/本日はサッカーの…です
 タイトルなし
サッカーネタは、突っ込んでおきます。(笑
w杯予選は、気が抜けませんね。
やはりオーストラリアは因縁の敵ですが?
中東勢には、イマイチ勝ち切れてないので、
非常に心配です。
ユーロは、しっかりスペインでしたw
サッカーボールは、そうですね~?
昔は、皮のボールが本物で、合皮は偽物だったのですが、
今は、逆転です。
雨でもボールが重くならないとかで?
色は自由度が増してる模様ですが、
基本の縫い目は、あまり変化無い模様ですね。

 
 ガウス@さんへ・・・
 w杯予選…とにかく信じましょう!通過してくれることを!
 ユーロについては、あなたのブログにコメントしたとおりで…まぁあの組み合わせなら、ひいき目でなければ、ほとんどの人がドイツ勝利を予想するでしょうね。
 ボールについては、確かに…サッカーは野球と違って、土砂降りの中でも試合やりますもんね。素材は大事かもしれません。


 7/5 ガウス@様/いいこともある…はず?
 タイトルなし
まぁ~あやさんにしては、短いと言いますか?
十分、長い気が?(爆

がんばりましょうw

 
 ガウス@さんへ・・・
 ふふふ、これでも十分短いです。
 たぶん皆さんが短いとおっしゃっている文章は、私にとってはもう文章というカテゴリーではくくれないものになるでしょう(笑)
 はい、がんばります。いや、がんばってます(^_^)


 7/16 ガウス@様/目への負荷をなるべく・・・
 タイトルなし
>ひたすらに長いことだけ、それだけがこのブログの唯一の欠点である

アッー!

自分で言ってる~w
まっ、でも、大変勉強になる投稿でございます。
(余白大好きなんですがぁ~(爆))


 ガウス@さんへ・・・
 自分でここ欠点ぐらいは、わかってますよ(笑)
 それを承知で来てくれる者こそ、私は本物の愛好者であるとして、読者を大事にしています。
 多分アナタも、大事なお客様ですわ♪
 少しでもこんな駄文が勉強になったのなら、それはそれでありがたいです。

 
 7/20 MIE様/麻雀行脚と私…
 タイトルなし
こんばんは!
麻雀やられるんですね♪
MIEもできますよ!

独身の頃はよく、囲んでました…
といっても、私は永遠に「勘」でしか
打てない女なんですけどね(笑)

うちの夫は麻雀大好きで、
今でもたまに友達が集めて大会をやります。
MIEも一局だけ参戦させてもらったりして、
なんで打ってるときって
あんなにも時を忘れるものなんでしょうかね~


 MIEさんへ・・・
 本家にもコメントありがとうございます…
 初めて頂いたのに、記事にレスできず、まとめてになってしまって申し訳ない。
 麻雀は好きですね…毎日どこかのサイトに出没して出して打っています。
 私も最初は「勘」でしか打てなかったですよ。
 麻雀は集中しないと負けますから、集中することで、時を忘れて打てるのではないかな。
 リンクありがとうございました…こちらからも、MIEさんの2ブログともにリンクしておきましたので、今後もよろしくお願いします。


 7/20 yuu様/こそあど?
 タイトルなし
そういわれてみるば、そんなふうに習ったような…?
遥か昔過ぎて忘れてしまいました(´д`)

普段何気なく使いすぎです…
そうやって
取り上げてやるとなんだ 奥深く感じるところが た~んじゅん♪


 yuuさんへ・・・
 思い出したから記事にしたとはいえ、自分でもよくこんなこと記事にしたなと、後から読んで笑っちゃった。
 確かに普段、まるで無意識に使いまくってますよね~(笑)
 でも、突き詰めていくと、奥が深い文法でもあるんですよ。
 あぁ…言葉って、すばらしい!…のか?(爆)(爆)(爆)


 期間中には、非公開コメントもありましたが、それはここではレスの対象外とさせてもらいました。
 皆様、コメントありがとうございました。今後も、コメントはすべての記事で随時募集中です。
 また、コメントを頂いた方のブログには、なるべく積極的にお邪魔させてもらいますので、よろしくお願いします。くりあや交遊録では、相互リンクの条件に、ここへのコメントが必要です。
 またしても、ここまでで本文がものすごく長くなってしまいました。スイマセン…でも普段からここの文章は長いから、あまり気にならないかもしれないね。
 なお、今回も頂いたコメントは、メールに残るままコピペで載せているため、原文のまま掲載しました。※そのため、改行などがそのままになっていて、ここでの改行表記がおかしかったり、ちょっと文章のバランスが悪いですが、ご了承ください。
 誤字などで、修正や削除を希望する場合は、また申し出てください。順次対応させてもらいます。

 ※こちらで、都合により一部削除修正を加えて公開。コメント者には了解済み。 
麻雀行脚と私…
  
  

 現在私は、ときおりこのブログでも記録を公開していながら、「行脚」と称して、いくつかのサイトにおいて、麻雀をプレイしている。
 私は登録したサイトのほとんどでは「栗林あや」という名前のプレーヤー名(ID)で、そのサイトのゲームをしたりするが、今回はほぼ全部の麻雀があるサイトにおいて、新たなIDを製作し、栗林あやではない名前のプレーヤーで、この行脚プレイを行っている。

 すでに2つの麻雀、または麻雀があるゲームサイトで、プレイを終えている。天鳳とゲームチューだ。
 天鳳では「上沢愛(うえさわあい)」という名前でプレイしていた。このプレーヤー名は、私自身も意外と気に入っているし、今でもたまに天鳳では記録抜きで麻雀をプレイする折に、このIDは使っている。
 たまにだけど、1~2対局、ヒマなときに出入りしているかな。対局した成績は、特に現在は記録していない…
 ここでも本来IDの「栗林あや」でやってもいいのだが、自宅のPCが今は上沢愛のIDでクッキー記録されているので、ログインするのがそっちのほうがやりやすいだけ(笑)
 前回までやっていたゲームチューでは「唐木(からき)まゆ」という名前でした。
 現在では、別のあるサイトでまたプレイをしている。
 もちろん名前はまったく新しく登録したもので、いずれまた機会があれば、ここで発表するものの、現時点では、まだ行脚の発表記録分(50戦)が終わっていないので、未発表としている。
 
 ただ、現在のこのプレイ中のサイトが、けっこうひどいユーザーが多くて困る。
 天鳳やゲームチューも、かなりユーザーはひどいのが多かったが、ここもそれに劣らないぐらい、他者ユーザーの「ひどさ」はたまらない。
 何がひどいかというと、やっぱり麻雀を知らないでやっていると思える者が多すぎるのだ。
 それが顕著にわかるのが、他者のリーチ後の対応と、鳴き、牌の切り方である。
 詳しく書くと、もう面倒なので割愛するが、なぜそこで追っかけられる?、なせそこでカンをする?なぜその牌を切れる?と疑問符しか浮かんでこない打ち方のユーザーが、圧倒的に多い。
 もちろん無料サイトであり、お金もかけていない麻雀ゲームだから出来るといえばそれまでだけど、もう少し私を「こいつは強いな」と、言わしめる納得の打ち方が出来るユーザーはいないものか。ゲームをぶち壊してしまう打ち方も多くて、勝負にならないことも多い。

 私があるルールの元でやっているため、そうでない者には勝てない部分があって、どうしてもR(レート=サイト内でユーザーの強さを表す一定の数字)が低くなり、同じ程度のRの連中しか組み合わされないこともあるかもしれない。
 なお、私は詳細の記録をこのブログに掲載するため、自分が行った全対局を牌譜で振り返っている。そこでそいつの打ち方がわかってくる…だから、牌譜面で見る限りで書いている。
 はっきりいって、現在私が対戦している連中は、どいつもこいつも間違いなく「ヘタクソ」である。一部除けば、きっぱりとそう断言できる。少なくとも上手い打ち手は、私と同じかそれ以上に、しっかりとした意味のある打ち方が出来る。それは牌譜を見れば一目でわかる。が、今のところ、ほとんどそんな打ち手はいません。
 ただ、それでも必ず私が勝てないのが麻雀なんだよな。強者=勝者にはなりえない。
 私もまだまだ未熟ではあるが、もう初心者というレベルではないことだけは確かだし、一定の強さを持っている実力者と、そんな彼らが「簡単に勝つことが可能な相手ではない勝負」は出来るだろう。
 麻雀の勝負の9割は運だ…ツモさえよければ、誰でもそれだけで勝つことは出来る。ましてや、ゲームの麻雀は、とにかく初心者に優しくプログラムもされている。

 でも、負けないでいることは、実力がなければ出来ない。相手を見るには、振り込み方を見ればいい…その振込みの仕方と、勝負の仕方を見れば、実力を一定値までは計れる。
 やっぱり実力のある奴は、私には簡単に振り込んでこないし、私からは簡単に上がり牌はこぼれないと思っているだろう…対象を「私」としたのは、麻雀を知らないド素人相手には、実力者のセオリー的麻雀がまったく通用しないからだ。やってみればわかるし、実力者は知っていることだが、麻雀をある程度知っている者には通用する「足止め」・「脅し」・「ひっかけ」・「ブラフ」などの「作戦」も、相手を見ないで打つ素人には、まったく効かない!だから、プロレベルがズブの素人にてんで歯が立たず、振り込みまくりなんていうのも稀にあります。けれど、実力者同士の勝負では、そんなことはほとんどありませんね。基本的に、実力者同士はロンあがりが減ります。ノーテンバップで僅差の順位が推移したりする。私の望んでいるのは、そういう紙一重の凌ぎ合いの勝負なんです。
 モノを知らないってことは、ある意味では強いんですねー…ゆえに、それもまた、1つの幸せか(笑)
 常に理不尽さとの隣り合わせのゲーム…それが麻雀ですよ。そんな理不尽なゲームを毎日のようにやってて、毎日イライラしてる私はどーなんでしょうねぇ。

 ちなみに「上沢愛」、「唐木まゆ」、そして現在のサイトで使用しているプレーヤー名は、いずれも「栗林あや」と同じく、私がfc5でオリジナルに製作したアダルト向けの小説、一部フィクション体験談話、において登場する「キャラクターの名前」である。
 まったく私の本名ではないので念のため…
 でも、麻雀の「質」みたいなものは基本的に同じでやっているから、同じサイトでプレイしていたら、実力のある人なら、わかるのかもしれないな。
 このあと、現在のサイトでしばらくプレイした後、また別のサイトを2つほど同じようにプレイして、また行脚はそれぞれのやりやすいサイトのみでプレイしていくことになる。
 時間がある限りで、麻雀の行脚は今後も展開していく。
 パチンコと釣りの行脚は、ちょっと時間とやる意味がなくなって、もうまったくやっていないので、企画折れ終了ということになった。

 まったく関係ないが、「上沢愛」は28歳のOLで、「唐木まゆ」は16歳の女子高生、「栗林あや」は20歳の女子大生。そして、現在の行脚プレーヤーは…31歳の??←これはナイショ♪、という設定。
 今後もまた新たに作っていくIDなどは、同じような小説などのキャラクターを予定している。
 私がIDで使っている名前は、基本はアダルト小説に登場するキャラクターなので、いずれも原作のストーリーでは、もぉ「すんごい」ことになる女性ばかりなんですけどね(笑)
こそあど?
  

