くりあや交遊録-本家
あぁ…意味もない駄文なり。日記・クチコミレビュー・ネットゲームなどにおける私の思考や言動を書き連ねてます。 ほとんど長文なので、ひま~な人だけ読んでやってください。
09 | 2007/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の麻雀道 その六
  
  

 以前に公開したその伍から、かなり久々になってしまいましたが、今回はコレです。
 この文もドキュンブログにて2007年5月に公開したものです。こちらに移すにあたり、一部修正してあります。
 広告は諸事情により、すべて差し替えております。

 前回から、戦術的にどちらかといえばしたほうがいいことをとりあげてます。
 今回もその中のひとつ、私もやってる「ベタ降り」を書いてみます。
 知ってのとおり、ベタ降りとは、上がりを完全に放棄し、相手に振り込まない(ロン上がりされない)ように打つことです。俗に「降りる」と言われ、まだ上がりを諦めていない回し打ちとはまた別モノ。
 今回の私のここでの定義は、仮にテンパイであってもそれを崩して、絶対打ち込まない=自分の捨て牌ではロンされないようにすることを指します。
 私は相手のツモ上がりは、ある程度仕方ないとするので、降りていようがいまいが、ツモられたなら、まぁ諦めはつきます。でも自分の牌でロン上がりされるのは、とにかく悔しいタチなんで。降りているときには、とかく切る牌を慎重に選んでいます。
 現物があれば問題ないのだけど、いつもいつも現物ばかりでもないしねぇ…リーチ者に警戒して切っていったら、他家の闇テンにロンされたということも(>_<)

 オマケに私の場合、クリックミスなんてのをたまぁにやらかすので、降りていても「あちゃ~」ということはよくあるんですよ。降りてる意味ネェぢゃんって(笑)
 間違えて右クリックでそのまま当たり牌ツモ切りドカーンとか、本来の現物の隣を切ってドカーン…そんなことはしょっちゅうです(T_T)相変わらず変なところで勝率を下げている私なのでした。
 あとは稀にですが、我が愛しの「奴」名称、コタロー…のせいでドカーンということもあります。家の中では、奴は比較的自由だからね。

 降りているのに放銃すると、これがまたへこむんですよねぇ。
 まぁとにかく降りていればまず現物、そしてスジと呼ばれる牌を切っていくことになるんですが、現物でないときは、スジだと思って切ったら、意外とカンチャンやらド単騎に見事にクリーンヒットすることもありで、そーするとこれがまたイタイんです。
 10000点以上移動クラスなら、その時点でほぼ私の負けは確定です。

 それでも私は、やっぱりドラが見えてないときの他家のリーチとかには、どうしても降りがち。最終の僅差バップ勝負や、満貫ツモ以上でトップ確定などの条件がつくような場合なら別として、オーラス時トップだけど、ちょっと上がれそうでないとか、私以外全家リーチなんかならば、もう無理はせずほぼ全面的に降りるかな。あとは13順目あたりでもまだ2シャンになってなければ、降りる方向で行くでしょう。それと、やたらとカンドラが増えてる場でも、あまり無理はしません。これがけっこういろんなサイトで多いんですよね。
 私は振らないことは、麻雀において大きな意味があると考えているので、状況次第で降りるか否かを考えていってます。

 もちろん降りてばかりでは絶対に勝てないこともわかってますから、攻めるときは突っ張っていきますけどね。ドラを多く抱えたなら、親がリーチしてようが攻めます。もちろん回し打ちですが…高得点期待のめくり合いなら負けても後悔はしないし、場合によっては、あえて危険とわかっていても、それを切れば満貫以上テンパイなら、「お願い通って」と祈りを込めて切ることもある。まぁたいていはアウトですが…(笑)

 あとはたまに、降り打ちをしていたら、運良くテンパイにということがある…そーするとこれがまた悪魔の囁きが入るんですよ。うむぅ、この危険牌を切ればテンパイ維持、バップ払わなくていいぞ~って…
 でもやっぱりそういうときは、ほぼ間違いなく当たりですよ。私のこれまでの経験上はね。このテンパイの誘惑に勝てるか否かもまた、麻雀に勝つ上で大きな意味がある気がします。

『状況次第では降りることは勇気!テンパイを蹴ってでも、相手に振り込まないこと』
 私の麻雀はまず「振らないこと」、これを心がけていますから。

 やっぱり守備は私にとっては大きい戦術、上級者と渡り合うには必須だと思う。
 あとは私としては、もう少し闇テンを見抜けるようになりたいところ。そうすれば、今よりはいくらかマシになりそうです。
 けっこうリーチにビビって降りてばかりということもあるから、なかなか連続上がりもできてないし、中途半端に上がって守り勝つなんて、虫のいい麻雀をやっている。
 こんな打ち方だから和了率がどこもあんまり上がらないんだなぁ…きっと(爆) 
 あ、あとはオーラスでアガラスをしないためにも、降りることはありますね。
 でもこれからも守らない麻雀はやるつもりはないよ…リアルで勝つには、絶対必要ですから。
 
スポンサーサイト
パチ、全国行脚 33thリザルト
 

 とうとう全国行脚33番目の都道府県まできました。
 残っていた関西方面です。まずは兵庫県…頑張れヴィッセル神戸!…関係なし(笑)
 
 近々新台がリリースされるようなので、これからスペックなどなどを検討していきます。
 残り14府県とミリオネール号でどうするかを思案中です。
 そして、この行脚の終了時期というのも年内か、年明けぐらいになるか微妙になってきています。たぶん今年中は無理な気もしていますがwww
 来年は来年で、この行脚が終わったときにまた新企画は考えてはいます。
 フィッシングの行脚も考えてはいるんだよね。
 もちろんどうなるかはまったく未定ですけど(-_-)
 今回からテーブル表での表記はやめました。どうもうまくいかないので…

 次は滋賀県にて挑戦、時間、日付、各不定期に出没します。
続きを読む
移転の理由のひとつ!カウンター…
 ブログにおいて、目に見える来訪者の数字…アクセスカウンター。
 ここでは、FC2カウンターが活躍している。
 以前、このブログ(くりあや交遊録-本家)を移転させた理由をいくつか書いたのだが、実はここへ移転させた理由のもうひとつが、これでもあるんです。
 あのブログには、カウンターが設置できませんでした。ブログ自体にそのサービスがなかったし、外部プログラム(パーツ)も付けられなかったから。
 ブログのアクセス統計は、自分の管理ページで見ることが出来ましたが、私としてはブログから目に見えて来訪の数字が出せる「カウンター」が、ブログ画面にはどうしても欲しかったのです。
 現在私が運営しているブログは、ゲームサイトのもの(fc1とfc2)以外、すべてカウンターが付いています。カウンター設置は、私のブログ運営でのこだわりでもあります。
 その理由については、ここでは割愛。いつかまた機をみてお話しましょうwww
 先のブログでは、いろいろと努力してみましたが、元からそういう作りではなかったようなので、結局カウンターの設置は断念。歯がゆい思いで、ブログを運営していました。

 で、いくつかの要素が重なった末、移転…なら今度は、ブログにカウンターが設置できるところへ…なるべくおしゃれで素敵なデザインのカウンターがあるところにしよう。そしてそのカウンターをブログへ設置しよう…という決断を。それが今年8月のことでした。
 その際に、前から目をつけていたのが、他者のブログ使われていたFC2カウンターでした。
 多くの人のブログに付いていて、その頃からおしゃれでいいデザインのカウンターがたくさんあるなぁとは感じていたんです。
 だから、次に自分が設置するなら、ここのカウンターにしようとは常々考えていたわけです。
 最初はちょっと設置にトラブりましたが、現在は無事に問題なく設置しています。

 実際に使い始めて、およそ2ヶ月が経ちました(ブログ設置当初から使っている)が、ここのカウンターはいいですね。
 何がよいかというと、まずその数の多さ。
 携帯にも対応した、デザインが業界最多3000種類以上の豊富なカウンターですから、正直私はいくつも使いたいものがあって、逆に迷ってしまったぐらいです。
 シンプルで、かつちょっとかわいい系のデザインで、なるべくオリジナルな感じのものを使いたい…という観点から、現在のものを使用していますが、実はまだまだ設置したいデザインのものはあった。
 あまりちょくちょく種類を変えるものでもないので、今のところはいじってませんが(笑)

 そして、設置も簡単でした。とくに細かな作業が必要なこともなく、管理画面から楽々と設置できました。いろんな人が使うなら、操作は簡単でないとね。多分ブログやっている人の中には、HTMLソースなんてわからないって人もいるだろう。
 もちろん私はそういうカウンターも設置できる(実際このブログにはもうひとつ、全アクセス用に外部カウンターが設置してある)けれど、ブログ利用者の中には、そういうのが出来ない人もいますからね。
 初心者でもカンタン操作で、わかりやすい簡易アクセス統計グラフつきは魅力。私もたまに管理画面にアクセスはしますけど、それも使いやすくてGOODですよ。
 ちなみにここでは、FC2カウンターは同一者カウントをしないタイプ、別ページにある外部カウンターをそれではない全アクセスカウンター(アクセス)として利用しています。
 後者カウンターは、HTMLなどのちょっと細かい作業が必要、難易度が多少あります。

 そしてもうひとつの魅力は、完全オリジナルを作れること。 
 用意されている3000種以外にも、自分でデザインしたオリジナル画像を、それ専用の「Myカウンター」として登録が可能!
 さらにそれを自分のブログやホームページで使うことができるんですよ。もちろん他の人に使ってもらうことも出来ます。
 今後は私としては、これに挑戦してみてもいいかなぁとさえ思ってます。

 いずれにせよ、かなり使い勝手のいいカウンターなので、ひとまず使ってよかったなぁとは思っていますね。
 本当は分家fc3ででも使いたいのですが、それはそれでまた…いろいろと、問題がおきそうなんでねぇ(笑)無理っぽいです。
 今しばらくは、現状維持でいきます。

 R・U・I☆Blog-No.H011#PBA(C)/FC2カウンター-FC2
くりあや交遊録、現在の運営形態
 
 
 

 最近は移転文と口コミレビューばかりをやっていたところがあるので、久々にちょっと日記でも書こうかな。
 といっても、近況報告になるだけなのだが…
 現在私(栗林あや)が運営している「くりあや交遊録」は、この本家以外に分家として6か所がある。事実上運営しているのはそのうちの3つだけ…ひとつは閉鎖した。
 メインとしてこの本家があって、他にたまにここで行っている口コミレビューを軸とした分家fc3(営業録)を2大柱として運営。それ以外に不定期だがちょくちょく更新を行っている分家fc5(アダルト)と、何か気まぐれな感じでハンゲームの中で更新をしている分家fc1(ハンゲ)、そしてここが移転してくる前まで本家として運営し、現在は記事の移転終了とともに名称を変更する予定の、分家fc6(仮本家)がある。
 今のところ記事がUPされているのは、本家とこの4分家だ。それ以外に管理ブログとして、ゲームチューというゲームサイトに作ったfc2(チュー)があるが、まったく記事も書いておらず、いつでも閉鎖していいと思っているのだが、それすらもせずいわゆる放置状態だ。
 よって、現時点ではここと、fc3、fc5の三ヶ所で今ところ運営しているといっていいだろう。
 実際、それ以外の分家では、記事のUPはほとんどない。
 ていうか、できないし必要ないんだな…記事の内容として、成人向けはfc5しか出せないし、今はゲーム記録などはすべてここで事足りる。アフィリエイトもこことfc3で十分だし、ゲームサイトのブログは、そのサイトのゲーム以外の記事は書きづらい。
 そして、口コミレビューもfc3とたまにここでやる程度で十分だ。内容が成人向けであれば、fc5に回せばいい。そもそも成人向けのレビューは、通常のリリースサイト(プレスやブロモ)ではまずないしね。
 他もほとんどない…大体あるとしたらおかしいんだよね。ブログ記事などが成人向けのブログであった場合、リリース掲載お断りってしてるくせに、広告内容が成人向けのゲームやサイトなどとかって矛盾してねぇか?サイトによってはたまにあるんだけどwwwもちろん私はそういうレビューは一切fc3もここもやってません。
 fc5が登録可能(複数持ち)であれば、それも考えていたけど、今はどこも1リリースサイトにつき1ブログしか認めてないみたいなので、それのメイン登録はやはりfc3になってきます。
 ここは登録が複数できるところのみ、やっています。

 今後もこの感じは続いていく感じなので、fc2に関しては閉鎖の予定で、どこかの分家を新たにfc2として名称変更する可能性はある。でも今のところは未定…
 fc3のレビュー1記事はおよそ1本あたり1~3時間程度かかる。パソコンに向かってばかりでも、疲れるしよくないから、間に適度に休憩を入れる。のども渇くしね。
 こちらのもレビューは同じで、移転記事に関してはコピペを使って、まずは記事自体を移し、それから手直し作業に入る。問題があった場合は、修正を加え、広告を掲載して改めて出すことになる。新規の記事であれば、レビューと同じぐらいの時間にはなるが、それよりも実は、広告の設置に意外と時間がかかる。
 必ずこのブログでは1記事につき、最大4種の広告があるが、これの選別がかなり大変だったりするんです。以前(ドキュンブログ時)は適当に選んでいたが、このブログでは、ある程度読み手の世代を意識した広告を出している。例えば麻雀では成人男性系、日記系だとわりと女性向けになっている。それ以外のゲーム記録系では、幅広い世代や、中高生も対象に出来る広告にしています。レビューに関しては、可能であればその広告を掲載し、できないものは広告はつけておりません。

