くりあや交遊録-本家
あぁ…意味もない駄文なり。日記・クチコミレビュー・ネットゲームなどにおける私の思考や言動を書き連ねてます。 ほとんど長文なので、ひま~な人だけ読んでやってください。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やりこんだDLG・・・その2
 

 前回から始まったこのネタ。
 私が実際にプレイして、なかなかよかったなと思えるような…オススメの、ネットからのDLG(ダウンロードゲーム)を、ちょっとしたレビュー的感じで、紹介するもの。
 今回はそれの第2弾です。
 ちなみに今回のゲームもRPG、そして作品はずいぶんと古い?ものです。ベクターでのダウンロード配布は相当前からある作品だったようですから。

 さて、では今回の「その2」に、ここに登場するゲームは…
 『Nepheshel(ネフェシエル)』…作者は『Studio Til』様です。
 もちろんながら、前回同様…ベクターのサイトと、作者様のサイトにゲームの詳細紹介文がありますので、ここでそれらについての説明は割愛。
 ここでは、実際に私がやった記録と、個人的感想のみの表記。また、今回も画像などは著作権の問題があるため、使いません。そもそもこの文自体、勝手にレビューしているので、ゲーム作者とは無関係に動いています。

 まず、このゲームも前回の作品同様、クリアまでには時間かかってますね。
 なかなかラスボスも勝てなくて、やっぱり申し訳ないけど、助言を頼らずにはいられなかった。
 そこで攻略サイトと、作者様のサイトの攻略ヒントを拝見。
 でもってやっぱりここでも、私ってばまったくやり方がなってなかったことを知る。
 普通のRPG間隔でやってたのね~、実はこのゲームはドラクエなどのようなRPGとは違って、ちゃんと敵=相手によって、装備品や戦い方を変えていかなくてはいけないことがわかる。
 その敵(モンスター)は、シンボルエンカウント方式を採用してあり、画面上に見える敵デザインキャラに接触しなければ、バトルにならない。これにより、戦闘は無駄に行う必要はなく、なるべくなら敵キャラを避けて通りながら迷宮をくまなく回り、宝箱などからアイテムを取っていけばいい。この点はとても遊びやすかったといえる。
 が、実際のところ、迷宮がほぼすべてで広大なマップで何層にも分かれていて、すべてくまなく回り、重要なアイテムがあるような隠し部屋を探していくには、相当歩き回る必要がある。当然そうなれば、いくら避けていても、ある程度の相手と、やっぱり要所要所でそれなりには戦わねばならず、特にそれがないと以後の冒険が厳しくなるようなアイテムなどは、その前やそばに強い敵が待ち構えている。敏捷性が一定以上あれば、そういう敵とエンカウントしても逃げられるが、落ち着いてゲーム操作をしていきたい私みたいなタイプは、あまり逃げるなどということはしたくない。バトルになったなら、その敵はすべてなぎ倒してしまいたいから、一定のレベルは欲しいところ。しかも倒せば後に有効になるアイテムが手に入ることもあり、やっぱりブッ倒したい。そもそも…「我が前を塞ぐ者には死を!」というのが、私のRPGの基本モットーなのです。
 まるでアイテムを守るようにいる奴などは、ボス敵でないものの、それなりに強い。が、実際のところは、このゲームの敵キャラは、場所によって出る相手(種類)が決まっているため、旅する場所によって、それに適した装備に変えればいいので楽?ではあった。装備(特に武器)が適切であれば、よほどレベルが低くなければ、クリティカルヒットも出やすくなっていて、比較的簡単に敵を倒せる。あとは敵キャラの色によって、強さが違うだけだ。