 今回はちょっと言葉ネタ…
 唐突だが、「こそあど言葉」というのを知っているだろうか?
 このブログでも、ふんだんに使われている指示語文法のことなのだが、それぞれ…「こ○」・「そ○」・「あ○」・「ど○」のように、こ・そ・あ・ど、が頭文字となっている言葉だ。
 代表的なのでは、「こ」の場合…れ、の、 ちら、いつ、んな…など。
 それぞれの赤文字の『こ』を、そ・あ・どに変えても、言葉として成立し、それぞれが文章の文字として使用することが出来る。
 そしてそれらは、指示語、指示代名詞として、各文章の中で広く使われる。
 ブログなど、文章に携われば、必ずどんな人でも使っているのではないだろうか。

 簡単に「こそあど言葉」を説明すると…以下はネット百科事典「Wikipedia」より抜粋、オリジナルを加えて表記。
 各言葉には、それぞれ現場指示用法と文脈指示用法をもつ。
 ①現場指示。
 現場指示用法は、談話の場において、実際に近くにあるものを指して用いる用法である。
 『こ』系列は話し手の近くにあるもの、『そ』系列は聞き手の近くにあるもの、『あ』系列はどちらからも離れているもの。『ど』系列は存在の特定できないものを指す。
 ②文脈指示。
 文脈指示用法は、話題になっているものや、記憶の中にある要素を指す用法である。
 『こ』系列は談話に導入された要素や、直後に導入する要素を指す。例…「正解はこうです。まず…」など。
 『そ』系列は、それまでに談話に導入された要素を指し、仮定した要素や不特定の要素をも指すことができる。例…「誰か来たらその人に…」など。また「その」には、「この」・「あの」にはない所有関係を表す機能がある。
 『あ』系列は記憶の中にあるものを引き出すときに用いる。例…「あの頃は良かった」など。
 『ど』系列は不透明、不確実など、あいまいな要素や疑問詞として、わからない部分が多いものを指す。例…「どんな人なんだろう?」など。

 ただし、同じく「こ・そ・あ・ど」から始まる言葉でも、こそあど言葉としては成立しない言葉もある。
 また「こ」を例にしてあげてみると…とし、んど、な、し、った…など。いくつかは単語として成立するものもあるものの、文法の条件に沿って4つの単語が成立しないと、こそあど言葉としては成り立たない。また、名詞や固有名詞の単語もまた、こそあど言葉には含まれない。
 こそあど言葉とは、それぞれの単語のアタマの一文字が「こ」・「そ」・「あ」・「ど」のどれに変化しても、文法成立する言葉(代名詞)、主に主語の役割をなすものを指している。
 なお、地方で使用するような方言は、あえて今回はこそあど言葉としては、取り上げていない。あくまでも、標準語として考察した。
 もっと深く掘り下げて書いてもいいが、そうするとまたとんでもなく長くなってしまうし、言葉の専門的な部分になってしまうので、とてもじゃないが、このブログの1ネタとしての範囲を超えてしまう。
 ブログでネタとして書けるのは、このあたりまでが限界だろう。読み手を考慮するならばね。

 それぞれの系列の言葉は、このブログやfc3においては、文法の示すとおりで、各記事にてふんだんに使用されている。特にレビュー系のもので多いかな。いや、このブログだけではないだろう…いろいろなブログにおいて、こそあど言葉は、文章が中心のものならば、きっと使われているはずなんです。
 ちょっと気になったから、あえて今回は触れてみた。
 というのは、理由がありまして…
 こそあど言葉…私はこの言葉文法は確か、小学校の国語の授業で習った。
 ふとなぜかそれを思い出して、ちょっとあえてネタにしてみようかなと。
 ただ、この言葉はもうある意味、無意識に使っている。日常生活の中でもきっとそうだろう。
 日常的な誰かとの会話の中にも、普通に溶け込んでいて、誰しもが無意識の中で使用しているでしょう。意識して使うことはあまりない…もちろん、私もそうである。

 今回のブログ文は、読んでいてちょっと難しい部分もあったかもしれないな。なるべく専門的部分は出さないようにしたつもりだが…読みづらかった人には申し訳ない。
 私自身も、ちょっと書いていて、これはちょっと読む人によっては、厳しい内容かもしれないとは思えたが、文法や言葉の意味などを書いていくと、どうしてもそうなってしまうんだな…
 あまり深く考えないで、軽く読み流してもらえればそれでいい…
 そもそも、こそあど言葉自体が、あまり深く考えて使うもの(言葉)ではないんだから。
 
 今回は文字の区別をわかりやすくするために、文中で一部赤い文字を使用しています。
いくつ知ってる?第2弾
 
 グリコネットショップの最新情報です。

 前回に続いて第2弾の変わりネタ。
 全25問の超難地理クイズ!
 今回もなかなかの粒揃いな難しさになってますぞ。
 前回は国から首都名を出す問題だったので、今回は逆にいってみましょう。
 
 問題:それぞれの都市が属する国名を答えなさい。もちろん今回も地図を見たり、他者に訊いたりしてはいけない。あくまでも、自分の記憶だけで答えること。
 一応、今回は数字が大きくなるごとに難しくなるようにしました。
 前回は問題順に地域をある程度まとめましたが、今回はそれをしていません。
 1. ブエノスアイレス
 2. コペンハーゲン
 3. チワワ
 4. デュッセルドルフ
 5. ドーハ
 6. ダカール
 7. バレンシア
 8. ナゴ
 9. アデレード
 10. サマルカンド
 11. アレクサンドリア
 12. プレトリア
 13. ウェリントン
 14. ローザンヌ
 15. ダルエスサラーム
 16. ウルマ
 17. コタキナバル
 18. ルサカ
 19. ヌクアロファ
 20. ポートルイス
 21. リーブルヴィル
 22. タリン
 23. モンロビア
 24. ポカラ
 25. フナフティ
 いかがでしたか?全25問、今回は難易度を次第に上げていったので、おそらく後半のほうは、観光などで訪れたりして、その国のことを知らなければ、ほとんど聞いたこともない地名ではなかったかと思う(笑)
 こちらもそういう問題を出していますからね。誰でもが知っている有名な地名など、ここでは出題されませんよ。それはこのブログ文の本質ではないのですから。
 
 そうはいっても、上記の地名のいくつかは、何らかの形で聞いたことはあるはずです。10までの地名なら、誰でも一度は耳にしたのではないかな。ところが、いざじゃあその都市がある国は?となると、簡単には出てこない。
 前回同様、意外と私たちは、世界の地理にそれほど詳しいわけではないのです。

 この世界地理クイズは、私の気まぐれで、さらなる続編も検討中です。
 でも問題は難しいですよ(笑)
続きを読む
さすがの私…ショボイけど価値あり?
  
 

 もうかなり前のブログで、私は今年の夏はエアコン無しで、扇風機頼みで過ごさないといけない!という記事を書いたが、どうやらそれはなくなりそうだ。
 それも、意外なかたちでまた私はエアコンを手に入れられそうで、またしっかりと快適?な夏を過ごせると思う。
 すべては、私の「くじ運」の強さのなせる業!(笑)

 実は、先日宝くじ(正確には宝くじではない、宝くじと同等の某くじ)が当たったのだ…当選した金額は、3万円ちょっと。
 当たった金額は、ン千万以上などの高額当選に比べたら、実にショボイものであるが、私は元々こういう「みみっちい」くじの当たりには、やたらと縁がある。そういうくじ運はある人間だと、以前も書いたとおり、けっこう久しぶりではあるが、まとまったあぶく銭が手に入った。
 私にとっては、1万円以上の当たりは、けっこう高額な当たりに入るかもしれないな。
 世間では某テレビ局ででも、宝くじの高額当選をネタにしたドラマ(反町隆史さんが主演している連続物、確かテレ朝系列ネットですね)も放送されているようで、宝くじの当選=数千万円以上の高額当選…というようなイメージがあるが、10万円以下の当選だって、立派な当たりなんですよ。
 宝くじの場合、一定金額以下の当選金は、面倒な手続きなど不要で、くじの売り場でお金を受け取れる。
 私の場合、そういう風にお金を受け取れるタイプしか、当たったことはない!多分これからも、そういう当たりにしか、縁がないような気がする。
 そして、私みたいな貧乏人は、それぐらいの当たりですら、貴重なんです。
 そもそも私は、あまり宝くじなどの高額当選は、最初から期待していないのだ。おそらく、高額当選を得られるだけの「運」を、最初から持っていないのだと。常に考えているのは、10万いや、1万でもいいから当たって欲しい。当たることに意味がある…だから、そういう当たりをたくさん狙うほうが、私には合っているのかもしれない。もちろん、1千万円以上の高額当選も、して欲しいといえば欲しい…当たり前だよね…くじを買う以上は、当たって欲しいから買うのであって、当選を望まない奴が、買う必要性はない!付き合いで買うとか、誰かに貰うとか、そういう場合は別として、みんな買った以上は、誰だってその最高等が当選することは夢であるし、今がお金がなければ、まともな暮らしをして生きていけない社会であることを考えると、少しでも楽に大金が手に入るくじのような当たりは、誰もが一度は望むことであろう。
 だからこそ、高額当選によって一気に億万長者になれる宝くじは、人気がありみんな買うのだ。
 今の社会の、まさに「夢」の買い物なんです。
 