 一部では成人男性向けの広告も解禁してあるため、多少の誤解があるとは思うのだが、あくまでもリンクのクリックは自己責任であるとしているのと、このブログの読者は、思っていた以上に年齢層が高いことがわかりました。読んでいるのは、けっこう成人の方が多いようなのです。そのため、成人向け(18歳未満禁止)対象の広告も、それの記事では出していこうという決定に至ったわけです。
 そもそも、ブログ本文においては、18歳未満が閲覧できないものではありませんし、そういう広告先もほとんどが18歳未満は利用できないため、クリックしたところで無駄である!としています。
 fc5へのリンクも開放したのですが、本文の閲覧にはパスワードが必要で、それがわからなければまったく何も出来ません。
 パスワードは私がメールで各個人に教えておりますので、他者からもたらされることはまずないでしょう。教えた方以外のアクセスがあった場合、パスワードは変更しています。
 fc5の入室方法は2通りあり、厳しい条件になっていますが、それでも知りたい方はお問い合わせください。
 なお、原則としてパソコンアクセスのみの対象であり、携帯でこのブログを閲覧の方には対応しておりません。

 fc5も長文のオリジナル読み物がメインになっております。
 主に体験談や小説になっているので、ネタ(記事)のアイデアが浮かんだときに一気に書いていく方式をとってますから、やれるときにけっこう一気にやっている感じ。
 だから、あそこは出るときは定期的に連発するけど、出ないときはしばらくまったく変化なしということもある。波があるんですねぇ…
 一応、男女ともに読めるようなエロスなブログに仕上げているつもりです。
 現在5本の新作を作っていて、来月に仕上がったものから、順次公開していきます。
 その合間にfc3と、1日1記事でここをUPしているという現状かな。
 fc3が最優先になっているので、リリースが入ってきて、書けそうなものであれば、すぐさまそちらに切り替えて処理、それから1日1記事分のここのを処理して、手が空けば再度fc5をといったところです。

 仕事はやっつけな感じで週2~3日夜にこなし、その合間に寝て起きてブログ、それを繰り返している毎日。特にどこかへ出かけることもなく、ほとんどひきこもりな生活。
 出会いなんてまるでなし、枯れてきてるぞぉ…潤いたいなぁ(笑)
 あとは…実は今、親との同居を考えてます。実家に戻るのではない同居です。
 ちょっと今はまだ話し合いの段階なので、何ともいえない状況ですけどね…これはまた、決定したらここで発表します。
私のUNOルール…
  

 今回はカードゲームUNO(ウノ)のお話。
 現在ネットゲームでは、このUNOができるのは、ハンゲームだけのようですね。
 私はいろいろなところに登録して、いろいろとやってますけど、他ではこのゲームは見ていません。
 トランプと麻雀ならどこでもあるのにねぇ…大富豪とか、7ならべとか。
 著作権的な問題でもあるんでしょーか…ま、どーでもいいですけど。

 最近のハンゲームでのUNOの交流部屋では、ほとんどが公式ルールではなく、オリジナルルールで部屋を作っているため、主にオプションで
 ①2枚出しあり(同じ色で同じ種類のカードのみ2枚同時に出せる)
 ②ドローチェーン、ドロー返し
 ③シークレット
 ④文字上がり禁止
がハンゲームでの交流部屋の基本ルールのようになりつつある。
 この他にそれぞれの部屋で、「2枚上がり禁止」と「必ず残り一枚でコール」(UNOは元々がこの残り1枚でのときにUNO宣言をすることが義務ルールであるのだが、最近これを守らないフラチ者が多いようで)と部屋名にまでつけているところがある。
 私はどの部屋に入っても、必ず
 ①残り1枚では必ずUNO宣言はする。たまにし忘れてしまうことがあるので、コールを忘れたかもしれないと思ったときは、上がれても上がらない。
 ②いかなる状況でも、2枚上がりはしない。部屋が許可ルールで、2枚同じカードを手に残しても、1枚ずつ出して上がる。
 ③最低限必要なチャット以外はしない。「おめでとう」とか「ありがとう」などの挨拶はしないようにしている。←これは麻雀ゲームのときもしません。たまにエモーショナルチャットでいくつかの表情を出したりはしますけれど…E-CHA.jpg(これ)
 たまにチャットしまくりの部屋があるのだが、あれもどーかと…そういうのが好きな人ならまあいいんでしょうけど、私はどーしてもあのウィンドウに文字が入ってくると、一瞬そっちに気が行ってしまって、集中力が切れるんですよね。
 やめて欲しいとは思わないまでも、あまりにもだだーーっと窓に文字が羅列されると、何だかゲームよりそっちばかり気になってキツイ(>_<)
 最初の「よろしく」程度のものなら最初にみんながしたらする(それも時と場合により)で、終始私は無言が多い。ヘタに何か発言すると、トラブルになることもあるので、質問されて解答を求められたとか、何か私が言わなければならない状況でないのなら、一切無言で通しています。その方が無難でもある。最近は暴言やら、サクサク切れだの、いろいろと発言をめぐる問題も多いみたいで…
これを必ず実践している。
 そして、プレイ人数3人以下の部屋には入らない。前はそれでもやっていたのですが、最近は3人以下の部屋には自らあまり行かないし、その部屋へは誘われても行かないようになりました。
 私は勝率や称号、ポイントにはこだわっていないため、面白くないゲームはしたくないのです。このゲームは人数が多ければ多いほど面白く、特に最大である8人ならば、あえてそこへ自ら行くこともあります。
 当然ながら、人数が多いほど勝てる確率は下がるのですが、やっぱりそっちの方が面白いですから。
 2人や3人だと文字カードのSKIP.jpgRev.jpgがほとんど意味がないカードになりますし、WildD4.jpgの価値も下がってしまいます。


 私は、自分がなかなか上がれないのを、何とか工夫や駆け引きしたりし、相手の上がりを阻止するのも楽しいので、カードにそれぞれの価値があるゲームをしたいのです。
 今のところ、これが私のウノルールってとこですね。
 ちなみに現在、週に1回はやっているので、もしどこかのロビーでお会いすることがあったら、ぜひ一緒に遊びましょう。

 ※このブログ文はドキュンブログで2007年5月に公開していたものです。こちらへの移転に伴い、一部を修正。広告を差し替えております。文中に使用の画像はすべて私がゲーム中にキャプチャーしたものです。
 
絶不調…いや、これが私の実力か!
 

 先日のゲーム記録を…
 天鳳サイトにおいて、私の麻雀史上初の6連敗を喫した。
 3位、4位、4位、4位、4位、3位…Rも200近く下げてしまった。階級は1級のまま、もし有段であったら、間違いなく降格してるところです。
 ここまで勝てなかったのは、私がネットで麻雀を始めてから過去に例がない。
 しかしこれは、私の腕が未熟だから以外のなにものでもないだろう。

 相手もルールも全部違うのだが、これだけ勝てないというのもなかった。
 よくて3連敗まで。4回目には勝ってた(1位か2位をとってた)からね。まぁ1日5ゲームというのも、あまりやってないんだけど。最近は1日最大でも3ゲームが多かったかな。最初の3位は前日のもので、4位4回と3位がその日のゲームです。最後の3位で、これは今日はダメだと思ってもうやめて寝たので。
 これだけ連敗した記憶は、過去麻雀の全サイトを通じてありません。

 ただ、私は知っている。私の麻雀は、これまでほとんど運で勝っているのだと。
 誰かが言ってたな、麻雀は勝てるときは運、負けるときが実力なのだと。
 これまで運だけで1級まで上がったが、化けの皮がはがれたといったところでしょうか…
 これが、この記録が、本当の私の実力なのでしょう。
 6連敗中はまったくといっていいほど上がれてないし、上がっても大した得点にもならなかった。先制リーチしても、追っかけとめくり合い負けばかり。いい手が入ってこっちが追っかけていってもやっぱりめくり合いに負けてた。他には副露組との競り負けが目立ったかなぁ。
 この6連敗で放銃率も0.4%上がっちゃって、それまでの11.4%から11.8%までになってしまったわ(T_T)
 副露は変わってないが、和了率が2%以上減、18.7%まで下がった。リーチ率は20%前後横ばいです。

 私はある程度自分の麻雀というのを持っていて、それを信じて打っている(それは私の先生が教えてくれたものです)ので、勝てなくても仕方ないかと思う部分はあるんですが、ちょっとここにきて信念が揺らいでいる。勝とうが負けようが、私は自分の信じる麻雀を変えるつもりはあまり考えてない。この麻雀で、頂点を極めてみたいし、あらゆる場であらゆる相手と対局していきたい。これが通用するしないは、問題ではないのです。けれど、ここまで負けるとねぇ…
 ちょっと迷走しているなぁというここ最近の成績。連勝があまりないし、いつぞやのラス親のまくり勝ち以降、1位をとっていないんです。
 あれ以降、2勝9敗、1位なし、2位2回、3位3回、4位6回ですからねぇ。ちなみにそのうち、私が飛んで終了が3回ですよ。
 やっぱり私の麻雀レベルなんて、しょせんはそんなもんでしょう。

 本当に強い相手には、通用しないようです(爆)
 私の先生は、強い人なんですが…

 このブログ文は2007年5月にドキュンブログにて公開していたものです。
 こちらに原文のまま移転させてあります。当時の記録なため、現在とは階級や記録が変わっています。ちなみに、ここへの移転時の階級は二段、和了率19.5、放銃11.3、副露15.5、リーチ率20.2、各0.2前後のパーセント。少しは腕上がってるかな?広告は事情により差し替え。
 
パチ、全国行脚 32thリザルト
 

 全国行脚32番目の都道府県です。
 32番目は広島です…頑張れ広島カープ?ってもう今年は終わってますがwww
 プレイ日、2007 10/10~10/19
 都道府県-広島県 総合リザルト

 この都道府県では初めての珍事…ルール規定上での-500発以外での負けというのを記録しました。
 負けた理由は制限時間切れです。
 この行脚では、-500発までの間は、回転数はいくつでもかまわないので、たまーにすごく回る(デジタルが回転する)マシンに出会うことがあるんですね。まぁほとんどが当たらないんですが(笑)
 今回はそれに当たったのです。
 毎日ログインしてやっていた頃に比べて、ややきついです。
 でも、残り16府県、のんびりですがやっていきます。
 次は兵庫県にて挑戦。時間、日付、各不定期に出没します。

 今回、ちょっと書き方を変えてみました。
続きを読む
私の麻雀道  その伍
 
 

 前回までルールが許してもしないほうがいいことをテーマにしてきた。
 そこで今回からしばらく、戦術的どちらかといえばしたほうがいいことを取り上げてみます。
 最初のテーマは『リーチ』です。
 この場合のリーチとは、当たり牌が最低1枚以上どこかに残っており、ツモまたはロンにより上がることができる状態でのテンパイで、供託に1000点を払って行うことを指します。
 チョンボや当たりナシの空リーチと形式聴牌は除外。

 私の麻雀はメンゼン派、したがってリーチもそれに付随されるわけですが、知っての通り、リーチにはメリットとデメリットがある。
 それについては、今更私がここで書く必要はないでしょう。
 もちろん、条件によってはダマでいくべきときはあるわけで、何でも即リーというわけではない。
 ここらへんは、また細かい話になるので、また機会があればってことで…
 今回はリーチそのものについてですから。
 あくまでも、私がするべきか迷う場合においてどうするか、そしてされた場合にどうするかということなんです。

 で、私の場合は、迷ったときは基本的にリーチをするってことかな。
 ほとんどのサイトでデータ的には、私の成績のリーチ率は20%前後だから、わりとリーチする方ではないかと思ってます。
 上がっても安いが、先手ならばリーチをするのは、私の基本スタイル。
 放銃を恐れてリーチしない麻雀ではないつもりなので。
 私の麻雀は、喰いタンと後付けをほぼ全面的にしておりません(ドラの数などによっては、前者はやれる場合はする)ので、リーチかツモでしか役をつけれないことがたまにあるわけです。
 これはあらゆる麻雀場で打つことや、マナー的に他者に嫌がられない打ち方としては良いと思ってます。完全先付けルールでも勝負できるしね(^^)
 後付けでしか私に勝てないようでは、私よりもっと上手い奴には勝てないと思うよ。
 私を上回る実力を持つ者は、やっぱりよく見ると、同じように基本的にメンゼンスタイルで、リーチをしてくる人が多いですよ。
 リーチはメンゼン者のみにある手ですから、これの機会も、鳴き麻雀の者よりは多いでしょう。私もそうなってくることは、当然というよりは、必然ですね。
 メンゼンで作っていくことは、役を作る、手を作るという麻雀ゲームの楽しさの本質に近いところはあると、私は思っている。