 そしてこのゲームは、重要アイテムはほとんどが迷宮の「隠し部屋」にあることが多い。それは自らその場所を調べて、隠し階段や通路の入口を見つけないと現れない。途中で手に入る隠し通路と階段を探すアイテムは、攻略サイトなどに頼らないなら、絶対必要になるだろう。
 また、一部のボス敵を除けば、敵は画面をスクロールさせて切り替えると、また同じところに復活している。操作ミスをすると何度もバトルしなくてはいけないので、必要以上に画面スクロールはできない。逃げる場合には有効なこともあるので、そこは使い分けでしたが、あまり回数が多くなったり、うじゃうじゃ数がいるところなどでは、次第ににウザくなってきたりもした。アイテムが目の前にあるのに、間違えて画面スクロールさせて、敵を復活させてしまって…ということもちょくちょくあったし(爆)
 さらに、迷宮はフィールドマップから見えないところで繋がっている。クリスタルゲートシステムのおかげで、面倒な移動はしなくていいが、普通に旅をして敵と戦って、所定の順番どおりに迷宮を旅していっても、途中で敵キャラが格段に強くなっていて、仲間になる「魔神」を見つけ、パーティを組まなければ、なかなか厳しい。さらに中盤で手に入るあるアイテムがないと、その仲間になる「魔神」も同時に2人以上は一緒に組めないという不便さ。おまけにこのアイテムもまた、普通には取るのが難しい。
 ちなみに…このアイテム、「調停の○○○」というのだが、見せてもらった攻略サイトによれば、もっと難しくするため、あえてこれを取らず、魔神と2人だけで終盤まで行くと、かなり凄いアイテムが手に入るらしい。実際2度目のプレイでこれをやってみたが、とんでもないぐらい難しかった。これについてはのちほど…(笑)

 私が今回プレイしたのは2回のゲームで、もちろん1日にできる限られた時間で、セーブデータ2人分にわたってプレイしていったから、相当かかっているが、2度目のゲームは先のアイテム入手を含め、ある程度はやり込み要素が多かったかな。
 GWの間、けっこうやり込んで進み、クリアしたのだけど…それでもダウンロードが3月中旬、同時期にスタートし、最初のクリアは先月の上旬。そして、難関だった2度目が、先のGW中5/5。
 なお、前のDLGとはプレイ時期がかぶっている期間がありますが、これは両方のゲームをしているということです。
 1度目はとにかくクリアが目的で、面倒な戦闘はほとんど回避の方向でやっていった。それでも、攻略サイトの世話になりつつ、やっとの思いでクリア。一定レベルになって、どの敵とも互角に渡り合えるようになってくると、以後の攻略は楽だった。あとで記録を見たが、まぁ回収していない宝箱やアイテムの多いこと(笑)そこで2度目では、なるべく宝箱は全部の回収コンプリートを目標と、先の難関アイテムを目指して、やり込んでいった。
 2度のゲームで思ったのは、このゲームは謎解きそのものがあまり多くない。要するに隠し部屋、隠し通路を見つけるかどうかと、マップの繋がりの記憶が意味を持つ。それさえできれば、普通にクリアするには問題ない…ましてや、攻略サイトも充実していて、それを見ながらなら、あとはバトルで操作ミスさえしなければ、まず大丈夫である。あとは普通に進めていけば、中盤でアイテム入手のルートが少し変わるだけだろう。最後に行き着く先と、結末は同じだからね。何より、最初から無駄な戦闘は避けられるのが大きいかもしれない。
 