 さて、話を私個人に戻す。
 私にとっては、今回けっこうな金額であるこの当選金、せっかくなので有益に使うことにした。
 今後のためにも役に立ち、そして意味のあるもの…
 そこで、私はこの3万円を使って、エアコンを買うことにしたのだ。
 正味、ここ連日の暑さで、早くもエアコンなし環境にグロッキー状態となっていたのが、本当の理由ではあったりする(笑)
 つーか、耐えられんよ…マジでっ(T_T)
 もう少しお金あったら、部屋にエアコンつけたいって、5月あたりから思ってたし。
 とはいえ、もちろん現在のエアコンの市場価格相場を考えたら、とても3万円では足りない。
 不足分は自腹、ということにはなるものの、安いエアコンであれば、2万円も足し出せばお釣りが来るだろう。現在は部屋も小さいのだ…最も安く、規模の小さなエアコンで十分だ。
 あとは、いろいろなところを見て、工事費を含めて、総額が安くなる店を探せばよかった。
 かつて私が、以前の暮らしで使っていたエアコンを手に入れたときが、そうであったように――。
 移るときに処分したエアコンは、実はパチンコで大勝したときに、同じようにして買ったものだった。
 私はエアコンを買う際は、どうやら「あぶく銭」で買うのが運命らしいわ(笑)
 あのときに買ったエアコンが、工事費込みでそれぐらいで部屋にやってきたのだ。確かパチンコで7万円を勝ち、5万円ぐらいでエアコンを買い、残りでまた別の日にパチンコした。
 そこで今回もそれを狙って、チラシをみたり、ネットで探したりと、多方面で格安物を探し、ついに予算内で設置できるブツを探し当てた。
 それにしても、今ってエアコン安いのねー…探せばあるものだわ。ちなみに…買ったお店はナイショ♪

 時期が悪いせいか、現在はまだ工事の順番待ち状態だが、もうすぐまた私のところにエアコンがやってくる。
 これで、ひとまず猛暑とはおさらばかな?暑いとブログ書きも進まないものね。それと、熱帯夜がどうしてもねぇ、とても安眠できやしない。
 やっぱり今の夏は、猛暑なのでエアコンがないときつい…地球温暖化の観点から、お金がないからと設置に遠慮してきたが、せっかく導入できるチャンスが来たのだから、ここはやっぱり入れとこう。
 電気代も少し割高にはなるし、温暖化の面を考慮すると、悪い気もするけれども、でも…ごめんなさい(-_-)無理ッス、暑いッス、耐えれないッス。
 温度設定やらで、節約して使えば、いろいろな面で何とかなるでしょう。
 一番私が怖かったのは、節約を考えるあまりに、熱中症になることでした。夏場は気をつけないと、部屋でも熱中症になることがあるそうですから。
 今年のもおそらく厳しい猛暑連発の夏、これからその夏本番で、タイミングとしては最高かもしれない。
 えーと…最後に、一応私は、今年の夏もエアコンの温度設定は「27℃」で頑張ります(爆)

 ま、これならたとえ運で手に入れたお金でも、とっても意味のある使い道だったといえそうだし。
 大事なのは、手に入れたお金の使い道なんだよね。せっかくのあぶく銭だからと、またギャンブルに使ってしまうのは、まあそれも1つの「道」ではあるけれど…
 せっかく与えられた私の貴重な才能…「ショボイけどのくじ運」、これからもこうやって、意味のある使い方をしていかなくては!
 とりあえず今は、買ったエアコン早く来ないかなー…待ち遠しす(^_^)
予約特典あります・・・
.
 先週、私の家の近くにセブンイレブンがオープンしたことを記事にしたので、それに関連して今回はこれをいってみましょう。
 今までは、ここで物を買ったりしても、セブンイレブン自体がそばになかったので、なかなかお得に商品を受け取れなかったが、今はかつて出来なかったことが出来る。
 まだセブンイレブンがない県も、日本全国にはあるようだが、ひとまず私は…恵まれた環境下になったわけだ。

 名前がよく似ているが、今回のチョイスはセブンイレブンではなく、「セブンアンドワイ」。
 かつてはfc3などでよくクチコミしていたのだが、情報元のクチコミがこちらに移行したため、今回からこちらでやることになった。
 多分このショップを紹介するのは、本家では初めてだろう。
 紹介する「セブンアンドワイ」は、本・雑誌・CD・DVDを取り揃えたネットショップ。
 最大の特徴は、全国のセブンイレブンで、商品を受け取ることができること。そのときには、送料がかからない。ネットで物を買うときに、最大のネックとなりうる「送料」…品物によっては、その商品代より高くなることもありえるだけに、かなり私もいつも頭を悩ませている要因だ。
 元々宅配にしても、1500円以上購入すると、送料は無料に出来るお得なショップであることは確かであるが、セブンイレブン受け取りなら、送料無料にしたいためにわざわざ1500円以上の買い物をする必要がありません。
 もちろん他にも利点はあって、コンビニで24時間365日いつでも受け取れる。忙しくて宅配では受け取れなくても便利だし、現金で支払いがOK!クレジットカードでの買物に抵抗感がある人や、キャッシュカードを持っていない人でも安心ですよね。
 ちなみに宅配でももちろんOK。近くにセブンイレブンがなくても、利用可能。また、セブンイレブンまで行くのすら面倒だというなら、あるいは1500円以上を買ったのなら、そっちがいいかもしれません、
 まぁアルバムやDVDあたりなら、たいていは1500円一発オーバーなので、そっちの方がいいかもしれませんね。

 さて、そのセブンアンドワイでは、この夏、ちょっとお得な「特典」のあるアイテムが発売されます。
 ハリー・ポッターの最終巻…「ハリー・ポッターと死の秘宝」が7月23日に、このショップでも登場。
 一応参考までに書いておきますが、この紹介している対象物(アイテム)は「本」です。
 セブンアンドワイでは、このアイテムを予約することで、マニアなら絶対欲しくなるところの「おまけ」特典が付いてくる。
 予約特典として、何が付いてくるかというと…
 まず、①「ブックカバー」…本を汚れや傷から守ります。
 そして、②「7巻表紙 しおり」…7巻の表紙の画がそのままデザインのしおりに…これなら読書がまた楽しくなる…かも?
 もうひとつ、③「9つのピースに分かれるマグネット」…なかなかレアなグッズです。
 このオリジナル3点セットを全部プレゼント。
 さらに、初回限定では「静山社特製バッグ」も付いてきます。ということは…人によっては、4点特典になるということですね。
 
 また、これだけではありません。
 この「ハリー・ポッターと死の秘宝」などのハリー・ポッター関係の対象商品を予約すると、総計70名にチャンスがあるハリー・ポッターメモリアルキャンペーン…こちらのアイテムも、マニアはたまらないはず…数は少ないけど、持ってたら自慢だろうね。
 そんな、ファンにはたまらないイベントもやってますから、これは見逃せないでしょう。このキャンペーンの詳細は、サイトにて見てみて下さい。
 せっかくの特典とチャンスなので、ファンならば、ここで予約してみるのもいいかも。
 
 
 ブログ本文の無断転載を禁じます。(C)くりあや交遊録ブログ管理部-本家
 雑記/08-07-1/セブンアンドワイ-ハリー・ポッターと死の秘宝-セブンアンドワイ株式会社/BloMotion
目への負荷をなるべく・・・
  

 以前に、ブログに余白や画像が多いと目に負荷をかける…という内容の記事を書きました。
 あのときに書ききれなかった部分があるのと、最近ちょっと他の一部の人のブログを読むと、妙に疲れる。一応その原因はわかっていて、実は本日のネタに大きく関係する!
 というわけで、今回はそれについて詳しく書きましょう。
 
 ブログやホームページで無意味な余白が多かったり、画像が多いと、なぜ目に負荷をかけるのか。
 ただしこれは、このブログのように、あくまで「画面スクロールが必要な場合」です。一つの記事がまったく画面スクロールが不必要である場合には、画像や余白の有無に関らず、それほど目に負担をかけることはありません。
 あくまでも、画面の切り替えが必要な場合のみに、これは当てはまります。
 追記が目に負荷をかけるのも、同じ理由です。画面を切り替える必要性が出てくるからです。
 もちろん、最初から短い記事で、あくまでも隠し要素としての追記であるときには、ただ追記をクリックしなければならないという面倒さがあるだけですね。
 ブログサービスによっても違うが、このFC2で考えていくと、追記は本文とは別の記事枠で書かれているものを指す。
 他に、記事文の最後に「続きを読む」や「NEXT」などの表記が出ていて、それをクリックしなければ、続きを読めないものも、一応これの部類に含まれます。
 全文を一画面に表記しきれないもの、はすべて画面の切り替えが必要であり、いかなる状況であれ、これ(余白や画像が多いとブログを読むのに、より目に負荷をかける部類)に該当する。
 
 ではなぜ、これらのブログは目や身体に負担をかけるのか…
 これは…活字本を読む場合と同じだと考えると、ちょっとわかりやすいでしょう。
 目がそれほど動かないから。ブログの文字は、本の活字と同じですね。
 つまり、目は文字があるとどうしてもそれを読みますから、その分だけ目が動きます。しかし、余白や画像の多いページは、あまり目(正確には黒目)が動きません。結果、比較的画面を凝視し、目に負荷をかけるのです。
 また、画面スクロールの比率に対し文字数が少ないと、文字の内容が記憶に残りにくいという欠点もある。
 多くのブログの場合、余白と画像はその大きさの分だけ、スペースを使います。
 すると、次の文字はその余白か画像の次から表記されるので、その文字の開始場所まで、一気に目を動かします。目は無意識に、文の前後の繋がりを把握しようとするので、たとえ画像があって、それを1度見たとしても、目は再び文章を繋げようと前文の最後に動きます。ただ、多くの人はこれは無意識に行っている動作であり、意識するとかえって目を疲れさせますので注意。
 画像が大きく、それだけでスクロールが必要だったりすると、時としては前文の最後部分を、繋がりを把握するために、再度切り替え戻したりしたことはないだろうか。
 何行も余白を作ってしまっているようなタイプも同じですね。読んでいるとわかると思いますが、そういう書き方は、記事文の全容が把握しづらいでしょう。
 ちなみに、写真がメインの場合でも、サムネイルなどですべてが一画面に表示されず、スクロールが必要なときは、画像に流れがあると、目はそれを追いかけようとします。
 そして余白の場合は、白抜きで隠しているケースでもない場合、目は余白を見ようとしません。画像の場合より顕著に目は次を追いかけていきます。
 こちらの方が、より、目に負荷をかけるといえるでしょう。
 