 そうやって手を作り、私がリーチする部分には特に問題はないのですが、困るのは私よりも先にリーチをかけられたとき。
 他家(特に親)のリーチには、私は一瞬手が止まる。
 「リーチ」・・・さぁ困ったぞ、先制されたかってね。
 私は染め手以外はまぁまず手を読むなんてできませんので、現物以外はすべて危険牌候補。他に分かるのはせいぜいタンヤオと、国士ぐらいかな(笑)
 そこからは今度は回し打ちに。うまくいけば勝負の局面を作れるが、たいていはこっちが掴んじゃうのよねぇ…不要牌として。
 特に流れがないときなんかは間違いなく掴む。
 両者リーチや、上がれば満貫以上の戻れない鳴きテンパイ時での、めくり合いで負けたなら、諦めもつくんですけど。
 リーチはいわゆる放銃の最大リスクを負った上での勝負ということですからね。
 副露組やダマ者にどうしても弱い。私はかなりダマテンにはいつも苦しめられている。
 ま、裏(ドラ)が乗ってこない分、それで負けても相手のほうが上手なだけなんで、不快さはないけどね。
 中にはリーチを潰してくる軽上がりもありますから、それにも弱いですし。

 それでも私はリーチをあえてしたほうがいいとする。もちろん追っかけも含めて。
 私が考えるリーチの最大のメリットは、「相手にプレッシャーを与える」ことにあると思っている。
 防御を考えて打っている者には、他家のリーチはそれだけで脅威。
 つまり前に出られるわけですね。
 追っかけも高い勝負手でしかしないわけだから、先行者に限りなく迫っていける。
 『アドバンテージはある程度大事』これが私の麻雀道のひとつなんです。
 ただ、防御無視の相手やプロレベルには通用しないんですけどね(爆)
 防御しない麻雀なんて、ゲームでしか通用しない(リアルでは必ず負ける)と私は思ってますから。

 このブログ文は、アソブログよりドキュンブログへ移転、2007年5月に公開していたものです。再移転でこちらに移すにあたり、若干の修正を加えました。
 広告は都合により差し替えです。
※当ブログでは、麻雀系ブログに関しては、読む人に成人男性が多いことが過去のコメントなどにおいて確認しており、それに対応した広告に変更しているため、一部R指定広告になることがあります。不適格者(未成年等)による広告の閲覧にご注意ください。
10000突破!新企画…
 グリコネットショップ All About スタイルストア
  
 
 おかげさまで、先日、このブログのアクセス数は10000を突破しました。
 トラエク(トラフィックエクスチェンジ)の来訪は大半が占めるでしょうが、当然それ以外の正規アクセスもあるわけですから、いずれにしても来てくれた事には感謝ですね。
 トラエクで来た来ないに関らず、全訪問者に対して、御礼申し上げます。
 本当にありがとうございます。これからも、来てもらえるようにちょい面白ブログ努力してまいります。
 数字はカウンターの実数、同一者をカウントしないアクセス(FC2カウンター)においての突破。
 このブログは、8/31よりの開設なので、2ヶ月足らずの達成でした。
 以前(現fc6)よりはちょっと遅いペースですが、これはトラエクの利用を制限してきているので、仕方がない部分はあります。
 ちなみにこの本家は、トラエクは登録は2ヶ所で、主な利用は「もっとアクセスアップ」それに対して、「ブログホイホイ」はたまに利用する程度、ほとんどが前者で多ければ1日800~1000(オートサーフ含め)程度のポイント利用。後者は200ぐらいかな。両者をあわせたアクセスを1日あたり最大で1000程度にしています。
 もっとアクセスアップでは、他に2ヶ所のブログもアクセスを担っていますから、仮にサーフで1000ポイントを稼いだとしても、ページ表示はこのブログ分は少ないでしょうね。
 いずれにしても、このブログもそうだけど、私の全ブログにおいて、トラエクはあくまでも宣伝のつもりで登録しているだけですから、それほどアクセスは必要ないのです。

 さて、5000を突破したときにちょっと企画をしましたから、今回も何か面白い企画をと考えているんですが、特に利益を無視したことをやるのもなぁ。
 一度やったことをやるのもアレだし…アダルト入場資格は18歳以上でないといけないから、未成年でもいい企画をしないとね。このブログはゲームがテーマなんだし…
 そこで、今回は絵の得意な人に向けて、ちょっと企画を用意しました。
 これから、しばらくの間…このくりあや交遊録では、バナーを作ってくれる人を募集します。
 私は絵がドヘタなので、バナーは欲しいんだけど、いいデザインのものは作れませんから。
 ここ(本家)と分家fc3(営業録)の2ヶ所のバナーを製作して欲しいのです。
 両方でも、どちらか片方でもかまいません。
 以下のルールにのっとって、バナーを製作してくれる方を募ります。
 優秀作品を作ってくれた方には、本家と分家fc3で、実際にそのバナーを使わせていただくとともに、心ばかりの謝礼と、製作者のサイト様を、このブログと分家fc3において、1記事分で宣伝させてもらいます。もちろん相互リンクも無条件で了承します。アダルトサイトの場合は、分家fc5において宣伝になりますが、fc5への入場資格を与えます。
 謝礼は500~1000円程度を予定しています。優秀作品の数によって決定!製作者の銀行口座に現金で振り込みします。

 バナー製作のルール。
 本家
 ①「くりあや交遊録-本家」という文字を入れること。本家の文字はローマ字でもOK。
 ②イラストは自由。ただし、暴力的、性的なイメージを連想させるものは不可。他、倫理的な問題があるものも不可となります。
 ③ネットゲーム(麻雀)と日記が主なテーマであることがわかるようなバナーにすること。
 ④サイズは468×60、234×60、120×60、135×45、125×125、100×100、100×60、100×45、125×31、88×31の10種類。1種類でも何種類でもOK。多い方が有利かな?同じ画像は1種類として扱います。
 ⑤ファイルタイプはGifのみ、それ以外では受け付けません。
 ⑥目に刺激を与えるような点滅系の画像にはしないこと。
 ⑦その他、不明点は問い合わせてください。

 分家fc3(営業録)
 ①くりあや交遊録-分家fc3という文字を入れること。営業録という文字は入れた方が望ましいが入れなくてもよい。-fc3の文字は、他の表記にはしないこと(すべて英数小文字)。分家という文字のみ、ローマ字でもOK。
 ②イラストは自由。ただしどこかに必ず「青」系統の色を使うこと。暴力的、性的イメージ、他、倫理的問題のあるものは不可。
 ③クチコミ、口コミ、レビューブログ、アフィリエイト系ブログであることがわかるバナーにすること。なお、「お小遣い」、「稼ぐ、稼ぎ」、「報酬」という文字は使わないこと。カナも不可。
 ④サイズは468×60、234×60、120×60、100×100、88×31の5種類。1種類でも何種類でもOK。
 ⑤ファイルタイプはGifのみ、それ以外は受け付けません。
 ⑥口コミレビューやアフィリエイトのサイト名などは使用しないこと。
 ⑦その他、不明点は問い合わせてください。

 いずれのバナーも、本家や分家fc3の内容をよく見て、それにふさわしいバナーを作ってください。また製作するつもりのない問い合わせはご遠慮願います。
 他者の画像などを無断で使用しないでください。画像は製作者オリジナルのものに限ります。
 製作して応募された画像などについては、その著作権はくりあや交遊録各ブログに帰属するものとし、くりあや交遊録と、製作者のブログのみで使用できるものとします。

 応募はすべてメールにて受け付けます。
 応募される意思のある方のみの募集にしますので、連絡先をここには表記しません。
 製作していただける方は、メールアドレスを表記し、管理者のみにてコメントするか、このブログのメールフォームで問い合わせてください。
 折り返し、当ブログ管理部より連絡いたします。
 応募された際に提示した個人情報は、この募集企画のみに使用し、本目的が終了した時点で破棄いたします。
 その他、不明点はコメントにて問い合わせてください。
 とても素敵なバナー製作をお待ちしております。


オススメMMORPG…エムゲームから
  

 このブログはゲームを主なテーマにしているので、今回はこれをいってみましょう。
 ちょっとオリジナルのブログ文は、まだ完成してないし、移転文はちょっと画像の修正Upに時間がかかってます。
 そういうわけで、今回は、新しく見つけてきたオススメのゲームサイトの紹介です。
 このブログのカテゴリのひとつ、クチコミレビュー広告(ここではR.U.I☆PBAとして扱っている)もかねて。
 サイトは「エムゲーム」。
 ここは永久無料でRPG・ライトゲームが遊び放題のゲームサイトなんです。

 その中のゲームである英雄オンラインは本格的に遊べるMMORPG
 今回は、私のPCではこのゲームはちょっと問題があってできなかったので、食事ついでに、ネットカフェでちょっとやってきました。
 その遊び心地をちょっとだけwww
 私が思った以上にいいと思ったのは、霊獣キャラクターが育てられること。ここにこのゲーム者の個性、オリジナルが出てくるといっていいでしょう。
 それ以外では、オリジナルの個性豊かなキャラクターボイス(有名声優さん)もいいですね。
 これがまたゲームにリアルさを増しています。
 
 ちなみにこのゲームを遊ぶために作ったIDは、私個人のもの(PCのスペック上、自宅プレイでは動作不安定)なので、自宅でPCをもう少しバージョンアップするとこのIDで続けられるけど、当分は無理そうなので、遊ぶのはたまに行くネットカフェでいいかな。
 ゲーム自体はなかなか面白いです。操作が慣れるまでにちょっと時間がかかったのですが、慣れてくれば問題なかったですね。やりこむタイプのゲームなので、そういうのが好きな人には向いています。
 もちろんMMORPGなので、他のプレイヤーたちとチャットしながらの楽しいゲームも展開できます。
 
 このゲームだけでなく、エムゲーム内にあるすべてのゲームが、無料会員登録をすればすぐに楽しめます!手続きは簡単ですから、とりあえず登録だけでもしてみてはいかがでしょう。
 オンラインゲームならではの協力プレイや対戦ゲームで盛り上がろう!
 他にも風林火山というゲームでは、2007/10月22日(月)までクローズドβテスター会員の募集を行っています!
 このゲームはちょっとまだやってないので、感想はまだ書きようがないですね。

 それ以外でも、私の好きなテーブルゲーム(主にトランプ)やパチンコゲーム、定番ゲームまで充実のラインナップです。いうまでもなく、これらもすべて永久無料で遊ぶことが出来ます。
 簡単に出来るゲームから、奥の深いやりこみゲームまで、なかなかのラインナップが揃っているオンラインゲームサイト「エムゲーム」で、無料のゲームを遊びましょ。
 ゲームサイトの比較をしてみるのもいいかもしれませんね。
 私なんかはこれなんですよ・・・
 こういうサイトは、比較してプレイする…そして、それぞれのサイトの良さを見つけていくのです。
 運営会社には、サービスを競ってもらうことは大事なことですよ。

 R・U・I☆Blog-No.H009#PBA(C)/エムゲーム-英雄オンライン-株式会社エムゲームジャパン
ちょ○○、ちょ○○ちょ○ぼ!
  トイザらス・オンラインショッピング
 
 私が初めて麻雀に出会ったのは小学生の時。
 テレビゲーム(ニンテンドーのファミリーコンピュータ)がウチにもやってきて、友人から麻雀のソフトを貸してもらって夢中でやりました。
 私はリアルよりも先にゲームで麻雀に出会った人間です。
 そのときは、ルールも何もなく、ただ同じ牌や数牌を順番に集めればいいだけのそれこそ絵合わせドンジャラ感覚でやっていました。
 きっと私と同じ感覚で麻雀を始めていた人はいると思います。
 それから大人になって、リアルで何度かやって…今は両方をするんですが、リアルは面子不足で頼まれたときに応じる程度で、リアルはここ数年は皆無。
 今はもっぱらゲームばかりだな、相手もそんなにいないし。かといって、雀荘へはわざわざ1人では行く気にならない。タバコがイヤだから(>_<)
 ブログの片手間や、仕事中にサボって息抜き程度にやるので、今はゲームで充分。

 そんな私が麻雀をやっていて最初に行き当たった壁が「フリテンチョンボ」でした。
 あるとき別の麻雀ソフトで遊んでいて、サクサク牌を集め、上がり表示が出たので押してみたら…
 初めのころにやってたソフトがそれを無し設定にしていたものだったため、細かなルールやペナルティを覚えなくても遊べたのですね。今思えば、これが麻雀を覚える上でよくなかったのかもしれない。
 ペナルティはありでやらないと、ミスをわかりづらくします。
 遅ればせながら、今回のテーマは「チョンボ」です。タイトルはひらがなで一部伏字ですが、あれはちょっと意味があるのでそれは最後で。
 最初の頃はそれこそ「チョンボ」という役があるのかとさえ思ってましたが、何度もやればいくら何でも気付くもの。あれ?上がりでなくてマイナス、ちと音楽もおかしい…
 そんなわけであらためて本を読んで勉強。ルールと正確な意味を知ったのは初ゲーの日から数年が経ってました。
 幼きおりは、チョンボなんて言葉すら知らなかったのよ。ああ、恥ずかしい(T_T)
 今ではすっかり熟知ですが、眠いときになどにはうっかり(爆)
 現在、ネットにある多くの麻雀ゲームでは、チョンボがありません。素人にやさしい設定ですね。
 私としては覚えたい人のためにも、チョンボをありなしの選択式システムにした方がいいようにも思えます。東風荘とインフォシークの麻雀はチョンボがあるようです。東風荘では3回、インフォシークも3回、チョンボを経験してます。前者はフリテンチョンボが1回と、ノーテンチョンボが2回…後者はいずれもフリテンチョンボ。

 私は多くの麻雀ゲームサイトで遊んだりしますが、チョンボありのでやると、回し打ちをやっていてフリテンになってることに気付かずリーチしてしまうことがあります。
 何度かゲームをすれば、ほぼ一回はフリテンになった状態で流局とかあるし…ま、フリテンを覚悟で相手のリーチに回し打ちとかもあるから、悪いわけではないけれど、チョンボがあるとついうっかりロンボタン押してしまいそうで…
 それでも、できるだけリアルに近い麻雀でしたい方だから、チョンボはありでやりたいかな。
 ただやっぱり満貫分のマイナスは、それで勝負も決まるからきついね。
 フリテンを承知で回し打っているときは、それほど気にはならないんだけどwww

 本文とはまったく関係ないけど、チョンボって某RPGゲームの黄色い鳥の名前に似てますね。チョ○ボ…あの鳥ってかわいい…のかな?
 タイトルは、某お笑い芸人(双子)のギャグ調に読んでみて(≧ヮ≦)
 …すいません(-_-;

 このブログ文もアソブログ、そしてドキュンブログからの移転文です。こちらへの転載に際し、一部を修正、新たに少し追加しました。


古着のよさ、再認識!
 