 私個人的には、2度目のやりこみ…(時の○、エ○ー○ルメ○リーを取る目的)のほうが、達成感が違ったのは気のせいか…何せゲームオーバーになった回数が半端ではない(爆)なんといっても、ラスボスの迷宮のほぼ最深部まで、ずっと2人パーティで行かなくてはいけなかったから。中盤までは何とかなったが、最後の迷宮になると敵が強くて、すぐに死ぬ死ぬ(T_T)…参考までに、通常にプレイするなら、最大パーティは4人。それぞれの仲間のキャラは魔法や物理攻撃、属性などに特性があり、全員が仲間になれば、バランスのいいパーティになる。
 これをずっと2人でやっていかなければならなかったのだから、ありえないぐらいの難しさだった。
 とにかく苦戦したのは中盤以降のボス戦で、100%戦闘が避けられない4種の敵は、なかなか進まなかったなぁ。しかもそれ以外でも油断するとスグに全滅したから、セーブ個所からのやり直しは相当あったよ。
 とにかく新しく進展するたびに、こまめにセーブをしまくり、中盤以降は戦いを有利にするべく交換アイテムに頼った。敏捷を最大限あげて、必要でない戦闘は極力避け、強きものとの戦いはもうブーストにまかせました。
 それでも「天界○アドー○」と「ア○タ○ファ」は大苦戦で、20回以上バトルし、やっと突破…ちなみにこのアイテムは、作者サイトの攻略ヒントのところにも「ゲームを知り尽くしたスタッフですら取ることが難しい」と書かれている。やってみて超納得だったが、その威力も凄い…効果がラスボスにもあって、かなり簡単に勝てたから、苦労が報われたかも?ただ、これを手に入れるには、ちょっと悲しいドラマシナリオ(イベント)があって…なんだか複雑な思いには駆られる(´_`)
 そしてもうひとつ、2度目のプレイでは、難しいやり込みで「片手剣では最強剣」というアイテムがあって、それを取るにはまた条件があるため、それも平行してやっていきました。その条件というのがまた尋常ではないぐらいに難しい。少なくとももう最低必要な3相手は、それでないものにして、一応残りの中で条件を満たそうということにwww先のアイテムを入手後、すぐさま4人パーティーにし、条件を満たすようにしていきました。ここから残っていたアイテムも回収して、ついにゲット。私は2度目において、ついに2つともを取るのはものすごい難しいとされたアイテムを、両方ゲットしたのであった。
 これだけでもう、十分だろう。宝箱もすべて回収したし、レベルも主人公は最大まで結局上がっちゃったから、完璧だな。
 2度目で中盤過程において、私が頼ったのはあの魔神でした。一定まで他2人も交互に使いわけて交代。古城以降は終始、彼女とともに。先の強敵ボス2種は、彼女のブーストに感謝した。終盤戦になると、迷宮では魔法を使いまくりだったから、廃坑にMP回復のアイテムも何度も取りに行った。終盤の蜂フロアでは、敏捷が負けていたから逃げられず、攻略マップ見ながら慎重に進んだよ。それでも相当死んだ(笑)…幾度とないやり直しを経て、とにかく苦労は計り知れないほどだったが、達成感はあったと思う。このときに一番嬉しかったのは、ラスボスでのエンディングよりも、難攻不落だったその2種を倒した!というメッセージが出たときでしたから。
 もし、私がやったこのやりこみを知りたい人がいるのであれば、ちょっと教えてもいいかも(^_^
 あとは…面白いやり方のひとつに、ソーマの使い時がある。手に入れてスグ使うのはもったいないアイテムだ…これ、うまく使えば…
 ひたすら序盤から手に入れたソーマを使わず、ためてためて、敵を倒してもなかなかレベルが上がらなくなった中盤以降で、一気に使う。ソーマの効果は、いつ使っても同じ…ということは、後半に使うほうが、必要経験値の差を考えると、かなり得なはずです(^_^)
 それ以外では、普通のRPGと同じ感覚でいいと思う。

 では、最後にまたもう1度、ゲーム名と作者および、そのサイトを紹介しておきましょう。
 ゲーム名は『Nepheshel(ネフェシエル)』…作者は、これは個人ではないのだな…『Studio Til』様です。
 各名称をクリックすると、ベクターダウンロードサイトと作者のサイトに飛びます。
 前にプレイしたゲームとの比較は難しいが、若干こちらの方が面白みは少なかったかな。やり込み度はこちらの方が高かった。
 総合評価としては…現在判定中。
 それぞれ…①シナリオ、②デザイン、③音楽、④謎解き&隠し要素、⑤バトル、⑥自由度、⑦システム&操作性、⑧努力&必要度、⑨ギャグ性&面白味、⑩その他
 で判断していきます。