 例を挙げると…挿絵のある小説サイトや、画像つきの掲示板サイトの一部、アフィリエイトやポイントサイトの紹介ブログ、そしてアダルトサイトの大半(最近のアダルト系ブログはほとんど)がそれにあたる。これらのブログやHPは、1ページあたりの記事と画像の割合によっては、そのページをすべて読むと、結構疲れるはずだ。これは無意識に目が一部の凝視と、記事を読むための大きい移動を繰り返しているからなのです。さらにスクロールのためのマウス操作で、指も疲れるというおまけもつく。
 文字数と画像や余白は、反比例しないと読むのに疲れるページを作ってしまう。
 まぁすべてのページがそれに該当するとは、必ずしもいいきれないのではあるけどね。
 実はこのブログからリンクされているブログのいくつかと、私と同じブログライターをメインでやっている方のブログに、いくつかこれに当たるブログがある。ブログ運営者本人の名誉のために、どれかはあえてここで晒しはしないものの、私個人的にもあまりそういうブログは、読むのが疲れるので、結構たまにしか行かなくなっている(´_`)
 爆弾カミングアウトです…ごめんなさい。
 しかし、読みづらい点においては、ここも人のこといえたものではないのであるが…(爆)
  
 そんなわけで、このブログでは、本文中には極力広告や写真(特にスクロールが必要なもの)を入れていません。
 広告は例外を除き、全記事を共通してアタマに…(これは上記の他にも大きな理由、意味がある)し、文中のバナーや写真はなるべく前後文の妨げにならないように小さくしています。さらに、文中に含める場合、付け方にもまたちょっとした工夫があって、実践している。詳しくは宣伝の技法なので教えることはできないかな(笑)
 他には、無意味な余白改行もなるべくなくし、追記も「基本的」には使用しない。前の記事に文を追加するなら、最初から新しく別分として記事を書き直します。
 それには、タダでさえ長くて読むのに疲れるから、少しでも目に優しくしてあるのですよ。
 記事文は、一気に読んでもらうことを前提にしています。ただし、ゲームリザルト系の記事を除く。
 自分がいろいろな記事を読んでいてわかるのだが、途中でスクロールが必要な画像などがあると、そこまで読んでいた気持ちのリズムが一瞬緩む。ヘタをすると、そこでそれ以上記事を読む気が失せることもあります。長い記事文ならなおさら…本当に些細なことなんだけど、こういう「気持ちの流れ」みたいなものって、結構重要なことなんです。これ、心理学であるらしいですね…
 文間にある障害物で、読む気持ちを失う…私はそういうことも避けたい。

 あともうひとつ、気をつけなければいけないのが、「色」である。
 ブログ文、全体に配色している色使い…これも場合によっては、目に負荷をかける。このブログのように、長い文などである場合、ブログ全体の配色や各記事に使用する色について、いくつか気をつけないと、これも読むだけで目に負荷をかけてしまう。色が目や身体、精神に与える影響は、科学的にも証明されていますので、気をつけている。
 基本的にまず、自分が読んでみて、なぜか妙に疲れるなぁというブログであってはいけない…というかたちにしている。ま、私はいろいろ考えているんですよ(笑)
 結構これも考えていないブロガー多いみたい…意外とあし@とか履歴から訪問したりすると、なぜか長い文でもないし、あまり画像や余白も使っていないのに、妙に見てるだけで疲れるブログがありますね。あれは色のバランスで、目に負担になっているからなんです。
 このブログでは、あまり本文中の色使いを多くしないこと…原則本文はほとんど1色のみ、テキストリンクと、特別な場合を除いて、黒字でしか書いていません。白抜きは最初から隠し要素なので除外。
 他にはブログ全体の色のバランスも、なるべく考えているし、記事中に使う広告も、色のバランスは考えて出しています。ま、広告に関しては、広告業者に委ねているところはあるのだが…

 前も書いたけど、読み手を考えているブログでありたいので、まず自分が読んでみる。
 そこで読むのに、嫌気がさすブログであってはならない。
 ひたすらに長いことだけ、それだけがこのブログの唯一の欠点である…そうであれば理想です。
こちらでもやりますが・・・
 

 今月よりfc3で行っていた、くりあや交遊録における「著作権」一部解禁の募集。
 詳しくはこちら→○○
 こちらでも、同じように行うことになりました。
 本家でしか書いていない日記のような記事もたくさんあるのでね…
 もしかしたら、中にはこちら側を解禁して欲しかった人もいるかもしれない。

 そこで、fc3と同じ条件下・同一使用料金において、この「本家」もまた、ロイヤリティの支払い者に、このブログ文の引用を認めます。
 基本的な条件や、以後発生のその他諸々は、fc3で決定した事項とほぼ同じです。
 希望者は同じように、まずはコメントにて問い合わせて欲しい。
 原則として、そのコメントは公開しない…
 また、こちらにはメールフォームがあるので、それでもOKです。
 ただし、返信用にメールアドレスは必要です。

 それから、私としてはこれからも、このブログの二次利用許諾は、行っていくつもりはありませんが、一部のサイトでは、自動的にそれを行っているリリースサイトがあり、決して本意ではないのだが、登録しているユーザーである以上、仕方がない部分はある。
 ただし、望ましくは原則として、二次利用は「付加利益の発生しない場合」、一切認めない。
 例えばレビューリリースサイトの「PUB-BLOG」では、特別賞を受賞すると、サイト内で受賞のブログが紹介される。
 でも私としては、特別賞は原稿料の観点からぜひとも欲しいが、あの場でブログを紹介されるのは、実は好ましくない。なぜなら、あのページを見るのは、同じくブログライターをやっている同業者がほとんどだからだ。
 ブログの宣伝になるには、そういう人ではないユーザーが主に見る場でなければ、一般アクセスや広告効果は望めない。私としては、アクセスが増えるのは、同業者ではない人へ向けてであってほしい。これがいわゆる、付加利益である。このサイト…特別賞で貰える金額は多少は高いが、それは一時的なもの。それよりは、一般客が増える方が、アフィリエイト効果も期待が出来る。このブログでは、fc3と違い、アフィリエイト効果がそれなりにあるので、そちらのほうが高価値といえる。
 ああいう場で紹介されるのは、ライバル=ライター人口を増やし、意味なくそんなライバルたちの利益に繋がるだけ。
 これによる同じ理由から、私は「リンクシェア」のレビューの各記事におけるトラックバックは、一切行っていない。あのページを見るのは、主には同じくリンクシェアに登録している者だけであるとしているためだ。彼らにこのブログを見てもらったところで、ライバルたちの参考資料になるだけである。
 それ以外のサイトでも、最低限の必要以外、このブログの二次利用は一切認めていない。そして、今後も大きな変化でもない限り、認めるつもりはない…
 もし、このブログ文を、各該当関係者が読むことがあるならば、そういう点も考慮していただけるとありがたいかな。
 
 しかし、ロイヤリティが発生するならば、話は別だ。ロイヤリティがこちらに入るなら、このブログを大いに紹介してもらい、たとえ彼ら(ライバルたち)の利益になるとしても、彼らのブログから、こちらのブログも宣伝され、そしてそこからのアクセスもまた、広告効果として企業側も歓迎するだろう。
 このブログにも、さらなる収入とアクセスの両者で恩恵があり、かつ、広告企業の宣伝にも効果は期待される。
 私は、ブログライターやアフィリエイトを、ただの原稿料や広告費の収入目的だけでやっているわけではないのだ。
 ちゃんといろいろな効果なども考えながら、ブログ運営をやっている…一応、深い考察の元に、いろいろとやってますよ。そこいらのアフィリ付きブログと一緒にしてもらっちゃぁ困るわ…ブログの中のいたるところに、いくつもの隠し技が入っているのよ。
 もちろんそれらは、小出しにしか教えてない…すべてを教えてしまったら、隠し技ではなくなるからね。

 ちなみに…当ブログでは、アフィリエイト広告において、ポイントサイトなどのバナー広告をサイドバーにもあまり貼っていないが、これもある深い考えがあるからなのですよ。
 そもそも私が、ポイントサイトなどを信用していないのもあるのだが、それ以外に…ポイントサイトのバナーは、ほとんどが新規顧客登録によってしか収入は発生しないし、ネットをしているユーザーに対し、バナーからの新規登録は期待できず、現在ではまず広告効果などは皆無。
 なんといってもそれ以前に、ポイントサイトのバナーがうじゃうじゃ貼ってあるブログって、見ていて「うざい」と思ったことはないだろうか…
 私みたいなユーザーからは、そういうサイトの狙いが見え見えなのです。
 何より、見ていて不快感があってはいけない…特に「広告」に関してはね。見る人側の「心理」は、広告にはとっても重要なのだ!
海の日はガレリアへ行こう!
 EIZOダイレクト
 これまでこのショップの記事は、fc3で書いてきたのだが、今回はこちらで登場。
 ようやくこちらでも書くことが許可されたためだ…
 fc3にも行っている人は、何度か記事にしたので目にしたかもしれないが、この本家だけにしか来ていない人は、もしかしたら初めて目にするのかもしれない。
 液晶モニターのブランドEIZO(エイゾー)…その直販サイト「EIZOダイレクト」である。

 EIZOダイレクトは、PC用液晶モニターのトップブランドである「EIZO」の直販サイト(運営もEIZOの株式会社ナナオ)です。
 高品質、高水準のモニターを多数取り扱っており、本物志向のPCユーザーにはおなじみのショップ。もちろんモニターですから、PCだけでなく、デザイン家電の液晶テレビも、イイモノが揃っています。
 今年1月にはサイトが全面リニューアルをし、トラックバックやレビュー、マイページなどの新機能が追加されて、さらに使いやすくなっています。
 
 さて、話は突然飛ぶが、もうすぐ「海の日」の祝日がある。
 現在は唐突に飛んでいるが、いずれEIZOダイレクトとは、ちゃんと話が繋がるので心配なく。
 通常では3連休として、また学生さんあたりは、ちょうど夏休みに入る頃だろう。
 せっかくの連休、仕事でもないなら、どこかへ出かけたくなる。
 海の日というだけあって、海開きもしていることだし、やっぱり海水浴あたりが最高か。
 ちなみに私は、おもいっきり「カナヅチ」なのですが…(笑)
 まぁ、海に行く目的は、泳ぐだけじゃないからね。
 他にもいろいろと、夏ならではのイベントもあって、休みならば出かけるのが楽しい季節だ。
 でも、この時期に出かけるには暑い…。うかつに出歩けば、熱中症なんていう危険もある。
 実は私も海とかは、けっこう行きたいところだが、あまり身体が強力な紫外線に強い方ではないし、それよりも近頃は、燃料費が高いので、車持ちの人には悪いから、そんなに遠出もしたくないところ。
 それならば、もうあまりお金をかけず、涼しいところに出かけるのがいい。
 いっそのこと、冷房の効いた近場で遊びたい。
 私と同じように、そんな思いの人は多いのではないか…