 近頃は、洋服を買うスタイルも、昔とは一変しました。
 今は新しく買うよりも、一度着古したものが人気のこともある。ユーズドを安く…というのも新たなスタイルでおしゃれ、かつ人気なんだとか。
 そういえばビンテージのジーパンなんてすごい値段がついたりもしますもんね。

 今回はそんな古着にスポットを当てます。
 というわけで、本日も書き予定ブログを変更して、こちらにします。本日公開予定だった移転用ブログ文はまた後日ということで…

 原宿ストリートスナップの鬼として業界で知られる渋電(http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/) のmumucat小山が今度は古着にハマり、そして出来上がったサイトが古着屋.jp(http://www.furugiya.jp/)というそっち系が好きな人にはたまらないサイト。
 ここは全国のリアル古着店から、ネットで古着が購入できるショッピングポータルサイトで、 ショップのスタッフとブログで会話したり、試着姿でビデオに登場してもらったり、コーヒー片手に楽しんで古着のショッピングができます。
 つまり、パソコンの前にいながら、本当に古着屋で買い物をしている感覚になれるんです。
 かつてより古着にはまっている人はもちろん、古着が最近ちょっといいかもと思っている人や、これを機にちょっと古着も見直してみようかという人も、一度見てみていいんじゃないでしょうか。
 会員登録は無料、商品の配送料も無料です! 現在、オープン記念として古着プレゼントも毎月2回開催中です。けっこうお得な感じですよねwww
 11月からU.S.Aの古着屋さんからも購入できる様になります…このあたりはネットの強み…
 もっともっと古着のよさが出てきそうですね。

 ちなみに私は、あまり古着には興味がなかったのだけど、このサイトを見たら、ちょっと古着もいいかなって思えてしまいました。
 けっこういいもの揃ってますし…やっぱりおしゃれな人というのは、服の新しいとかは関係なく着こなせるわけですから、私もそういう人になりたいですね。

 R・U・I☆Blog-No.H008#PBA(C)/古着屋.JP-有限会社東京デザインオフィース

情けない上級者たち!

  
 


 最近ネットで麻雀をしていると、ちょっと思うことがある。
 ほとんどすべての麻雀サイト、ゲームサイトの麻雀場において、情けない打ち手が多い。
 どう情けないかというと、麻雀のゲーム性というものを知らなさすぎる。
 麻雀の質がその人の持っているクラスに合っていない奴が多いのだ。
 ゲームを壊すような鳴きをしたり、牌を絞りもせず危険牌どんどん切ってみたり、ひどいのになると、初っ端から親でもないのに役牌1鳴きして、東風戦なのに上がったらせいぜいドラ1のみの2000点。喰い換えなんかも平気でやって、とにかく見苦しいまでに勝ちにこだわる。

 たった1000や1500点の上がりのために局をひとつ無駄にしたり、形テンに向かうあまりにリーチ者のド危険牌、ヘタしたらドラでも落とす。おいおい、それ当たりでオマエが飛んでもゲームオーバーなんだぞ(`Д´)・・・誰か(特に親が)リーチしてるときは、万一でも裏(ドラ)が乗ることを少しは考えろって。親が高得点で上がったら、点差が開いてそこで勝負が決まることもあるんだぞ!!
 その時点のカンなんて話にならん。リーチ者を優位にしてドーする。まして、大明カンなんてもってのほか。でもそれも平気でやるんですよねぇ。不思議だ、不思議でならない。
 意味があるカン(役が少なくて偶発だがあの技を付けたい、ドラを持っていないので手持ち牌をドラに化けさせたいなど)ならわかるが、後から牌譜を見ても、そんなわけでもなく、そのカンに意味があったとは思えないものが多すぎる。
 許せないなぁ…私は正統派(のつもり)の麻雀を打っているから。迷惑なんだよね、正直(x_x)

 満貫手潰しになる、一発消し、リーチ者を蹴るとかならまだしも、まったくドラが見えてなかったり、リーチはおろか、全員鳴いて作っていてもそう。まず基本的に鳴き麻雀ばかりで、とにかくポンポンチーチーうるさいですね。東風戦ならまぁ鳴き多発は、仕方ないにしても、最近の打ち手はどう見ても「自分の手しか見ていない、ゲームの勝敗無視!自分の上がりだけ」と思しき相手ばかり。守りなんてやってないのがよくわかるが、それでも勝つのよね。カンチャンツモって上がられたりするし…
 しかもそれらが、多くの場合、私の持っている称号や階級よりも上の人間が平気でやっているのだから驚き。
 他の人の麻雀に口出しをするつもりはないが、ここのところ見ていて見苦しいというか、哀れというか、うんざりしてしまう。
 昨日今日麻雀を始めたようなビギナーさんならわからなくはないけれど、上級レベルまで到達している者というなら、試合数もそれなりにこなしているはず。それがまるで、同じようなビギナーのような打ち方をするのだから、それこそ君はこれまでやってきた麻雀で何を学習しているのかと言いたくなる。
 私よりも数倍、数十倍の試合数をこなし、それでいて一体なぜそんな麻雀しか出来ないのかというような輩が多いのである。


 少しは称号やクラスに見合う麻雀というのをやって欲しいもの。
 ハンゲームなら貴族や大富豪、天鳳だと二段、三段あたりの連中がそんな麻雀をやってるのだ。ヘタとは言わないが、まともに勝負する気が失せてしまう…
 ちなみにこれを書いている段階での、私のハンゲーム称号は上流、天鳳の階級は1級。東風荘はR1480ぐらいかな。他のサイトは最近あまり出入りしていないかなぁ…ちょっと分家fc3の記事Upが忙しいんで。
 決して私は上級レベルではない。私よりも確実にウマイ人はいる。一応その人の雀力を判断するのは、称号や階級なので、まずそこに着目して一緒に打つことになるのだが、明らかにそのクラスに見合っていない打ち手ばかりが目立っている。
 ふん、オマエ達はそうまでして勝ちたいのか!とPCの前でため息つきながら麻雀をする毎日が続いている私。この頃は天鳳が出入りが多いが、そこで必ず1日1回は対局時に出会う。1日1度しかない対局でも、4人の誰かはやるしね。


 途中で私のほうがうんざりして、まともに張り合う気にならなくなる…そして、「もうどーでもいいわ、そうまでして勝ちたいなら勝てよ」とばかりに、いい加減に牌の出し入れをしてしまう。集中力がなくなってしまうからだ…どうせどんなことをしても勝ちたいからするのだから、勝たせてやれば満足してくれるだろ…ってなもんです。
 ま、所詮ゲームだし、お金かかってないし…私は称号とかには興味ないからね。何をしてでも勝ちたいバカには、勝ち数や勝率は譲ってあげますよ。
 逆にいえば、そんな私に負けたのなら、上級者はかなり恥ずかしいことになる。ゲームには最後まで参加する(これはマナーです)けど、あまり積極的に「勝負」をしないだろうね。運がよかったら、上がりに向かおうかな…みたいな感じでやっていく。
 まったく同じ土俵で勝負し、私が負けたのなら、私は素直に負けを認めますけどね。そういう相手はなかなかいないから…階級や称号、Rだけが上回っている、いわゆる「カス」上級雀士ばかり。それはゲームをしていくとだんだんわかってくる。


 なかなか、私と同じ条件下で勝負してやろうという、横綱相撲を取るような雀士というのはいないので、緊迫感のある歯ごたえのある勝負をできないでいる。
 こいつはやるなぁ・・・という、上級の打ち手と、本気の勝負がしてみたいものです。
 もちろんちゃんとそういう打ち手もいるのはいる。何度かに一度はそういうのに当たるんで、そうなるとたとえ負けても、いいゲームだったなぁと言えるんですけど、無料でできるサイトの登録者では、めったにオートマッチングではお目にかかれません。
 3人の相手のうちに1人そういうのがいても、他の2人にカスがいることもあるし。
 無駄に成績だけいい打ち手といっても、いざ対局してみたら「なんだそれ?」ではありたくないものです。私より格上の打ち手のうち、8割ぐらいはそれかな…(笑)


 勝てばいい、どんな手を使っても…結局クラスが上になればなるほど、そのステータスにこだわるあまりにもみーんなそういう人間になるんですねぇ。
 私はこれからも、称号や階級に見合う麻雀をやっていきたいと思ってる。
 仮にピラミッドの上部のほうに位置する打ち手にあるならば!
 まぁ私の場合は、もっともっと先の話か、そんな日は来ないのかもしれないけどね。
 最近は一部の人は、私のことを強い打ち手と思っているらしいが…それは私が強いのではなく、アンタが弱いのだ。きっと、相手が私でなくても勝てないだろう…勝てたとしたら、それは運によるものである。


 ただ、負けてしまうと何を言っても、しょせん「負け犬の遠吠え」でしかないんだよねぇ…
 なお、このブログ文は本来、アソブログで公開、そしてドキュンブログにて修正して2007年7月に公開されていたものです。今回はこちらに移転して公開するにあたり、再度一部修正をしてあります。ブログ原文を書いている時点での称号や階級であるため、現在は変わっています。
 2007年(このブログ公開時点)の称号や階級については、あえて公開しません。


本家、移転してよかったです
 
 本日は当初、麻雀の記事を公開する予定でしたが、広告の都合でちょっと出来ません。
 そこで、代わりにこれに差し替えです。
 このブログは現在、「くりあや交遊録-本家」として公開していますが、これは移転してきたものです。
 最初は「アソブログ」において公開、その後そこが閉鎖が決まったため、別サイトに移転。
 そして、運営していたのですがある問題に行き当たったため、現在のこのFC2ブログにと再移転を決定したのです。
 ここはディスク容量が1GBもいける無料ブログレンタルです。以前のサイトも容量はけっこうあったでしょうけれど、無料でこれだけあるサイトもそうそうはありませんからね。
 まぁ、私がここへ移転を決めた理由は、容量なんかではなかったのですがwww

 せっかくなので、私がここへ「本家」を移転させた大きな理由を3つだけ教えましょう。
 まず、私好みのテンプレートが多かったこと…このブログでは、豊富なテンプレートから選択できるため、私が使ってみたいなと思えたテンプレートを使用しているブログを多く見かけていたのです。
 実際にこちらに移ってみて、自分がテンプレートを使う際にも、種類の多さにかえって迷うぐらいでした。
 さらに、多少は自分好みにカスタマイズも出来るのも魅力でした。現在使っているものは、作者からクレームが来ない程度に、私のブログ用に多少いじっています。

 そして、プラグインの設置がとても簡単でやりやすいという点もありました。
 以前の本家ブログでは、ほとんどプラグインの設置が出来ませんでした。特に一部の現在使用中ブログパーツ2種は、絶対に欲しかった機能なので、一番移転を決めた理由はこれだといっても過言ではありません。
 ようやくこちらに移って、私のやりたかったブログ運営が出来ている感じです。
 
 もうひとつは、利用ユーザーの多さです。
 現在このブログサービスをすでに使っているユーザは多く、他の人のブログサービスを見ると、多くがここを使っているようでした。同じブログサービスを使うことで、私のブログへの集客を考えました。
 同一サービスを使うことで、リンクなどの利点も発生しますから、私のブログヘのよりユーザー集客を見込めると判断したのです。
 実際、現在のアクセス、訪問は以前より若干増えています。
 トラフィックエクスチェンジの数ではない数字が増えているので、狙い通りになっています。

 他にもいろいろと使い勝手のよくなった点はあります。
 不便になったこともないことはないですが、利点の方が多いので、それは問題ないでしょう。
 しかもここは、携帯からの投稿も可能らしいので、今後はそういう利用も考えてはいます。
 いろいろなジャンルでの公開が可能(アダルトも内容によりOK)なので、自分のやりたいブログができる。
 私としてはfc5の運営もここFC2ブログでやろうかと考えたぐらいです。
 それには別のアカウントが必要だったので、断念したのですが(笑)

 ここを本家にすると決めたとき、まだfc5はそれほど構想がまとまってもいなかったですしね。
 私の運営ブログのどこかを、いずれはここでやりたいと考えていたブログサービスだったので、私としてはけっこう満足ですね。
 まだ完了はしていないですが、移転してよかったと感じています。
 私の一番力を入れている、発展して欲しいブログは、この「本家」なのですから。