 次回、第3弾に紹介する予定のゲームも、現在プレイ中ですので、そのとき…もしくは、また別の記事にて、前のも含めてゲームの評価(あくまでも個人的に)をつけてもいいかな。
 なお…今回も、このゲーム作者である「Studio Til」の皆様、このような形で当ブログにおいて、作品ならびにサイトを紹介することをお許しくださいませ。
スポンサーサイト
やりこんだDLG・・・その1
 
 

 現在私は、ネットゲームの他に、ベクターのサイトからダウンロードしたゲームも、たまにプレイしている。このことは、以前の記事にも書いた。
 今回はそのゲームについて、ちょっとだけ詳しく書いておこう。
 相互リンクでもないのに、あまり宣伝になるのも、実際はちょっとちゃくにさわるのだが、無料でダウンロードしてプレイした身…ここはおとなしくそのゲームの名前や作者、そしてその方のサイトなどは、素直にリンクさせてもらうことにしよう。

 今回なぜこういう形にしたかというと、そのゲームが、ダウンロードしてプレイしたゲームで、やっとエンディングを見たゲームだからである。
 プレイしてエンディングを見たゲームだけは、最後までやりこんでいく価値があったとし、そのプレイの過程や、私個人的感想とともに、こうやってその名前などを出してもいいかなとは思っているし、このブログの主たるテーマである「ネットゲーム」にも精通するから、このブログのネタとしては十分でしょう。
 同じように、現在ダウンロードしてプレイしている別ゲームもまた、クリアしたもの…エンディングを見たものだけ、今回のように紹介していくことにする。
 
 ちなみに途中で嫌になってやめてしまったり、クリアできなかったものなどは、その価値はないとして、ここに登場することはまずない。
 まぁ私が、気まぐれで「ボロクソに叩く」ために出す可能性は、あるかもしれないが・・・
 すでに説明の必要はないだろうが、ここまで書いた時点でわかるとおり、記事タイトルのDLGとは、ダウンロードゲームの略です。

 では、早速記念すべきこの「その1」に、ここに登場するゲームは…
 RPG(ロールプレイングゲーム)の『Legend of The Sky(レジェンド・オブ・ザ・スカイ)』…通称、「LoTS」です。作者はハンドル名「文月(ふみづき)」さん。ベクターによる詳しい説明およびダウンロードはこちら!作者のサイトへは、お名前をクリックしてください。
 あ、参考までに…おそらく私がRPG好きなため、ここでレビューのようにするゲームは、まずRPGしかないと思われますので注意。
 作者様のサイトとベクターのサイトに、ゲームの細かな説明がありますから、このブログにおけるゲーム内容の説明はすべて割愛します。ここでは、実際に私がやった記録と、個人的感想のみの表記。もちろん画像などは著作権の問題があるため、使いませんので。本当は使いたかったのだけどねwww