 そこで、今年の夏、あえて今回の連休・海の日には、冷房のきいた「EIZO ガレリア」に行ってみるのはどうだろうか。
 「EIZO ガレリア」とは、先に触れた「EIZOダイレクト」の直営店。EIZOダイレクトがネットのショップなのに対し、ガレリアはEIZOの液晶を取り扱っている実際のリアル店舗というわけだ。
 ずいぶん前フリが長くなったが、ここに、EIZOと海の日との接点があったのだ。
 店舗近くに住んでいないと、ちょっと遠くなってしまうが、お近くのEIZOガレリアに行ける人なら、この3連休に、ぜひ足を運んで、楽しいイベントと水準トップクラスの液晶モニター…種類も質も最高のデザイン家電を直接、その目に見て、実際に触れて見るといいかもしれない。

 しかも、ちゃんと海の日の前・当日には、行く意味があります。EIZOガレリアでは、「海の日」の3連休に、「EIZOガレリア スペシャル3day'sフェア」を開催!
 特別講師を呼んでのインテリアワークショップや、ショップでのスペシャル購入特典もあります。
 また、ご来場の皆様にもれなくECOバックをプレゼント。
 ただただ直営店に、品物を見に行くだけじゃなくて、イベントもあってお得なこともあって、それでいて、冷房のきいた涼し~い環境。
 これなら、ゆっくり商品も選べる…高い燃料費までも払って、しかも暑い思いしてどこかへ行くぐらいなら、その分の資金で、新しく液晶モニター買っちゃいましょ。

 
 最近は、私も欲しいのだけど…場所をとらないように、PCの液晶モニターと、高品質の液晶テレビ、その両方、さらに他にも?の1台数役をこなせる機能を持つモニターが多いですね。このEIZOダイレクトには、そんな両方の機能を十分に兼ねたスペックのモニターが多数ありますよ。
 
 リンクシェア レビュー アフィリエイト
 R・U・I☆Blog-No.H049#PBA(C)/EIZOダイレクト-EIZOガレリア-株式会社ナナオ/リンクシェア
ついにアレが、やってきた!
 イトーヨーカドー ネット通販 

 最近私の自宅の周りの環境で、大きく変化したことがある。
 それは…自宅の近く(といっても歩くと10分程度はかかる場所)に、あるお店がオープンした。
 これだけなら、特に大したことはないのだが、そのオープンした店がきわめて重要なのだ。
 なぜなら、それは「コンビニ」だからである。

 もはや今では、コンビニの重要性は計り知れない。
 弁当などの即席の食べ物はもちろん、雑貨、食品、雑誌、あらゆるものが売っている。
 さらに、各種のサービスが多彩…公共料金の支払い、宅急便、郵便のサービスもあるし、最近では銀行のATMもあって、お金を引き出すことも出来る。
 ましてやこのコンビ二は、あの有名な全国チェーンの店舗。
 最近、CO2の問題で深夜の営業時間について、どこかともめているようだが、現在のところは24H営業してくれている。
 ちなみに私も、防犯という観点から、コンビニの深夜営業時間自粛には反対だ!
 女性の深夜労働が解禁された今、深夜にも明かりがあること、駆け込み需要の場があることは、大きな意味がある。議論されているCO2の問題など、他にも同等に削減できるところはいくらだってあるのだ。そもそも、これについては論点が間違っている!誰が言い出したか知らないが、物事は多角的に考えてみなければいけない。

 話がそれたが、私もコンビニには世話になっている…というより、なくてはもう生きていけないかもしれない。自宅の近くに、コンビニがあるのとないのでは、生活に大きな差が生まれることは、もはや誰もが知っていることである。
 コンビニのコンビニエンスとは、便利という意味なのだからね。
 私の自宅の最寄には、新たに出来た先に触れた店舗以外では、コンビニは「サー○ル○」(アフィリエイト提携をしていないため、名前は100%出さない…関係者の方、当ブログではお待ちしています)が、15年前ぐらいに出来た。そこから、私の生活は、劇的に変化していったかもしれない。特に、夜の買い物が変わったかな。1人暮らしだった頃は、それは顕著だったな。独り者にとって、コンビ二はいわゆる「台所」だという人も多いはずだからね。
 この「台所」の意味は、もちろん「キッチン」のことではないぞ。

 今も昔も私は、かなりコンビニに依存した生活をしている。それまで歩いて20分近くかかっていたものの、最寄だったコンビニですら、利用しない週はなかった。それだけ、便利さに頼っている。
 一番の頼り点は食品だ…弁当や惣菜、他にドリンクなどの飲料水。
 そして、次に利用しているのがATMか。
 現在コンビニに設置されているATMは、たいていの銀行をカバーしており、ほぼどんな銀行のカードでも、預金をおろせる。
 手数料の問題はあるものの、私の利用している某都市銀行のキャッシュカードは、最寄の支店まではバスを使って20分もかかる。さらに、歩いて20分ほどかかるイオンのショッピングセンターの中に、その支店の出張所ATMがあって、それも利用することはあるが、ほぼいつ行っても行列が出来ている。買い物客が利用するからね…ちなみに私は、行列で待つのは嫌いだ!

 支店までおろしに行けば、バス代が手数料より高くつく。
 出張所は手数料無料だが、行列で待つこと必至、プラス往復で40分。
 他の銀行の支店が、オープンしたコンビニと同じぐらいの距離にあるものの、そこではいつおろそうとも手数料が取られる。さらに規定時間外はおろすことも出来ない。
 私は最近新たに、ゆうちょ銀行の口座を作った。
 ある目的があったのだが、どうやらそれ以外にも、この口座が、オープンしたコンビニの登場で、ちょっと役に立ちそうだ。
 なぜなら、オープンしたコンビ二は「セブンイレブン」だから。
 セブンイレブンであれば、ネットサービスのいくつかの、商品受け取り窓口としても使える。これは、ネットを利用している私には、とても大きなことである。
 実は私にとって、セブンイレブンが一番欲しかったコンビニなんですよ。私はずっと待っていた…アレがうちの近くにやってくるのを!
 いやー、まさに…便利が近くにできてくれた!うれしいわ(^_^)

 一応、他の提携コンビニ様と不公平になるといけないので、今回はセブンイレブンに関することを記事にしましたが、アフィリエイト広告をそれのものにはしませんでした。
 でも…書いたからには「セブンイレブン」には、ちょっとだけ配慮してありますwww
日付をけっこういぢってますwww
  

 すでにこのブログに何度も来てもらっている人などは、すでに気づいているかもしれないし、ちょっと前あたりの記事で、そのことに少し触れていたので、今回はあえてそれについてを、もうここでばらしておこうかと…
 あとあとトラブルなんかになるとまた面倒だから…

 実は、先月ぐらいから、このブログでは、新しい記事公開の日付を少し操作している。
 実際に公開した日付とは違って、前日・その前々日ぐらいにして出していることがある。
 例えば、3つ前までに書いた記事…それらは、一部はブログ文内でも明らかにはしているが、いずれも公開している日付と、それが実際に書かれている日は違います。
 これの前のは7/7、2つ前は7/6、3つ前の記事は7/5分の記事として、公開されています。
 しかし実際は、前のは7/8、その前2つはどちらも7/7日に書かれています。
 多分毎日アクセスしてた人は、あれ?と思ったかもしれない(笑)
 訪問したときはなかったはずなのに?と。
 これは、このブログで現在ルールとして守って来ている「1日1記事」というシステム体制を守るため、こういう形にしているのです。

 というのも、こちらでは現在、クチコミレビューを約半分ぐらいの割合で書いています。
 このクチコミレビューは、やっている人ならわかるだろうが、リリース情報はいつ入ってくるかわかりません。
 しかも、まったく入ってこないこともあれば、1日に何本も入ってくることがあります。
 しかし、こちらで公開できる記事は、ルールを守るなら、1日1本。
 それだけでなく、もちろん日記なども書いていますから、記事として公開できるネタはたくさんあるのです。
 これ以上は説明しなくても、もうお分かりですね…つまり、そういうことなんです。

 これらに対応し、かつ、1日1記事というルールを守るには、どうしても「1記事=1日分」の「空き」が必要なのです。
 基本的に、レビュー系を軸としてやっているfc3とは違い、こちらではいつ、そういうアイデア(ネタ)がやってくるかわからないため、急遽入ってきたものは、差し換えられるようにしている。たとえ公開しないまでも、思い立ったらなるべく早く記事にしておき、いつでも公開できるようにスタンバっておいて、何も他に公開するものがなければ、それを出せばいい…といったスタイルがベスト。
 話題性があるものや、一過性のものであるなら、なるべくその時期に合わせて公開したいところだし、クチコミレビューは先着順のほうがもちろんいい。
 となれば、優先されるべきものはそちらになってしまうけど、それだけのブログであるわけにもいかない…これが、この「本家」の難しいところなんだな。
 それで、仕方なく…苦肉の策といった感じで、ああいう風になったのです。 
 だから、場合によってはレビューのリリース公開日より、前の公開日付になることもあるわな(笑)
 ただ、私は現在のシステムを変更する気はない。  
 それに…ブログをちゃんと読む人にとっては、あまり公開の日時は重要ではないだろう。

 このことついては、以前もいつだったかの記事で触れたが、このFC2サービスでは、そのまま本文を公開すると、ブログ文を書いた(正確には書き始めた)日時が自動的につくようになっているけど、私は毎回、公開する直前にこの数字をいじって、自分で決めて出しています。
 基本的にこの数字は、好きに操作することが出来、指定の時刻に予約公開としておいて、記事を公開することもできる。予約にしておかなければ、未来の日時の記事としても、公開できるわけだ。このあたりは、FC2のユーザーなら、わかりますね。
 …てことは、やっぱりあまりこのブログ公開の日時には、それほど意味はないでしょう。
 なので、私はこれを逆手にとって、現在ここで公開するルール「1日1記事」にちょっと利用させてもらったわけだ。
 今後の展開によっては、現在はまだ過去の日付だけで調節しているが、いずれは翌日、翌々日の日付分として、いわゆる前倒しで出される可能性はある。
 