 R・U・I☆Blog-No.H007#PBA(C)/FC2ブログサービス
穴があったほうが面白い!
   イセタンオンラインショッピング「I ONLINE」120×60

 今回は私がたまに遊ぶトランプのゲーム『7ならべ』について書こうと思う。
 知ってのとおり、7ならべは代表的なトランプのゲームで、多くのゲームサイトにあり、私もけっこう好きで、いくつかのサイトでときおり遊んでいる。
 このゲームは、ルールはもはや皆知っているだろうから割愛する。(ゲームルールを知らないというのなら、このブログは今は読まなくていい…どこかのサイトで、ゲームのルールを覚えてからもう一度読みに来てくれたまへ)
 私のブログは、ネットゲーム(主にテーブルゲーム)が軸であることゆえに、ここで登場するゲームは、読む人はすべてそのルールなどを把握しているものとして書いている。ブログの中心的な麻雀にしても、麻雀のルールをあまり知らないというなら、このブログは読んでいてもわからないことがあるであろう。まずは、麻雀のルールを覚えてから、読むべきであるとしています。

 さて、話は本題の7ならべに戻す。
 7ならべをネットゲームでやる上で、大きく鍵を握るのは、やはり「ジョーカー」の使い方と、ルールが許せばある「トンネル」の使い方ではないかと思う。
 どちらも使用しないルールであれば、それはもはや最初に配られるカードの良し悪し=運でほとんど勝負が決まるが、ジョーカーを2枚使用し、トンネルもありなルールであれば、これほど面白いゲーム展開は無い。パス(だいたいのサイトのゲームでは3回までが可能、4回するとゲームオーバーになる)とトンネル、ジョーカーを巧みに使うことで、偏った手持ちカードであっても、充分にトップを狙える。
 だから私としてはトンネルありき、ジョーカーも2枚ありきのルール設定でのルームにはよくお邪魔させてもらっている。


 ジョーカーがあった方が面白いのは、カードを強制的に出させることができるからであり、トンネルはゲームを左右するいわゆる「せき止め」が出来にくくするからだ。
 かけひきのあまり、一定の場で出し渋っていると(場合によってはわざと出さないせき止め)、反対側がどんどん進みトンネルになってしまって、そのカードが最後まで出せなくなってしまうのだ。
 私もこれのせいで負けてしまったことは多々ある…
 でも、このルールのおかげで、パス4回によるゲームオーバーを極力減らし、カードが出やすくなるのは確かだと思う。ある種、トンネルは「4」「5」「9」「10」あたりのカードを持つ者の一番恐れることだからね。


 運だけに左右されないゲームを可能にするこのジョーカーとトンネル…ジョーカーは場合によっては4人のうち1人だけが2枚とも持ってしまうこともあるものの、うまくすれば、せき止めをしている者がいた場合、それを使って出させることも可能だし、あるいは他の者と一時的に協力、そしてトンネルを活用することで、せき止め効果を無くすことができる。
 もし、トンネルが開通した場合、せき止めたカードを持っている者は、逆に一気に不利になるからね(笑)
 ジョーカーに関しては、終盤では出しどころに困ることもあったりして、それもまた面白くなる要素だといえるし…最後の1枚までジョーカーを抱えることになって、負けたことも私は数え切れない(T_T)
 ジョーカーはそれで負けることはあまり無いけど、トンネルはけっこう負けの因子を作り出すからねぇ…自分で出し方間違えて、トンネルになってしまって逆効果…ってこともあったりするし(爆)
 「Q」と「2」は、トンネルの可能性を考えて出さないと、残りカード次第では大失敗になりえます。


 それでもやっぱりトンネル=「穴」があった方が、このゲームはだんぜん面白い!
 今後も私はトンネルとジョーカーありきのルール場で、たまぁに出没するでしょうから、もし何所かで会ったら、おてやわらかにお願いします…
 ちなみに、私は主にハンゲームとインフォシークで、このゲーム『7ならべ』をやっています。他のサイトでもたまぁにやっていますが、ほとんどはそこかな…「栗林あや」のIDでやっているのは、現在ハンゲームだけです。

 このブログ文は、2007年6月にドキュンブログにて公開していたものです。
 原文のままこちらに移転してあります…広告のみ一部差し替えています。


今日は私の…

 セガダイレクト
 
  本日10月9日は、私の3○歳の誕生日である。
 はあぁぁ~またひとつ歳をとった(-_-)…もう三十路を超えたら、誕生日がそれほど嬉しくなくなってしまったね。
 今年は何もない1日になりそうだ…
 仕事もないので、夜ものんびりです。
 一応夕方に、家族が私のために焼肉をご馳走してくれることになっているので、それに顔を出す予定。
 単にみんな集まって飲みたいだけだけどねwww特に妹とその相方は(笑)
 まぁけっこうばらばらで生活している我が一家ですから、こういうときぐらいしか顔をあわせないんで、いいかなとは私も思っている。

 昨年までも、誕生日は仕事が中心だった。何年か前には朝から晩まで仕事だということもあった。あの時はその時の仕事の関係でズボンの先が泥だらけになったから、帰りの電車でなぜか泣きそうになったわ(´_`)
 誕生日に仕事でないのは、土日が休みだったオフィスワーク勤めのときの公休に当たったときぐらい。今日はそれ以来かなぁ…
 社会人ともなると、誕生日とかクリスマスなんて、普通の1日なんですよね。
 それに、まぁ誕生日などのイベント日には、なぜか私は独りになることが多く、恋人関係もまるでなし。
 過去に一度だけ、付き合っていた人に祝ってもらった記憶がある…誕生日に好きな人と過ごせたのは、後にも先にもそのときだけ。しかも遠距離恋愛してたから、当時交際していた人の自宅があった千葉県で過ごした。
 前の日から、2泊3日で泊まりに行ってました。そしてその日は確か東京でデートしましたね…
 そのとき初めて秋葉原って街に行ったなぁ。
 今となってはいい思い出ですwww 

 今年は、夕方まで自宅でのんびりとブログとネットで過ごし、焼肉を食べて戻ってから、またネットをして夜更かしする1日になりそうです。
 浮わついた話なんてまったくなし…ははは、枯れてきてるなぁ私。
 うーん、こんなことでいいのだろうか。
 来年はもう少しまともな誕生日にしたいな。
 きっと恋人でもいれば、どんなきっついハードな1日でも平気なんでしょうねぇ。
 ま、せめて怪我とか病気でない1日になりそうなだけマシかwww
 こうなったら、焼肉食べまくってやる。食欲の秋だしぃ(笑)

 ちなみに私が生まれたのは、今日の夜8時だそうだ(母の話によると)。しかも、陣痛が始まったので、急いで病院に向かうタクシーの中であっさり産まれちゃったんだってwww運転手さんがびっくりしたらしい。


CSスタート…日本一の行方
 【車買取ガリバー】高価買取ならガリバー モノ・マガジン オンライン
 ↑CMでもおなじみの車買取…どうせならね。 ↑ 気持ちを揺さぶるいいアイテムが揃ってます
 
 プロ野球は2007年度シーズンの全日程(ペナントレースの公式戦)をすべて終了した。
 このブログUp時点で、ヤクルトvs横浜が2試合残っていて、それにより東京ヤクルトと広島カープの順位が変動する可能性はあるが、大勢に影響はない。重要なのは3位までなので、もはやどっちかどっちでも、関係ないよそんなの…という感じ(笑)
 ま、ファンには重要かなwwwなお、横浜が2試合のどちらかにでも勝つか引き分ければ、現在のままで全順位が確定する。そうなるんじゃないかな…わからないけど。

 このブログの記事の本質はそこではない。
 ペナントレースでのセパ両リーグの上位順位が確定し、CS(クライマックスシリーズ)進出チームと、その使用グラウンドが決まった。いよいよ、本日より最後の戦いが始まる。
 私はドキュンブログにて、今年のプロ野球の順位予想をやっていたので、その答えあわせをかねて、ここに今度はその決まった中での予想をやってみようと思う。
 ただし、今回は私が興味があるのはチャンピオンチームのみ…
 6チームの中で、ずばり…日本一になるチームはどこか、ということだ。

 まずは開幕前に予想した順位と、その答えあわせから…
 予想 セ・リーグ
 1位 読売ジャイアンツ(巨人)    クライマックスシリーズ
 2位 横浜ベイスターズ        第1ステージ 中日vs横浜・・・中日2勝、横浜1勝
 3位 中日ドラゴンズ          第2ステージ 中日vs巨人・・・中日1勝、巨人3勝
 4位 阪神タイガース
 5位 広島東洋カープ
 6位 東京ヤクルトスワローズ    以上により、日本シリーズ進出は、巨人。
 
 予想 パ・リーグ
 1位 西武ライオンズ           クライマックスシリーズ
 2位 北海道日本ハムファイターズ   第1ステージ オリックスvs日本ハム・・・日本ハム2勝
 3位 オリックスバファローズ       第2ステージ 日本ハムvs西武・・・日本ハム2勝、西武3勝
 4位 福岡ソフトバンクホークス
 5位 千葉ロッテマリーンズ          以上により、日本シリーズ進出は、西武。
 6位 東北楽天ゴールデンイーグルス

 これが予想であった…結果としては大きく外れている…ここまでで当たっているのはセ・リーグの1位の巨人だけであった。それ以外は順位が当たっていないので、クライマックスシリーズの予想もすべてハズレである。
 勝負の世界に、「たられば」をいっていたらきりがないので、どうしてこうなったかなんてのは振り返っても無意味である。
 それぞれに順位の結果をまずは振り返る。
 2007年度プロ野球ペナントレースにおける最終順位は、以下の通り。
 結果 セ・リーグ 全日程終了・・・10/9(予定) 
 1位 読売ジャイアンツ(巨人) 今年はリーグ優勝ということになり、ペナントを得たことになる。
 2位 中日ドラゴンズ   
 3位 阪神タイガース
 4位 横浜ベイスターズ
 5位 広島東洋カープ
 6位 東京ヤクルトスワローズ       

 結果 パ・リーグ 全日程終了・・・10月5日
 1位 北海道日本ハムファイターズ こちらもリーグ優勝になるので、連覇ということになりました。
 2位 千葉ロッテマリーンズ
 3位 福岡ソフトバンクホークス
 4位 東北楽天ゴールデンイーグルス
 5位 西武ライオンズ
 6位 オリックスバファローズ

 これにより、セ・リーグは第1ステージを、中日の本拠地であるナゴヤドームにて、中日vs阪神が対決。
 パ・リーグは、千葉マリンスタジアムにて、ロッテvsソフトバンクが戦う。
 そしてそれぞれの勝者が、セ・リーグは東京ドームで巨人と、パ・リーグは札幌ドームで日本ハムと戦い、3勝したチームが日本シリーズを戦う。
 つまり、現時点で日本一の可能性があるのは、巨人、中日、阪神、日本ハム、ロッテ、ソフトバンクの6チームだけであり、どこかが最高名誉のチームとなる。
 某監督も言っているが、日本一にならないと意味はない。
 これは、2007年を振り返ってみるとき、結局注目されるのはその頂のチームだけだからである。

 で、私の予想はずばり「巨人」なのだが、私は巨人のファンではない。
 それに、私の予想は、ほぼ全面的に外れるwww
 あくまでも戦力的な分析をした上で予想をしているだけだ、私の希望はあの坊主頭にした監督のいるチーム(私は地元がら、そこのファン)だ。でも、あそこは常に短期決戦に弱く、ひょっとしたら第1ステージすら勝ち上がれないんじゃないかという気もしている(笑)
 両リーグとも、日程の空いた1位チームのコンディションが心配かな・・・特に巨人はかなり日程が空いてしまうので、試合感覚がどうかというのがある。昨年と同じ日本シリーズの顔合わせになってくれるのが、私としては一番面白くていいかも。場合によっては、ソフトバンクvs阪神という顔合わせももちろんないことはない。それはそれで面白いから(爆)
 短期決戦だから、何が起きても不思議ではない。

 ただ、どこが勝ち上がるにしても、最終戦までもつれて欲しいし、すべての試合が競り合って欲しい。あっさり負けることは、6つすべてのチームにおいて許されない。
 第1ステージを各3戦、第2ステージを各5戦、そして日本シリーズを第7戦まで行ってくれるなら、私はすべての試合をチェックできて楽しい。きっと野球ファンはみなそう願っている…どこかのファンの人であれば、もちろんすんなりとひいきチームには勝って欲しいんだろうけど、私はそうではない。
 これでもかというぐらい競り合って、シーソーゲームを展開した上で、できるならばひいきのとこに勝って欲しいだけだ。まずプロ野球全体が盛り上がらないことには、話にならない。
 そうはいっても、今年のペナントレースの戦いぶりを観てきた限りの現状ならば、きっと見応えのあるクライマックスシリーズと日本シリーズになっていくだろう。
 熾烈かつ、いいゲームを期待する。
 ちなみに、ここでは日本一チームが決定したときに、また答え合わせはするつもりです。
意味のない上がりに…
  FUJICOLORプリントおとどけ便
 TBS ishop 

 かねてからルールが許していてもしない方がいいことに触れてきた。
 今回もその中のひとつ『アガラス』を取り上げてみる。
 このテーマも賛否の議論の対象となることですが、多くのサイトでは有りだとする肯定派が多い。
 それと同じくらいに、反対する者がいて、あちらこちらの麻雀のブログで独自の持論を訴えてらっしゃる方がいます。

 ハンゲームあたりでは、それはポイントとマネーの増減に関わり、たとえ1000点でも上がって傷を少なくするというのが一般的かな。肯定派が多いのはこのためでしょう。
 得点が成績に密着している場合、少しでも上がっておきたいという気持ちは、わからないでもないのだが。
 そしてリアルの場合…ま、これは言うまでもないでしょう。

 基本的に私は、アガラスをしたところで、意味がないという考えは持っているのだが、されたところでその人を責めることはしません。どちらかというと、私もしない方がいいだろうとはしていますが。
 成績にこだわりを持ち、細かなデータ(和了率や放銃率など)を気にする人もいるみたいですからね。そんなものは結果を出せば、自然についてくるんですけどね。
 私も状況によっては、結果アガラスをしてしまうことはある。
 あくまでも状況によっては、ですけどね。
 基本的にはしません、オーラスでもうほとんど逆転不可能の状況下では、おとなしくディフェンスに徹しているか、リーチしてトップ争いを混乱させてしまうぐらいしかしない。マナー的なことと、やっぱりトラブルは避けたい…←これが大本音(笑)
 その状況下では、鳴いて手を作っていくことはまずないといえるでしょう。もちろん狙えるなら、一発逆転の役満も狙うが、確率からいけば、それらを狙うあまりひたすら突っ込み、放銃して私がトビで終了になる率というのを考えると、それの方が私的にはきついかもしれないので。

 ただそこで4位になっているということは、同席者に対して私の腕が未熟であるか、その対局時に運がなかったとしかいえないから、逆転はほとんど不可能なのだろうけれどね。
 最後まで私はゲームには参加する意志は常に持とうと思うので、そのようなときは、配牌と数順のツモで判断するが、どう頑張っても無理そうなら、そこでできる可能な限りの高い手役(メンゼンリーチで)を作り、そこまでの手で上がるでしょう。それでも満貫はめざします。状況次第では、皆が嫌がる大明カンあたりもやって、ドラを増やしていくかもね。私の麻雀は、条件が付加しない無意味な安上がりなんて肯定してないんで。
 運もあるから、限界まで高い手を作り、結果的に上がって4位になるのはやむなしとしている。

 多分途中までひたすら攻めていって、あとは状況次第では、オーラスビリでも降りる。
 ただし、私がもうやめたいと思うときは、最後まで攻める。私がやめたいと思うのは、用があるときか、一緒に打っている面子にムカツク(喰い換えなどを平気でやる奴がいる)ときだ。どこのサイトにも必ずいて、何度かの対局をすると必ず1人はオートマッチングに登場してくる。内心では「うわぁ、うざいわぁ」て感じ。
 そんな奴等には勝てると気持ちいいけど、負けると余計腹が立つ。
 仕方ないけどね、人それぞれなんだから。

 そう、麻雀をする人には、皆それぞれの思いや事情があってやっている。
 仕事中にコソーリと(私もたまに)やってたり、寝る前の時間や、ネットカフェで限られた時間でやっている人もいるかもしれない。自宅などでゆっくり打つのを私は推奨はしているのですが、本当に人それぞれ打ち方、環境、事情、境遇は同じではないですからね。
 中にはすぐにやめてPC電源消したいと思いながらしてる場合もあれば、とにかく成績の数字にこだわっている人もいるでしょう。
 他にもさまざまな理由でそれになることはある。

 私の場合は多いのはトイレ我慢のときかな。もれちゃうよぅ…って(T_T)
 そして、ムカツク打ち手がやたらいるので、アガラスしたいと思うときは多い。実際にはほとんど意図的にはしないけど。
 喰い換え、喰い直し、後付けetc…もちろんルールが認めているから文句は言えないけれど、私としてはアンタとこれ以上打つぐらいなら、アガラスでもいいから早く終わりたい、となってしまうのです。

 そういうケースでは、たとえば即ヤメしたいもののダンラス、もうオーラスで3位とも30000点以上の差なんて時では、配牌とツモによっては困るもんです。
 うーん、今この手で上がっても、こいつら私に怒るだろうなぁ…って。
 しかし、一時退席しても負けは確定。どうせ終りにするなら上がりたい。その方が放銃は下がらないし、飛び率も上がらない。
 オートツモ切りは放銃する可能性は誰よりも高い上に、終了するとは限らない。
 その時一番嫌なのはゲームが続くこと、親の上がりor流局連荘が最悪です。
「ええいこの急いでるときにぃ」とか、「アンタとはこれ以上やるの嫌なんだけどな」…って感じ(爆)

 相手の立場に立てば不快だが、事情があるかもしれない。いろいろなケースを考えると、仕方ないかもと諦めます。
 チャットがあれば、あまり私は文字を出す人間ではないものの、その旨は伝える努力をします。
 チャットがない場合は困りますね。アガラスごめんなさい、ってことで。
 ただ、アガラスでそのまま順位が確定し、トップを取れなかったならそういう運命だった。その時点でトップでなかった自分の打ち方、運がよくなかったとするしかない。

 チャットがない場所では判断基準は難しいですが、相手を考慮すると諦めざるをえないかな。
 そんなわけで、仮に私がやった場合でも、許してくださいね。
 喰い換えあたりを認めるなら、アガラス、アガ3も自由だろう。ってことで!
 私はどちらもしないことを勧めるし、私もしない。いつかオートでない場所でまた私と打ちたいなら、しないことですね。
 ちなみに私は最近、一度対局した者のデータを別ソフトに保存するようにしました。
 これにより、その人がどのような打ち手であるかを把握しています。
 オートマッチングでない場では、マナーのよくないとわかる相手のいるところには、まず行かないし、誘いも全拒否です。一度は相手をするんだけどね。

 このブログもアソブログ、そしてドキュンブログを経た上での移転文です。アソブログでは、「私の麻雀道」として、かなり以前に公開したものです。ドキュンブログでは、同一タイトルで公開していました。
 今回、こちら用に移すにあたり一部の内容と広告をを修正しております。


それでも私は生きている…

 
 ↑ネットをやるなら持っておきたい…私ももちろん所有!ネット決済の基本、常識だもんね。

 現在私は、ぎりぎりの暮らしをしている。
 今年は2度も仕事を変わって、収入の面では、大きくダウンしてしまった。
 元から自分が悪いので、仕方がないのだが、これは私には大きな変化でもある。
 仕事が変わったことで、生活スタイルが昨年あたりとは一変したからだ。


 以前は普通にオフィス勤めをしていた。
 9時~5時30分までの仕事で、たまに残業はあったが、それでも微々たるものだ。
 夏ならばどこかへ遊びに行ったりしなければ、ほぼ日が暮れる前には家に帰ることが出来た。
 土日が休みで、毎日デスクワークみたいなものだったけど、わりと暇なことが多く、昼間こっそりと仕事中でもゲームとかが出来た。
 当時の私のPCより、会社のPCのほうがスペックがよかったので、かなり私物化した自分用のオフィスPCでネットゲームや、ネットサーフィンしていたな。
 が、上司の交代で私がそんなことを日常的にやっていたことがばれてしまって、解雇の一因を作ってしまった。新しく来た奴は、意外とうろちょろするのが好きな奴だったからなぁwww前の人はあまり自分の机から動かない人だったから…
 その仕事を事実上クビになって、一度別の仕事をしたが、体質的に合わなくて2日でリタイヤ。

 それからおよそ1ヵ月後に、現在の仕事(夜勤ベース)をやり始めた。
 仕事の内容はちょっと書くのは控えるが、週3~4日の交代制で、主に監視業務なので、あまり肉体的な疲労はない。ていうか、ほとんど動かないし、暇です。私にはこういうのが合っているのかな…始めのうちはきついなって感じだったのに、そうでもなくなった。
 3回目ぐらいのときに、先輩の人が「暇だったら遊び道具持ってきてもいいよ」って教えてもらって、自分のノートPCを持ち込むようになってから、半分遊びながら仕事をしだして、出来るようになった。仕事で動くのは、モニターで変化がおきたときだけなので、それを見ていればよく、まれに私は朝まで何もしないということもある。実際は目が仕事をしていることにはなるんであろうね。
 パソコンと監視モニターを交互に見ながら、器用にやれてますよ。
 見れば私に遊び道具の持込を推奨した先輩も、携帯をいじっていたり、マンガを読んでいるよ。
 私がパソコンを持ってきたときは、さすがに驚いていたけど、ブログをやっているからということを説明したら、それ以上は関心を持ってこなかった。
 おかげで今や、堂々と仕事中にもブログが書けるし、ネットも出来る。いつも一緒に仕事をやる人(現在夜勤班は4人で、シフト制)は、みなそれぞれに何か暇つぶしを持ち込んでこの仕事をやっている。
 寝ることは出来ないし、トラブルが発生したら対応しにいかないとだめなので、集中力は持っているんだけど、実際のところはとても暇なんです。各人の暇つぶしは、マンガの人、クロスワードパズルの人、ポータブルゲームの人、そして私がパソコンである。ゲームの人はイラストレータを目指しているみたいで、他に絵を書いたりもしてますね。
 みんなそれぞれに、いい時間つぶしの道具を持ち込んでます。堂々と仕事中に遊んでて怒られないっていう環境が、これを私に定着させてしまったのかもね。

 夜の仕事なので、時給はそこそこいい。
 それでも、手取りで得られるお金は、以前の会社勤めよりは減った。
 なので生活はかなり厳しく、ぎりぎりの生活ラインで暮らす…毎月払わねばならないもの(家賃や光熱費他)で、給料の半分以上はもっていかれる。
 残った分で食費や雑費をまかなうと、マジジリ貧である。贅沢が出来ない点では、まさに低所得の生活困窮者と変わらない。
 毎月お金なんて残らない…たまに貯金を切り崩さないといけないときもある。
 ブログライターで得たお金は、今は生活費の一部になっているかな。
 正直苦しい生活なんだけど、なぜか慣れてきてるし、何だか新しい仕事を探すのも億劫になってきてますね。
 
 生活のリズムはかなりおかしくはなってますけど、それも慣れてきてます。
 仕事が夜だから完全に日が昇ってから家に帰る…しかも毎日じゃないから、遊んでるか、いかがわしい仕事してるみたいに近所では思われているみたい(笑)面倒だから説明もしてない。私は近所づきあいは苦手、勝手に思っていてもらっていいわ。ゴミ出しのときにたまにいる監視員のおばちゃんが前に話しかけてきたが、いちいち細かく質問してくるのマジうざかった。うるせぇっつーの(`Д´)眠い顔して無言であしらったら、以後話しかけても来なくなったわ。だから私、近所ではあまり評判はよくない…どっちかというと孤立している。でも平気…似たような人があと2人ぐらい、同じアパートに住んでいるから。
 1人は男性で何やっているかわからない…もう1人は同じ年ぐらいの女の人で、この人は水商売してるって分かってます。歳は私より若くて、たまに部屋に同世代の男の人が出入りしてるから、きっと…まぁ関係ないか、私にはね。

 帰ったら食事してネットを少しやる。
 やっていると眠くなるので、一旦まどろむ…3(長ければ5、短いと1.5)時間ぐらい寝て、起きたらちょっとプライベートな時間を謳歌(知っている人は、ここであることを私がしているということです)し、ひと汗かいたらこの時点で風呂に入る。最近はここに自動運動マシーンを入れようかなって、ロデオボーイみたいなやつか、振動系のお腹に当てるやつ。←名前は知らないが、通販でやっている何とかシェイカーとかいうの。
 で、またネット(このときは主にブログ)をする。この時点で昼か夕方過ぎぐらいになるから、ブログライティングの案件が大体きている。
 処理できるやつだけやって、また眠くなるので、一旦また寝ます。仕事の時には、仕事の支度の出来る時間までまどろんでから、食事と支度して仕事に向かう。
 このときは、ライティングは仕事場でやることになるね。ちなみに職場までは、歩いて20分の距離なんですよ。自転車だと10分もあればいけます。
 そうでない場合は、食事してまたネット(ブログ)の時間にとなるわけだ。
 仕事であってもなくても、夜~深夜そして朝方にかけてはけっこうネットしてますね。
 どれだけネットをしたって、毎月払うお金は同じですからね…プロバイダは使い放題のプランですもん。今や常識ですわwww


 基本的に短い睡眠を2度とっており、いい生活とはいえないかな、というのが現状です。
 ちなみに外でしたいような用事(例えば銀行や食品の買い物)は、仕事の帰りの午前中にみんな済まします。だから外に出るのは、仕事のときだけの夜からですね。
 日中はほとんど外出なんてしない…ある種のひきこもりに近いですよ。
 買い物だって、口に入れる生鮮食品以外は、ほとんど届けてもらうネットでの通販になってきているから、あまりお店とかにも行かない。人ごみがうざいんです、最近…バーゲンセールなんて、行く気もしない。群集がそばにあると吐き気してきます(>_<)やばいかなww
 大体1日はこんな感じ…ひどい生活なんですが、それでも慣れてきてるのか、ひとつのリズムになってきてます。とりあえず食事だけは極力同じ時間にとるようにしてます。
 先の見えない苦しい生活…払えてないものもけっこうあるよ…年金とかさ。生命保険も入ってないし…それでも私は生きている。
 来年はどうしているんだろう…もうスグ3○歳、やや病んでいる私。
 いろいろな今後を、ずっと模索しています――。でも、結婚する気はないですね。


私ののーみそ♪

 バンダイネットワークス ララビットマーケット
 ↑マニアご用達のショップ…他にもキャラクターグッズがたくさんありますよ。

 最近流行っているサイト「脳内メーカー」。
 名前を入力するとその人の脳内が現れるそうだ。
 ブログの友人たちもやっているみたいなので、私もやってみた。
 それがこれ…今回は、私のペンネームである「栗林あや」と本名をそれぞれ、そのままに入力したものと、苗字と名前に1マスのスペースを入れたものの4種類をやってみた。
 栗林あや、スペースなしのみ、そのまま掲載。他は名前部に修正をしてます。


 20071005080904.gif 20071005080919.gif
 20071005081125.gif 20071005081135.gif
 とりあえずこの4種類の中で、私自身に一番近いのは、①かなという気もするが、たまに④になるときもあるような気がする(笑)
 きっと分家fc5の記事を書いているときなんてのは④が一番近いんじゃないかな。
 この4つの脳から考えられるのは、私の脳は友と愛(H)そして、少しの妄想と嘘があって、あとは休んでいる…といったところか。
 ②の秘密が多いというのも、ブログの運営から当たっている気もするし…
 どれも少なからず当たっていますなぁ…
 4つをまとめてひとつにしたものが、私の脳だってことだね。
 この「脳内メーカー」は、入力の名前で脳が変化するわけだから、他にもいろいろと実験したくなりますねぇwww
 私個人的には、④ときどき①が理想ですな(^_^)
 


ラス2発、究極まくり差し!
 