 現在は、忙しいときもあって、ブログを書かない日もけっこうあります。
 もちろん丸1日、ブログを書きまくれる日もある。そんな日に、わりと原文あたりは書き溜めている。それから、実際に公開するときに、いろいろな「直しや追加」をやって、広告を掲載して、出しているのだ。
 ちなみにこの記事も7/8分として公開ですが、仕上げ部分が書かれているのは10日です。
 
知っててよかった…
 近頃はガソリン代を筆頭に、いろいろなものが値上がりしている…
 未曾有の燃料高騰が一連の原因となり、多くの物が物価高になっていて、日々の買い物も汲々しているのが現状だ。
 何せ私のいるところは田舎だからな…その買い物に行くのも一苦労なのです。
 おまけに私は、車はおろか、免許も持っていない。
 品物によっては、近所では売っておらず、遠出をしないと手に入らないような場合は、やはり交通費や、そこまでの行き来にかかる時間ロスを考えると、とても大変だし面倒。
 やはりそういうのは、車を持つ身内に、いわゆる「足」を頼まざるをえないが、近頃は燃料代が高いせいもあって、こちらも遠慮して頼みづらい部分もある。
 少量でなら、やむなく自らの足で出向いて買ってくることも可能だが、重たい品・かさばるものを買いたい時、あるいは…外が大雨の日などでも、やはり車がないと買い物はつらい。
 そんなときは、もう面倒なんていうのを通り越して、正味引っ越したくなるときすらある。

 しかし、そんな不便さを、ある程度は緩和してくれるものがある。
 それが通信販売…いわゆる、自宅にいながら、物が買えるというシステムだ。利用している人も多いはず、俗に言う通販だ。
 無論、あらゆるお店や物で、私も大いに利用している…先日も母に頼まれた品を、某店舗から購入したばかりだ。それが何かは書けないので、また別のときにでもwww
 そして今回は、そんな通販のオススメのショップを紹介しよう。
 利用ユーザーも多く、かなり有名なところらしいから、知っている人は知っているかもしれない。
 名前は「知ってて良かったキラット通販」…あのサイトにも店舗を構えている有名なネットショップだ。
 実は、ここのショップは過去に私も利用したことがあるのだ。そう、以前にこのお店から、あるものを買った。それは今でも使っている。
 
 blomotion-gzYQ6uEWAy.png
 では、このショップのオススメ度をいくつか簡単に…
 まずなんといってもすごいのは、その圧倒的な品揃えのよさ。
 商品数は圧巻の約35,000点…選ぶのに疲れるくらいあります!
 生活に密着した、食品・日用品・文房具をはじめ、パソコン関連・家電製品・雑貨・家具などなど、身の回り品を中心に幅広く対応。
 さらに通販では、珍しい「100円均一※」コーナーなんてのもあります。※税込みでは105円。
 この100円均一もまた、ショップの1コーナーにしては、かなりの数のアイテムがあってGOOD。
 
 そしてもうひとつの推奨ポイントが、業界では最低クラス…たった2,400円の購入で、送料が無料になる付加サービス。
 通販においては、商品をいくらかの規定額買えば、送料無料になるサービスをしているのはよくありますね。でも、大体これの相場って、よくても5000円、中には10000円分も買わないと、無料にしてくれないところが大半。通販をよく利用している人なら、この辺は熟知しているでしょう。
 そもそも、基本的に通販はそんなにたくさん物を買わない.…私なんかもそうだが、必要な物以外は買わないのが普通。第一、手続き時には相手が見えないし、実際は現物が届くまで、いくら安心と謳っていても、やっぱり不安な部分は、どうしても拭えない。現物をその場で見て、触って、貨幣と取引する実購入とは違い、通販とは、購入手続きをした物が目の前に届いて初めて、それを購入したのだと実感するもの。
 したがって、むやみにいろいろなものを買うのではなく、必要最低限のものだけ、そこでしか買えない物、そこでしか買う価値がないものだけ選んでいくはずです。
 中には、通販マニアとかいう、何でもかんでもそれで買っちゃう人も、いるらしいですが…ま、それはそれ、また別次元のお話なので。今回はあくまでも、ノーマルな人が、通販を利用する際の心理で書いています。
 当然、そうなればそれぞれの店舗での購入額は安くなり、送料規定額には達せず、結果的に送料で総額がちょっと割高になったなんてことにもなりかねない。今は配送運賃、どこの会社もそこそこしますからね。品物の大きさと重さによっては、超高い金額をぼったくられる。
 いくら商品を安く買っても、送料が高くついては意味がない。送料は、通販という購入形態においては、必ずかかるものですから、いわば必要経費。
 それに、そもそもいくらか購入したから、送料無料となっていても、実際はどこだって「無料」ではないですからね。あれはそのお店が、販売額に応じて、サービスで運送業者に運賃を出しているだけなんです。簡単にいうなれば、たくさん買ったからの、おまけみたいなものです。
 こちらのキラット通販では、たった2,400円という、業界では最低クラスの安さで、そのおまけサービスである「送料無料」にしてくれるのです。

 他にも、注文後は極力迅速な対応をしている…とのこと。
 頼んだ商品は、わりとすぐ届く!
 15時までに受注されたものは、当日発送手配…それにより、利用ユーザーには、思いのほか早く届くと好評。
 これも通販では大事なポイントだからね…頼んだのにいつまでも経っても来ないんじゃ、逆に腹が立ちます。だったら、ちょっときつくても、買いにいったほうが早い。
 一刻も早く届けて、通販の最大のネックである不安要素は取り除いてもらわないと。
 キラット通販なら、それができるわけだ。
 そういえば…以前に頼んだとき、私のエリアでも、ブツはかなり早く届きましたから、これは大丈夫でしょう。

 楽しく、ラクに、それでいてできるだけ安く、安全に、かつ迅速にお買い物をしたい現代。
 100%そんな願いを叶えるのが「知ってて良かったキラット通販」なんです。
 あとは、やっぱり通販だから、基本指定した場所(普通は自宅)まで届けてくれる。
 注文さえすれば、あとは待っていればいいだけ!
 名前のとおり、知っててよかった…そうでなくてはいかんよ…通販というのはね。いろんな意味で!

 
 R・U・I☆Blog-No.H048#PBA(C)/知ってて良かったキラット通販-株式会社ワンステップ/BloMotion
東京って・・・本家オリジナル版
 
  

 この日記は、先日fc3で公開したものの、オリジナル版です。
 こちらでも公開することになっていましたから、今回はこれ。
 一応、記事の原作者と、先に公開したfc3とは、ブログ運営者は同じなので、著作権的には問題ない。それに、こちらでも同じ記事を公開するのには理由がある。
 私以外にも、記事の著作権を持っている者はある…それと関係する。
 あまりネタばらしすると、別の問題も出てきそうなので、今はこのぐらいで!

 fc3のバージョンを読んだ人は、ここから先はほとんど同じ内容なので、あまり読む意味はないかもしれないね。
 私がある時期まで、ずっとそうだと思っていた、いかにもよくある勘違いというか間違いをちょっと暴露しよう。
 けっこうな年齢(今から10年くらい前)まで、そうだと思ってたので、正味今でも恥ずかしい(-_-;

 では、その勘違い、カミングアウト!
 実は私は、東京(都)は23区だけしかないと思ってました。
 つまり、東京都の住所すべては、必ず23区内のどれかに属する!と、思っていたのです。
 でも、実際はそんなことはありませんね。八王子市、あきる野市、町田市、日の出町etc...東京都には、ちゃんと23区以外にも街(市町村地域=自治体)はあります。しかも、全体的な地図で見れば、特別区である23区合計よりも、それ以外の地域全体のほうが広くて大きいのです。
 23区なんて、東京都全体の面積の半分以下しかなかったんですねぇ。その後、自分で詳しく調べてわかりましたよ。まったくもって、無知とは恐ろしい。
 えー…東京都民の皆様、および東京にゆかりのある方には、本当に申し訳ありません。

 このことは、その後は笑い話として話せるけど、わかるまでは本当にそうだと思っていたので、かなり長く勘違いしてたことになる。
 修学旅行でも、東京に行っているし、遠距離(恋愛)の頃は、かなりの数で東京にも遊びに行ったはずなのにねぇ。
 それがわかったのは、エンレンをしてた当時、たまたま東京にいて、何かの住所を紹介するテレビ番組か何かを観た際に、その住所として、東京都○○市・・・←正確なところは忘れた、が字幕テロップで出たときでした。
 そのとき初めて、私は東京都には、23区以外にも街があることを知ったのです。
 確かその日の、そばにいた相手との会話は今でも覚えている…

私:「東京って、23区以外にも街(市町村)があるのね?」
相手:「あたりまえでしょ、え…知らなかったの?」

 その後のやり取りは、あまりにもちょっと恥ずかしいので、さすがに書けません(笑)
 ちなみに相手の人は、生まれも育ちも関東(千葉県)の人で、幼い頃から東京には何度も行っていたようですから、もちろん私のような勘違いは、まったくありませんでした。

 東京は、やっぱり23区の方があまりにも有名だから、そして東京が「大都市」というイメージが、私のような田舎者にはありますから、東京都はもう、エリア全域が完全に区画整理されて、全部が23区のどこかに属しているんだと信じていたわけです…そんなこと、あるはずはないのにねぇ。
 ちゃんと東京にだって、今でも手付かずの自然はありますよねぇ。
 しかし、あのときまで私は、東京という大都会は、そういう(区画整理が行き届き、全部が23区に属している)ところなんだって思っていた。
 根本的に、東京23区っていう、あたかもそれだけみたいな言い方しているのがいけないのよ!
 そもそも、何度も東京に行くようなゆかりある人でない場合、東京の23区以外の情報なんて、それほど入ってきませんからね。
 けっこうこの勘違いは、同じように思ってた人は多い気がする。
 特に、私のように東京から離れた地方に住む「田舎者」は、そのことを学習するまで、そうだと思っていた人はいるのではないかな…

 私の場合、恥をかくのがあのときのひとりだけでよかったかも(x_x)
 人前で言ってたら、もっと大恥だっただろうし…いや、こういう勘違いは、それがわかったときよりも、それまで事実ではないことを信じていた「過去の自分」に対して恥ずかしい。
 だから、知るは一時の恥、知らぬは一生の恥!というんですよね。
 今回のこれは、田舎者ならではの勘違いでした(笑)

 なお、この記事はタイトルにあるとおり、これが本家オリジナル版となっていますから、公開は向こうが先ですが、基本的にはこちらがオリジナルという扱いです。
 fc3で書いていた「もろもろの諸事情」はちょっとだけ、この先の追記で説明。
 また、この記事の公開日付は7/6で、fc3版と同じになっていますが、実際の公開は7/7です。
 それから、fc3版とは、本文も少~しだけ変えているんですが、わかるかなぁ?
 もしよかったら、読み比べてみてください。
 それから、当然ですが…こちらの分には、記事トップに広告があります。
 でもまぁ、もう何度もこのブログに来ている人なら、それほど違和感はなく読めるでしょうwww
続きを読む
本場博多の辛子明太子!
 紅龍(あかいドラゴン)
 本日はこちらです。
 最初に断っておきますが、このブログ文の公開日付は7/5になっています。
 ですが、実際は7/7日に書かれたものです。
 ちょっといろいろと、他の記事の都合と、原則としてこのブログでは、1日1記事公開というルール特性を守る以上、こうせざるをえなかったので。
 記事公開の日付は無視してください(笑)

 前フリは一切以後内容とは無関係に、今回は食べ物ネタです。
 あまり私はこれ、それほどには好んで食べないのですが、このアイテムは、今も昔も母がかなり好きなので、よく食卓には並びます。
 現在は一緒に住んでいて、食事もわりと一緒に摂るので、私も少しは頂いてます。
 その食べ物とは、ずばり…辛子明太子
 ご飯の友として、私も母もダイレクトにご飯にまぶして食べている。
 どちらかというと、そのまま食べる(ご飯と一緒に食べるため、少量ずつ乗せる)ことが多いが、一度火を通し、他の材料と一緒に調理し、パスタのソースにして食べることもあります。
 ただ、この品自体は、基本私が食べたいといって食卓に並ぶことはないので、どのように出てくるかは、母のする料理のさじ加減である(笑)私は、出された物を頂くだけです。
 他には、仕事のお弁当のために、たまに作る「おにぎりの具」にすることもあるかな…前の日に食べ残した余りは、これにするみたいです。
 これなんかは、定番の食べ方かもしれないな…市販のおにぎり(コンビニなど)だって、明太子は今やオーソドックスな具として、かなり売れてるみたいだもんね。
 
 さて、そんな私の母も大好きな…辛子明太子
 今回はそのオススメの一品をここで紹介するのだ。

 すでにトップで画像が出てるので、わかるかもしれないが、いわゆる本場物というやつである。
 明太子といえばやっぱり博多!九州、福岡県福岡市の博多(区)のことですよ。そこが明太子ではやっぱり有名だし、本場の美味いアイテムがあるみたいです。
 その博多で、創業25年の某居酒屋で、長年お店の裏メニューとして、常連客でしか食すことのできなかった明太子を、口説きに口説いて遂に商品化した一品!
 そんな苦労の末、登場してきたのが、今回紹介する紅龍(あかいドラゴン)である。
 この辛子明太子は、素材、仕込み、鮮度にこだわり、一つ一つ丁寧に、心をこめて漬け込んで作った…まさに、職人が作る、本当にすごい明太子なのです。
 ちなみに、明太子はもはや、それ自体はかなりメジャーな食べ物になってきているので、今さらここで生産過程や、どういう物(素材)なのかは、ここで説明の必要はないだろう…割愛する。
 そもそも明太子が何の素材かわからんような奴は、こういう高級感のある一品を食す資格なんかないわ。
 どこかで調べるなりしてから、出直してきなさい!

 もちろんそのあくなき「こだわり」ゆえに、限られた数しか生産できないため、インターネットによる限定販売だけ。
 手に入れるには、サイトを訪問するべし…店頭では一切購入できない逸品なのだ。
 「博多辛子明太子…紅龍(あかいドラゴン)」…こうりゅうと読みそうだけど、あかいドラゴンが名前。
 明太子は確かにどれも紅い物だけれど、変わった名前でインパクトあるね。
 それもそのはず、紅龍と書いて、あかいドラゴンと読むの名前の由来は、その大きさにある。
 あの魚(この商品になる元のものだが、先の文章の手前、名所は出さない)の卵の中でも「真子」と呼ばれる「完熟卵」のみを厳選し、しかも長さ15センチ以上の大ぶりのものだけを厳選使用していることから、この名前がついたそうだ。
 てことは、そう…でかいのね。

 紅龍(あかいドラゴン) 紅龍(あかいドラゴン)
 当然、すごいのは大きさだけじゃない。
 専属の職人が下味をつけたあと、門外不出の紅龍(あかいドラゴン)秘伝のかつおダシをベースにした調味液にヒタヒタに浸し、丹精込めてなんと120時間もの長い時間と手間をかけ、熟成して仕上げていますので、一粒一粒に味がしっかり染みています。だから味は…もう語らずともいいでしょう!
 製造過程を見る限りでも、不味いはずがない…明太子好きには、たまらない一品のはずですよ。
 アツアツごはんにはもちろん、酒の肴にも最高です。
 その味のすごさは、自らの舌で確かめてみるといい!
 きっと、作る者たちの技術と努力の結晶、そして、その名前と値段に恥じぬ味であること、を理解させてくれるでしょう。

 また、やはりこれだけコストもかけて作っている品ですから、内容量にしては、それなりの価格でもあります。※詳細価格、内容量については、サイトにてどうぞ。
 自分で食べるよりも、誰かに贈答品として贈って、その人に食べてもらうのもいい。
 真心込めて作っている品ですから、お世話になっている人に、自分の真心を込めたギフトとして、相手に食べてもらおう。
 ネット限定ですから、それもアリです。
 本場博多の、まさに明太子の中の明太子…究極の辛子明太子といってもいいかもしれないのがこれです。
 名前すらもインパクトがある紅龍(あかいドラゴン)…1度味わってみてはいかが。

 
 R・U・I☆Blog-No.H047#PBA(C)/博多辛子明太子「紅龍」-株式会社ダイブ/PUB-BLOG
いいこともある…はず?
 

 私の記事は、いつもいつも長い文なので、たまにはそうでないのもいいかもしれない。
 というわけで、今回はショートバージョン記事にしようと思います。
 人によっては、これでも長いという人はいるでしょうが…あくまでも「いつものここの文」に比べてってことでお許しを。
 いつもの長いものでは、必ず延々とスクロールが必要だろうから、そうじゃないときのもあっていいだろうということで。
 ま、それでも広告が付くことだけは、ブログ特性上仕方がないのですけど(笑)

 さて、そんなショートバージョンで出す今回のネタは、実は考えてませんでした。
 ちょっとこの頃、ブログのネタ(話題)がなくなってきてます。・・・なくなっているということそのものが、ネタになっているかな(笑)なんだかややこしい。
 現在、記事にしようと考えていることはあるんだけど、文章構成がうまくまとまっていないため、出せないでいる。
 他には、きっちりと調べるなりをして、データを集めてからでないといけないものもいくつかあります。
 私は思いついたまま、ただ言葉を並べるだけのブログにはしていないし、今後もしたくないと考えているからね。
 時としては、調べ物をするだけで、丸半日程度かかることもありますから(T_T)

 いろいろと決め事を持ってやっていると、なかなか思うようにいかないものです。
 でも、私は今のシステムを変える気はない…これからも、現行のままで走り続けていきます。
 現状のままで運営は、とにかくあらゆる意味で肉体的にも厳しいけれども、とりあえず頑張るわ。
 なぜなら、すべては私が決めたことですから。
 それに…継続は力なり!ってね。やっていると、やっぱりいいこともあるんですよ。多分…(-_-)
 何より、ネットがこれだけ発展した今の時代、そして私自身がネットを好きだから、ブログはやめられないのだ。
麻雀行脚 6thリザルト
 モノ・マガジン オンライン
  

 引き続き今回もサイトはゲームチューの麻雀コーナー。
 しかし、今回でこのサイトは終了。
 率直な感想として、このサイトはダメだ…理由は最後に書くが、あまりにも行脚には合っていなかったかもしれないな。前の天鳳以上にひどかった。