 男性は↑から楽しいひと時を。女性は↓から登録、いい在宅のアルバイトをどうぞ。
 

 今回は久々にゲーム記録ブログを!
 サイトはまたまた天鳳、半荘戦。今度は喰いタンあり、赤ドラありルールでのゲーム。

 メンバーは私(1級)、他に同じく1級の人が二人と、階級ナシの人が一人、対面がこの人で、上家と下家はどちらも1級という同レベル?私は今回は北家、つまりラス親番の席でのスタートとなった。


 東1局、配牌からいい感じ…ドラ、赤ドラこそないものの、役牌のトイツを2枚ずつ、他にもトイツが2種類と、役牌トイトイかチートイツも考えられそうないい感じ、状況次第なら鳴いていこうかとも思えたものの、それはまったく甘い考えであった。
 結局よかったのはそのときだけで、ツモ牌がなかなか恵まれず、結局チートイツの1シャンまで。上家の喰い仕掛けと下家の早いリーチにそれらトイツは落としていくことに。ドラが見えていない局面である上に親リーチゆえ、しぶしぶだが降り局と判断であった。
 最後はこの局、対面が上家へ役牌&ドラ2で3900振り込み。このとき下家の親は、赤ドラ3枚持ちのシャンポン。当たったら満願クラスだ、降りて正解かな。


 東2局、今度は下家が喰い仕掛けてきた。鳴いたのが数牌なので、まだあまり意識はしていないが、私にはまたしてもドラも赤ドラもない。手は順調に進んで平和をいけそうな感じになったものの、上家からリーチがかかる。またドラが見えてないだけに、回し打ち決定。すると対面がドラを暗カン。ぶぶっ(>_<)これはダメだ、またしても降り気味に進めることに。
 で、ここはリーチの上家がそのままツモ上がり。ドラは新ドラがあったものの、ツモった赤1枚のみで4000だった。私の点は-1000のみ。


 東3局、親は連上がりしてる上家に。ここではようやく私に配牌からドラが赤で2枚手に抱える。さらに何だかツモいい感じで有効牌が来る。
 しかし上がったのはまたしても上家。早々の喰い仕掛けからのタンヤオ。しかもドラもないタダのタンヤオだけ!まぁ親だから仕方ないか、親1500点だけツモ上がりで、私は500点払い。


 上家の親連荘、東3局1本場。ここでは対面が役牌を鳴いて仕掛け、さらにマンズを鳴きまくる。3鳴きでどうやらホンイツ気配、数順後下家も鳴いてきた、こちらはちょっとわからない。そして私はというと、なかなか牌を上手く整理できないままにもたついていた。ドラ、赤ドラはない上に役牌もない。なんとかタンヤオにでももっていきたいものの、もはや手遅れ感大。そこへ…なんと対面が鳴いていた役牌をカンにした。そしてさらに親の上家はリーチを。あぁ、ダメだ。またしてもどうやら降りた方がよさげな局面。
 降り気味で回し打つうちに、対面がそのままホンイツをツモ上がる。ドラ2枚の満貫で私は-2100。ここまでで私は何も出来ずにただ点棒を3600減らしていた。


 ようやく回ってきた親番、東4局。しかしここでもまた後手に回ることに。下家がまず喰い仕掛け、そして対面のリーチ。配牌とツモは悪くないので回し打ちを敢行。親だし、ここは上がりたかったからタンヤオ(他の捨て牌次第では喰い仕掛けで)でもいいだろうと思ってたら、下家がリーチの対面に振り込んで、私の親番あっさり蹴られる。おまけにチートイツの満貫でまた8000を出した。やばい、こいつが飛んでしまうこともありえるぞ。そんな考えもよぎる中、南場へ入る。


 南1局、また下家が役牌鳴きで仕掛けてきた。連続で鳴いてくる、マンズの染め手疑いなので親でもあるし警戒してたが、何も出来ないままに、対面が振り込んでくれた。1500点上がられ、親続行。


 南1局、1本場。またまた下家が鳴いて仕掛け、次いで上家も鳴いて仕掛ける。私はまたもドラ、赤ドラもない苦しい感じ。だったが、赤を1枚ツモり平和をテンパイ。うるさい両家をリーチで黙らせようと試みるが、失敗。リーチ後私が結局上家の両面の当たりを掴んでしまった。役牌のみ1500、まぁ当たりが赤5でなくてよかったかな。リーチしてるんで仕方ないしね。ここらへんは運があったかも。


 南2局、ここは荒れていく。まず上家が鳴き仕掛け、下家も鳴いてきた。さらに対面も鳴いてきた、しばらく様子見、どうやら上家と対面はトイトイ、下家はタンヤオかなと予想。それにしても、こいつらポンポンチーチーうるさいこって。あげくにまた対面は今度は大明カンなんてしてきた。おいおい…
 私はというと、ドラも赤ドラもまたない。対面のカンで新ドラが増えてもまだドラなしというなんだか恵まれない牌。3人とも鳴きまくりでおそらくテンパってるだろう気配だし、回し打つ。で、また何も出来ないままに、上家が対面から5200出上がる。


 ここまでそれぞれ3人の打ち方を見てきた中で、どうやら3人は鳴いて作るのが好きなようだ。自分の牌だけを見ているあまり守りもしないような打ち手の気がした。
 特に対面はリーチ者がいても平気でカンをすることや、他への振り込みが多いことを考えると、あまり上手い打ち手とはいえないのかな…階級も持っていないし、ただ正確なところはわからないのだが。上家と下家は鳴きを多用して、とにかく安手でも上がりへひたすら向かっている感じ。リーチしても降りていく気配はなさそうだ、もしかしたらあまり麻雀の本質を知らない打ち手なのかもしれない。そんなことを考えてみる。しかし現状は私は3番手、この時点でトップの上家とは、20000点以上の差がついている。あと2局、親番はオーラスで回ってくるが、もしここで上家に親で満貫クラスでも上がられたら、もうほとんど逆転は不可能な局面である。


 南3局、ここまで私は1度も上がりなし、リーチが1度あるだけ。ほとんど何も出来てない状況、上家と対面だけで麻雀やっている感じだ。
 ここでも下家が早々に鳴いてくる。私はまたドラも赤ドラもない配牌、このとき私は、この勝負の負けを半分意識した。
 私が牌を整理する中、対面がリーチをしてきた。ここで降りていたらダメだ。親番に望みを繋ぐためにも回し打ち。しかし、ここでも結局上家が鳴いてタンヤオを下家からロン。うーん、点差がさらに開いて、これは負けたかなぁ。おまけに下家がもう飛び間近だし。


 南3局1本場、ここで状況を一気に変えるような事が起きる。トップを走っていた上家が接続切れを起こしたのだ。以降、復帰してくることはなかった。もったいないねぇ、どうしてそうなったのかわからないが、ともかく上家はこれ以後全部がツモ切りになり、私としてもここを警戒する必要がなくなりラッキー。それだけでなく、この変化が、私へ一気に運をもたらしてきた気がする。
 当たりがここからこぼれるかもしれないし、状況的にはなるべく降りたりしていられないのだが、対面がリーチをしてきた。回し打ちをしている間にやっぱりかという感じで上家から、そこへあっさり振り込んでしまう。満貫分を移動、トップが入れ替わる。


 そしてオーラス南4局、私の親番へ。トップの対面とは17400点差。ここから満貫でも直撃をとれれば一気に逆転できる。あまり守りをしなさそうだから、期待はできる。オマケに上家はオートツモ切りだから、ここから出るかもしれない。
 幸い配牌も悪くない。ドラを1枚だが持っており、いい感じで牌を整理できていって、久々に先制リーチ、6-9両面に受けてのもの。これは期待大。特にPAI6pin.jpgならばタンヤオもつくというテンパイ形。当たり牌もかなり残っている。対面直撃なら裏が1枚でも乗ればそれだけで逆転できるだろう。
 思惑はそううまくはいかず、上がったのはタンヤオのつかないツモ。それでも次順だったので、一発がついた。リーチ、一発、ツモ、ドラ、裏ドラも1枚で満貫。親満4000オールをゲット。これで対面とは1400点差まで詰め寄る。
 さぁトップとらえたぞ!親連荘だし、ここは安上がりでもいいから上がれば勝ち。スピード勝負へと変わる。


 そして迎えた本当のオーラス、南4局1本場。
 私の配牌はまぁいいといえばいいが、早上がりが欲しいときにはあまり必要がないドラがやたらあった。ドラと赤合わせて4枚を最初から抱える。が、役牌などはなし、頼みの手抱えだったPAIton.jpgあたりも重ならず無理。他も切られていって、どうやら役牌上がりはダメそうなので諦め、しかしタンヤオもちょっと無理そう。ならば平和でと、ドラを極力切らないように平和を目指す、ドラソバを切らねばならない感じだったが、最終的にはドラを2枚持ってアタマにし、さらに赤を2枚持って平和でテンパイ。赤の1枚は私が捨てた。これで鳴かれての仕掛けが嫌だったが、それがなかったのでテンパイが楽だった。
 よし、ここはトップではないしリーチでいいだろう。ドラはほとんどここにあるのだから、追っかけられても安いだろうとふんだ。両者に自由に手作りをさせないのも狙い…もちろん、守りもせず上がりに突っ込んでくれるならば、放銃してくれる率も高くなる。
 待ちはちょっと難しい4-7で、あまり残ってもなさそうだったが、親で先制ならプレッシャーも与えられるし、仮に流局したとして、手作りは容易ではないはずだから、バップでトップにも立てるかもしれない。無論ツモれば問題なし。期待は上家からの無条件放銃。
 そんな考えとはまた違い、当たり牌PAI4man.jpgは数順後下家から出た。アレレレ…まさかそこから出るとは。まぁ私としてはどこから出ようが関係ないか、上がればトップ確定で終りだし、もちろんロン!リーチ、平和、ドラ(赤入れて)4、裏ドラ1で親ッパネ18000点をゲットし、私のトップおよび、下家が飛びでゲーム終了。
 ラストの親2回の上がりだけで、見事にまくり差しを決めたゲームでした。


 総括すると前半はじっと我慢のゲーム、後半に上家が接続切れしてから、流れが変わったような感じでした。あのまま上家の接続が切れていなければ、私は負けていたかもしれない。そういう意味では、運がよかった勝負ですね。
 ちなみに私は、接続切れを起こした相手には、一切容赦しません。その理由はまた機会があったら書きたいと思います。


 今回もまた長ーい説明文になってしまいましたが、最後まで読んでくれた人はありがとうございます。
 このブログ文はドキュンブログにて、2007年4月に公開したものです。麻雀のゲーム自体はその数日前に行ったものゆえ、現在とは階級などが違っております。ドキュンブログ公開時原文はもっと画像がありましたが、こちらに移すにあたって大きさを変更、数を減らす修正をしました。また、広告も変更いたしました。


私にはいい思い出はないが…
.
 VeryCardネット電報
 
 現代は携帯電話が主流の時代。
 何でも携帯で事足りる…だから最近は、年賀状や暑中(残暑)見舞いをはじめとする挨拶の贈り文状、手紙なんかも、メールで済ましちゃうって人のほうが多くなってきてるとか。
 そして、今回のテーマである「電報」もまた、近頃は携帯のメールやパソコンのメールが主役に取って代わられている…
 でも、やっぱりこっちのよさもあるんですよ、電報は手紙と同じで、ずっと残るものだし、機械的なもののメールよりは、ずっと気持ちがこもっている感じはするんですが、やっぱり面倒で、メールの方が手軽で早いじゃん…それに安いし、なんていう意見もある。
 まあ、気持ちの問題なんでしょうけどね。

 実は私は、電報にはあまりいい思い出はなく、どちらかというと不快な印象しかないんです。
 私は過去に1度だけ、自分宛の電報というものを受け取ったことがあるが、それは私にとってはいい知らせ、内容ではなかったのです。
 若かりし頃、ある会社の就職試験(面接)を受けました。そして、最終選考まで残り、合否は電報で知らせる、ということになったのです。
 もちろんいい思い出ではないということなので、結果が不合格であったことは分かるでしょうが、私はてっきり合格になるものだと思っていただけに、あの電報の文面を読んだあとは、ものすごい落胆したものです。
 面談はすごくいい感触でした。おもいっきり私を採用するようなにおいをさせておきながら、最後はそれでした。
 おかげでその電報を受け取ってから、私はしばらく人間不信になりましたよ。
 立ち直って再び就職活動するのには、やや時間がかかった記憶がありますね。
 だから私は、電報をあまり利用する気も起きないというのが大本音なんです(笑)
 これからまた、何かいい知らせの電報を受け取れば、また電報に対する印象も違ってくるんでしょうけれどね。
 
 今では祝辞などぐらいでしか利用しなくなってきた電報。
 そういえば、あのお昼の有名なテレビ番組でも電報は使っていますけど、あまり電報そのものを見かけなくなりましたもんね。
 でも、時代に合わせてインターネットが普及とともに登場した、今回紹介するこのネット電報は、従来の約1/3の価格で豪華な台紙を全国即日配達が可能な電報サービスです。安いだけではなく、総務省より特定信書便許可もありますので、安心してサービスを利用できます。


 VeryCardネット電報
 電報は、今まで慶弔ごとのみでの利用で、日常生活とかけ離れた存在、特別な日の存在でしたが、逆に何でもない日にかわいいぬいぐるみ電報や声を届けられるしゃべキャラ電報、ネット電報オリジナル限定リカちゃん電報などが届くと大きなサプライズとなりうるかも!
 親しい仲間でかわいい限定の電報や、キャラ電報を送り合って、それを残しておくのもいいのかもしれません。
 10月1日~11月末まで、サイトでは300万通突破キャンペーンを行なっています。祝電を贈った方、全員がプレゼント懸賞対象になり、抽選でディナー・エステ付き宿泊券など豪華商品をGET出来るチャンスです。


 私はまったくいい思い出のない電報サービスですが、普通の人ならそんなことはないと思います。きっと1度や2度くらい、誰かに祝辞なんかで利用したり、もしかしたらもらったこともあるかもしれません。
 せっかくなので、私も誰かに届けてみたいですが、今のところ私は届ける相手はいないんですよねぇ…身内や友人には誰も結婚系なんかの予定はなさそうだし、もう利用できるとすれば誰かの誕生日ぐらいかな。
 誰か知り合いがあのお昼の番組にでも出たら、絶対送ってやるんだけど(笑)
 来年あたりにサプライズで、親にでも贈ってみとこうか・・・でも家が近いからなぁwwwけっこうしょっちゅう会ってるし、恥ずかしくなるわ。
 いっそのこと、キャラ目当てで友達と電報交換あたりでもいいかも…
 携帯電話のメール交換のような感じのノリでね。


 リンクシェア レビュー アフィリエイト
 R・U・I☆Blog-No.H006#PBA(C)/電報サービス-ネット電報VeryCard-株式会社ヒューモニー/リンクシェア


9月総アクセスにて

 ショップチャンネル:ヴァンテーヌXショップチャンネル ミキハウス

 このブログも開設より丸1ヶ月が経ちました。
 ということで、ずっとドキュンブログでもこれまで毎月やってきていた「月間アクセス報告」をしてみたいと思います。
 毎月1日から月末までの総アクセス数を記したもので、各月のはじめの方にやってきてました。
 私のブログの評価の参考になればと、どちらかというとアフィリエイトやリンクの方のためのものです。

 一応このブログは、2サイトのトラフィックエクスチェンジ(詳しくはメニュ-「参加中2」を見てね)に参加していますが、それによる1日のアクセス数には、一定の制限値を設けています。今のところ、両者合わせてMAX1000/日程度。
 あれは自分がサーフした分だけアクセスされるため、やろうと思えばいくらでもアクセスさせることができます。
 でも、このブログはあまり「不特定多数の人に読んでもらいたい」という風にもしていないので、それほど1日あたりのアクセスがありすぎるのも歓迎できないのです。
 アクセスが増えれば、望まぬ客も来てしまうから。
 ここのブログの目指すところは、「知る人ぞ知る、隠れ家ブログ」でもあるのです。
 どちらかというと、常にリピータに来てもらいたいブログかな。
 新規ももちろん歓迎ではあるけど、2度目以降に来るということは、このブログが少なからずお気に召した証であり、何か興味がある内容があったということになる(トラエクではない場合)。意思を持って来るということだからwww
 私としては、そういう人たちを大事にしていきたいと思っているんです。


 では、前フリが長くなったが、9月のアクセス数。
 アクセス数は6301…ただし、FC2カウンターの設置は9/2からなので、1日分はカウントされていません。また、最初の頃は同一者をカウントしていたので、数十件は同一アクセスがあるでしょう。
 ま、それらを差し引いたとしても、6000は超えているようです。
 各日別では、最高数は601、最低数は18でした。
 18のときあたりは、トラエクをしていないので、そのアクセス分もまずない。あっても少し…
 トラエク分を差し引き、計算すると今のところは、1日あたり、純粋な訪問者としては、少ないと10~15前後、多いときは50~70ぐらいでしょう。
 
 このアクセス数は、FC2カウンターによる実数値で、同一者のカウントはされていないものとしています。ユニークアクセスですね…このブログでは同一者もカウントする純アクセスのカウンターも設置していますのが、そのアクセスではありません。
 トラエクをやっている限り、このアクセスが増えたりするのは仕方ないのですけど、両方設置することで、総アクセス数と、ユニークアクセス数(訪問者)を把握するようにしたのです。
 っていうか、実は最初の頃はFC2カウンターが、パソコントラブルなど諸々の事情で設置できなかっただけなんだけどね。別のカウンターを設置した後に、FC2カウンターが使えるようになったので、面倒だから両方つけてるだけなんです(笑)


 アクセスの理想的数字は、少ない日で100前後、多ければ300前後あたりにしたいところ。
 それ以上は問題が発生しそうで、望まない感じかな。
 この報告は、今後も続けていく方針です。分家fc3(営業録)の月例報告書みたいなものですから。


今日から変わるアレ…

 
 ↑違和感なく使えて…女性の髪の悩みを解決!
 
 今日から10月である。
 今日から世間では、いくつか変わったりすることがある。それらの中で、私にもっとも身近な変化は、やはり何といっても、「郵政民営化」であろう。
 郵便は、私にとってはかなり生活に密着している事柄であり、ネットでショッピングなどをして、郵便で物を届けてもらったりすることもあるため、これは大きなことだ。
 民営化の変化については、私がこんなところで書くことでもない。
 サービスがどうなっていったとしても、私がこれからも多くのケースで郵便を利用することには変わりない。
 せめて、今までどおりのサービスを展開してくれることだけを願うばかりだ。


 私にとっては、郵便事業のうち、関係があるのは集配だけだ。保険も関係ないし、貯金も持っていない。
 郵便局のATMは、ネットの口座「イーバンク」の入出金にたまに使うぐらいで、ほとんどはネットのまま決済してたりするので、あまり利用することもない。
 やはり関係があるのは、自分が郵便を出す場合のポストや、荷物を出したり届けてもらう集配業務だけ。
 しかし、うちはけっこう過疎地に分類される方なので、今後このサービスがどうなっていくかは不透明。3日に1度しか配達しないなんてことになったりしねぇだろうな、オイ(`Д´)
 私の自宅の近くにある郵便局も、いつまで存続してくれるやら、と若干の不安はある。
 たまにしか使わなくても、なくなるととたんに困ることになるのは、不思議だけど、きっとみんな同じ気持ちだと思う。
 私が自宅から歩いていけるところにある郵便局は、簡易のも含めて現在3ヶ所。一番遠いのは3kmほど離れており、歩くとちょっときつい感もあるが、大型ショッピングセンターのそばにあるため、帰りにここで買い物などをしてこれる。ついでに買出しをというときは、ここへ行く。
 いずれも規模は大きくないので、もしかしたらいつかはなくなってしまうんじゃないかと常に思ってしまう。

 絶対になくならないであろう集配郵便局(うちに荷物を届ける役目を持つ管轄郵便局)は、我が自宅からは、電車に乗って3駅も行かないとダメだ。車のない私には、ここへ行くのは一苦労になってしまう。電車賃だけでも往復440円、けっこう痛いぞ、これ。
 今のところ、どーしてもその日の消印が押したいようなはがきなどを出すとき(例えば懸賞など)以外は、ここにはまず行くことはない。
 そういうものを出すのは、ポストで事足りるし、誰かに小包などを送るのでも、自宅近くの郵便局が引き受けてくれる。
 ポストは現在、私が歩いていける範囲には、合計9ヶ所存在する。いずれも1日に1回しか回収には来ないため、その日の消印を押してもらうためには、その回収時間までにそのポストに入れる必要がある。回収は一番遅いところでも午後4時、最初のは午前9時30分、うーん…
 一応は全部のポストの回収目安時間を把握してはいて、出す時間帯によっては、今ならばもうあそこのポストは回収終わっているだろうから、こっちのにしよう…なんてこともやってます。
 とりあえずのその日分の出せるリミットは午後4時、ってのが私の今の出す方の郵便事情。
 当然昼から出すなら、午前回収のポストには投函できん(>_<)
 最終の4時を回っても、その日の消印が押したいときだけ、集配郵便局へ出向くのである。
 今のところは、ポストの回収時間差を利用できているので、何とか不便な部分はあってもうまく使えている。せめて、ポストの場所と現在の回収時間は変えないで欲しい。


 一方配達の方は、1日1回、バイクの配達員がちょうど昼ぐらいにやってくる。
 小包の配達は、時間指定がなければ大体午前10時ぐらいかな?に軽自動車で配達員がやってくる。
 いつも同じなので、きっとこの辺の担当配達員は何人かの交代でやっていたのだろう。
 これからも同じ人がやるのかな?それは私にはさっぱりだけど、ちゃんと配達さえしてくれたらいいので、誰が配ってもいいっていうのはあるかな。ただやっぱり、若いバイト君とかにはやって欲しくは…ないなぁ。ちゃんとやるか心配だもん。
 人によって来る時間は、多少の誤差はあるんだけど、まぁ大体似たようなもの。ルートが決まっているんだろう。
 ネットなどで何かを頼んで、○月○日に届く、とわかっていれば、そろそろ来るだろうってのがわかるので、応対はしやすい。外出するにしても、それに合わせられるからね。 
 たまに運悪く、寝ていたり、外出したりしたときに入っている不在通知は、ちょっと面倒だったりする。やっぱり二度手間は嫌なのよねwww次に持ってきてもらって時間指定したとして、その時間は家にいないといけないから。
 ノーマルに配達してもらって、そのときに受け取るのが一番。
 これも今のシステムは変えないで欲しいと願うばかりだ。
 過疎地の郵便でも、現行のシステムは維持するといってはいたが、私はあまりあれ、信用していない。
 もちろん、今より便利になってくれることには、大賛成だが…

 いっそのこと、郵便配達事業も自由化、規制緩和して企業同士で競争させてしまったら…あ、うちの方では不便になるかなぁ、やっぱり。
 もうしばらくは、現行のままで我慢だな。
 やっぱり都会に住みたいね…住まないとダメだ。私みたいなナマグサ人間はwww 




CL

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

Counter/FC2

アクセス

無料カウンター

プロフィール

栗林あや

Author:栗林あや
いらっしゃいませ。
くりあや交遊録へようこそ。
ブログ管理部、本家代表です。
私は、設定上は女子大生ということになっております。
その正体は、ふふふ…秘密!
もっとプロフで少しわかるかも?

もっとプロフィール

リンク

このブログをリンクに追加する

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

参加中2

【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)

参加中3

DHCオンラインショップ
セシール

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

テキスト広告(CP)集

① きゃばきゃばが熱い!
② リサイクルなら【ブランカスタ】
③ 電話占いで貴女の悩みを解決
  
 
 
 
 

バナー広告(US)集

 
 
 


オークションならビッダーズ 

クチコミLINK



16 目的別で探せるハーブティー専門店「ハーブスタイル」
15 お歳暮なら全国無料配達のダイエーネットショッピング!
14 引越し料金を業者ごと比較・見積り
13 顧問弁護士をお探しなら法律事務所オーセンスへ。
12 弁護士 転職は弁護士ドットコム転職ナビへ。 
11 緑屋情報システムの「流通 SAP 求人」 
10 自己破産の無料相談ならオーセンスへ 
9 楽に新婚旅行に行くなら『世界のおみやげ屋さん』を賢く使ってGO~! 
8 安心の保証付!中古車を買うなら全国500店舗展開のTAXで 
7 【モダンアジアン】a.flat家具ソファベッドテレビ台! 
6 民事再生の知識と手続きはリーガルハンズへ 
5 中古パソコン販売のぱそすた「パソコン倶楽部」・中古ノートパソコン大特価中! 
4 任意整理の知識と手続きはリーガルハンズへ 
3 国内最大級のデザイナーズ家具インテリアショップ「リグナ」 
2 携帯アフィリエイトなら広告数No1のSmart-Cがおすすめ 
1 コンタクトレンズの通販サイト

アウトパーツ1

OMC -12/20

アウトパーツ2

アウトパーツ3

アウトパーツ4

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。