 ①日付 ②種別※ -不快対局者数(最大3)  ③終了局/総ゲーム数  ④順位/最終点棒 ⑤最終点数 ⑥和了/放銃/流局数  ⑦備考
 6/19~6/27
  1 ①6/19 ②半/一般戦  -3  ③南4/8  ④2位/34000 ⑤+14 ⑥3/0/0  ⑦Ⅰ
  2 ①6/19 ②東/一般戦  -2  ③東4/6  ④4位/9500 ⑤-81 ⑥0/1/3  ⑦Ⅰ
  3 ①6/19 ②東/一般戦  -1  ③東4/4  ④2位/30100 ⑤+25 ⑥2/0/0  ⑦Ⅰ
  4 ①6/20 ②東/一般戦  -1  ③東4/5  ④1位/33700 ⑤+64 ⑥2/0/0  ⑦Ⅰ
  5 ①6/20 ②東/一般戦  -0  ③東4/4  ④2位/27000 ⑤+17 ⑥1/0/0  ⑦
  6 ①6/20 ②東/喰無 他一般戦 -1 ③東4/5 ④4位/19600 ⑤-10 ⑥0/0/0  ⑦Ⅰ
  7 ①6/20 ②東/一般戦  -0  ③東4/6  ④2位/28700 ⑤+19 ⑥1/0/1  ⑦
  8 ①6/21 ②東/一般戦  -1  ③東4/4  ④4位/24000 ⑤-46 ⑥0/0/0  ⑦Ⅰ
  9 ①6/21 ②東/一般戦  -2  ③東4/4  ④3位/14300 ⑤-41 ⑥0/1/0  ⑦Ⅰ
 10 ①6/21 ②東/一般戦  -0  ③東4/5  ④1位/34200 ⑤+69 ⑥2/1/0  ⑦
 11 ①6/21 ②東/一般戦  -1  ③東4/5  ④1位/41000 ⑤+71 ⑥3/1/0  ⑦Ⅰ
 12 ①6/21 ②半/割有 他一般戦 -0 ③南1/5 ④3位/21500 ⑤-9 ⑥1/0/2  ⑦
 13 ①6/21 ②東/一般戦  -1  ③東4/5  ④2位/27900 ⑤+18 ⑥1/1/0  ⑦
 14 ①6/22 ②東/一般戦  -1  ③東4/5  ④4位/18000 ⑤-42 ⑥1/1/0  ⑦Ⅰ
 15 ①6/22 ②半/割有 他一般戦 -3 ③南2/6 ④4位/-2700 ⑤-53 ⑥2/2/0  ⑦Ⅰ
 16 ①6/22 ②東/一般戦  -1  ③東4/4  ④3位/24500 ⑤-6 ⑥1/0/1  ⑦Ⅰ
 17 ①6/22 ②東/一般戦  -0  ③東4/5  ④4位/19900 ⑤-40 ⑥2/2/1  ⑦
 18 ①6/22 ②東/一般戦  -1  ③東4/5  ④2位/27200 ⑤+17 ⑥1/0/0  ⑦Ⅰ
 19 ①6/22 ②東/一般戦  -2  ③東4/4  ④4位/11900 ⑤-79 ⑥0/1/0  ⑦Ⅰ
 20 ①6/22 ②東/一般戦  -1  ③東4/4  ④2位/24400 ⑤+14 ⑥1/0/1  ⑦Ⅰ
 21 ①6/22 ②東/一般戦  -2  ③東4/5  ④4位/8700 ⑤-51 ⑥1/1/0  ⑦Ⅰ
 22 ①6/22 ②東/一般戦  -1  ③東4/4  ④2位/21000 ⑤+16 ⑥1/0/0  ⑦Ⅰ
 23 ①6/23 ②東/一般戦  -1  ③東4/5  ④2位/34200 ⑤+29 ⑥2/0/1  ⑦Ⅰ
 24 ①6/23 ②東/一般戦  -2  ③東4/5  ④4位/22900 ⑤-47 ⑥0/0/0  ⑦Ⅰ
 25 ①6/23 ②東/一般戦  -1  ③東4/4  ④2位/23900 ⑤+14 ⑥1/2/0  ⑦Ⅰ
 26 ①6/23 ②東/一般戦  -2  ③東4/5  ④2位/21900 ⑤+12 ⑥1/0/1  ⑦Ⅰ
 27 ①6/24 ②半/喰無/赤0/ -2 ③南4/10 ④3位/23100 ⑤-22 ⑥0/1/7  ⑦Ⅰ 
 28 ①6/24 ②東/一般戦  -2  ③東4/5  ④1位/41000 ⑤+61 ⑥1/0/1  ⑦Ⅰ
 29 ①6/24 ②東/一般戦  -1  ③東4/4  ④1位/38700 ⑤+69 ⑥2/0/0  ⑦Ⅰ
 30 ①6/24 ②東/一般戦  -1  ③東4/5  ④1位/50200 ⑤+80 ⑥2/0/1  ⑦
 31 ①6/24 ②東/一般戦  -2  ③東4/6  ④2位/24000 ⑤+14 ⑥0/0/2  ⑦Ⅰ
 32 ①6/25 ②東/一般戦  -2  ③東4/4  ④3位/20500 ⑤-35 ⑥0/0/1  ⑦Ⅰ
 33 ①6/25 ②東/一般戦  -1  ③東4/5  ④1位/32100 ⑤+52 ⑥1/0/0  ⑦Ⅰ
 34 ①6/26 ②東/一般戦  -0  ③東4/6  ④3位/22700 ⑤-7 ⑥1/1/1  ⑦
 35 ①6/26 ②東/一般戦  -1  ③東4/7  ④3位/23300 ⑤-17 ⑥1/0/0  ⑦Ⅰ
 36 ①6/26 ②東/一般戦  -1  ③東4/6  ④2位/32200 ⑤+12 ⑥2/1/0  ⑦Ⅰ
 37 ①6/26 ②東/一般戦  -1  ③東4/6  ④4位/18600 ⑤-71 ⑥0/0/1  ⑦Ⅰ
 38 ①6/26 ②東/一般戦  -1  ③東4/6  ④2位/30300 ⑤+20 ⑥3/0/0  ⑦Ⅰ
 39 ①6/26 ②東/一般戦  -2  ③東4/8  ④1位/34400 ⑤+64 ⑥2/2/0  ⑦Ⅰ
 40 ①6/26 ②東/一般戦  -1  ③東4/4  ④1位/30700 ⑤+61 ⑥1/0/0  ⑦Ⅰ
 41 ①6/26 ②東/一般戦  -0  ③東4/4  ④4位/17300 ⑤-73 ⑥0/1/0  ⑦
 42 ①6/26 ②東/一般戦  -1  ③東4/6  ④3位/23700 ⑤-46 ⑥0/0/2  ⑦Ⅰ
 43 ①6/26 ②東/一般戦  -3  ③東4/4  ④3位/18500 ⑤-37 ⑥0/0/0  ⑦Ⅰ
 44 ①6/27 ②東/一般戦  -2  ③東4/7  ④4位/-6000 ⑤-96 ⑥0/2/1  ⑦Ⅰ
 45 ①6/27 ②東/一般戦  -2  ③東4/5  ④3位/19000 ⑤-16 ⑥0/0/1  ⑦
 46 ①6/27 ②東/一般戦  -1  ③東4/4  ④4位/25000 ⑤-45 ⑥0/0/0  ⑦Ⅰ
 47 ①6/27 ②東/一般戦  -2  ③東4/4  ④4位/23000 ⑤-47 ⑥0/0/0  ⑦Ⅰ
 48 ①6/27 ②半/一般戦  -1  ③南2/6  ④1位/66200 ⑤+86 ⑥4/0/2  ⑦Ⅰ
 49 ①6/27 ②半/一般戦  -0  ③東3/5  ④1位/44500 ⑤+65 ⑥1/1/0  ⑦
 50 ①6/27 ②東/一般戦  -0  ③東4/4  ④3位/23400 ⑤-7 ⑥1/0/1  ⑦

 合計 
 対局数合計:50(内訳…東風戦:44/半荘戦:6 割有:2/割無:48) 
 順位…1位:11 2位:14 3位:11 4位:14(飛び:2)
 和了数:52 放銃数:23 流局数:33 
 平均値  
 通算平均順位:2.48  平均局数:東4、南2/5.2  最終点棒:25554
 最終得点:-0.82  和了率:1.04回  放銃率:0.46回(人)
 最高和了点:24000  最高放銃点:36000

 累計
 対局数:300  順位…1位:78 2位:92 3位:75 4位:55(飛び:15)
 和了数:544 放銃数:254 流局数:377
 累計平均値  
 通算平均順位:+2.36  最終点棒:26121  最終得点:+3.3
 和了率:1.81回  放銃率:0.85回(人)
 最高和了点:34000  最高放銃点:36000
 
 あまりの不快対局者の多さに、もう残り20試合ほどは、完全に消化試合と化した。
 25試合終了時、このサイトは2度と行脚設定にしないことを決定!
 このサイトが、行脚としてはふさわしくないと判断した理由は、以下の4つである。
 1、ゲームプログラムに牌の偏りが多く、不自然なツモが連発する。
 2、対局者があまりにも麻雀を知らない者が多い…不快対局者ばかりであった。
 3、ルールが行脚向きではない。
 4、音声に統一性がなく、グラフィックに改善点が多い。

 1はおそらく、麻雀をあまり知らない、初めてゲームする初心者でも楽しめるように、上がりやすくなっていると思われる。ダブルリーチや早い順目でリーチになるほどの牌の流れがあまりにも多く、また、東風戦が基本系統のため、早々に「運のみ」で体勢が決まる試合が頻発した。
 私がその恩恵を受けたこともあったが、実力で勝ちたい行脚設定には不向きな麻雀場であった。
 2は麻雀をあまり知らない初心者がとにかく多かった。守りもしないし、ゲームを壊すような鳴きや喰い換え、カンも、ゲーム性を考えもせずやる者が多く、まともな勝負にならない。自分さえあがればいいとしているユーザーの多さに、真剣勝負を求められなかった。
 自分が対局で不利になると、接続は切らないものの、放置にしているらしきユーザーも目立った。このサイトでは、他のゲームと同時立ち上げができるようなので、他のゲームをしながらやっているユーザーもいると判断。相手としては、私の求める者ではない。
 3は無意味に高得点になるルールが多い、また30000点返しではないので、規定局が終了した時点で順位が確定する。他に、基本ルールで焼き鳥もあるので、守りに意味がなくなる。点棒が残っていても、ポイントで順位が決まるため、不自然な順位になることが多かった。例…25000点、点棒移動はまったくないが、焼き鳥のせいで、ポイント最下位で4位など。
 4においては、ユーザー選択性でいくつかの音声があり、基本形の音声以外、あまりいいものではなかった。鳴きや上がりなどで聞いていると不快な音声も多く、それを選んでいるユーザーとの対局が、精神的によくないと判断した。
 グラフィックでは、牌の入替表示が出来ないので、相手がテンパイなのかがわかりづらかった。
続きを読む


CL

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

Counter/FC2

アクセス

無料カウンター

プロフィール

栗林あや

Author:栗林あや
いらっしゃいませ。
くりあや交遊録へようこそ。
ブログ管理部、本家代表です。
私は、設定上は女子大生ということになっております。
その正体は、ふふふ…秘密!
もっとプロフで少しわかるかも?

もっとプロフィール

リンク

このブログをリンクに追加する

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

参加中2

【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)

参加中3

DHCオンラインショップ
セシール

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

テキスト広告(CP)集

① きゃばきゃばが熱い!
② リサイクルなら【ブランカスタ】
③ 電話占いで貴女の悩みを解決
  
 
 
 
 

バナー広告(US)集

 
 
 


オークションならビッダーズ 

クチコミLINK



16 目的別で探せるハーブティー専門店「ハーブスタイル」
15 お歳暮なら全国無料配達のダイエーネットショッピング!
14 引越し料金を業者ごと比較・見積り
13 顧問弁護士をお探しなら法律事務所オーセンスへ。
12 弁護士 転職は弁護士ドットコム転職ナビへ。 
11 緑屋情報システムの「流通 SAP 求人」 
10 自己破産の無料相談ならオーセンスへ 
9 楽に新婚旅行に行くなら『世界のおみやげ屋さん』を賢く使ってGO~! 
8 安心の保証付!中古車を買うなら全国500店舗展開のTAXで 
7 【モダンアジアン】a.flat家具ソファベッドテレビ台! 
6 民事再生の知識と手続きはリーガルハンズへ 
5 中古パソコン販売のぱそすた「パソコン倶楽部」・中古ノートパソコン大特価中! 
4 任意整理の知識と手続きはリーガルハンズへ 
3 国内最大級のデザイナーズ家具インテリアショップ「リグナ」 
2 携帯アフィリエイトなら広告数No1のSmart-Cがおすすめ 
1 コンタクトレンズの通販サイト

アウトパーツ1

OMC -12/20

アウトパーツ2

アウトパーツ3

アウトパーツ4

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。