 まず、プレイ時間は相当かかってます。
 ダウンロードしてプレイし始めたのが、今年の1月中旬でしたから、エンディングを見たのが今月の上旬であることを考えると、約3ヶ月(爆)…いくら忙しくてそれほどプレイできないとはいえ、これはちょっとかかりすぎか?でもプレイしない日もあったし、謎解きに苦戦もしましたし、一部のボス戦は連敗だったりで、なかなか進みませんでした。また、やりこむ過程において、コンプリートするためには、同じ敵を泣きそうになるぐらいの数倒さなければいけなかったりもありましたしね。
 常に次の目的地がはっきりしていて、単純にラスボスを倒してエンディングを見るだけなら、ある程度レベルを上げておけばすんなり解けるゲームですが、このRPGの本当の面白さは、主人公ができる「依頼」のすべてをコンプリートすることと、トレジャーボックスのすべてをコンプリートすることにもあると思われるため、私としてはただただ「ラスボス」を倒してエンディングを見るよりは、それをすべてこなした上で、エンディングを見ようということになりました。
 実際にやってみればわかりますが、私個人的にはこのゲームの真の価値は、おそらく「トレジャーボックス」のコンプリートにあると思います。その過程の冒険こそが、実際にやってみてこのゲームでは一番面白かったですね。無数にある簡単ではない謎解きを一つ一つ解明させ、そのためにはクリアのために直接行く必要はない場所にまであえて挑んでいき、世界中を隅から隅まで冒険しなければいけません。そうやって仲間たちと旅をしていくところもまた、なかなかやり甲斐はありましたよ。また、これ(コンプリート)をやることで、おのずとレベルも上がっていくことになりますから、ラスボスもわりとすんなり倒せたりしました(笑)
 私が個人的に一番苦戦したのは「砂漠の遺跡」の謎でした。さらに、ある「炎」のアイテムの敵は、出現率も低いわりには必要数がかなりあって、あの「ダンジョン」にかなり長時間(おそらくこれだけで2週間ぐらい)こもった記憶があります。ボス敵では、あの「赤い髪の女」が相当やられましたねぇ。※名前は出しません、正体などについては、実際にプレイして自分の目で確かめてください。
 ちなみに「赤い髪の女」の敵は、ゲームストーリーの上でも重要なキャラで、仲間で関係ある人とも含めて、なかなか悲しいドラマがあります。ぜひこのドラマは、このゲームをやるなら、関わるすべてのサブイベントも見ておきましょう。シナリオがなかなかよくできてますよwww
 
 そして、このゲームのもうひとつの面白さは、作りこまれたシナリオ性もある。
 主人公を含めた仲間たちすべてと、行く先々に登場する敵キャラに繋がるドラマがあって、メインストーリーを進めると、ちょくちょくドラマ風として登場する。また謎解きなどのサブイベントなどでも、ちょくちょくその片鱗を見れます。
 特にあの「赤い髪の女」に関係する者すべてのシナリオイベントは、ちょっと泣きそうになりますよ。倒したあとのセリフがよかったです!「お母さん…」おっと、これ以上はやめときましょ、所々に見れるイベントのシナリオストーリーが、1本の線に繋がるとき、作者によって考えられた重厚な物語が完成。罪深い者たちの欲望とその末路が描かれている。
 
 私はこのゲームは、まずノーマルにできる部分だけやって、ラスボスを倒して普通にエンディングを見た。このときは確か、依頼も半分ぐらいしかやってなかったでしょう。トレジャーボックスもほとんどが???のままで終わっていたと思います。
 それから、別の日に改めてプレイした際、受けていた依頼を見直して、謎解きの方をやってみることに。ここでいろいろな謎解きをしていく過程で、あるアイテムが見つからず、それを探すべく攻略サイトをちょっと見させてもらい、このゲームの真の奥深さを知りました。
 攻略サイトを見て、アイテムによっては、メインストーリーが先に進むと、入手できなくなるものがあることを知り、どうせならと前のファイルを消し、再度キャラを作り直してプレイすることにしました。
 この2度目の過程で、全アイテムと依頼をコンプリートしてクリアに成功。
 こちらのエンディングが、どうやら本当のエンディングだったのだといえるようです。

 1日にできるのが、よくても数時間という短さだったため、コンプリートでのクリアには相当時間がかかりましたが、これでもう十二分にやりこんだといえるでしょう。
 ちなみに私は、主人公の仲間のあの「軽い感じ」のキャラ、けっこう嫌いじゃないよ。女性陣では「銃使い」のほうが、個人的には好き。全登場キャラで一番好きだったのは、ルックスを除けば、あの王子様の「お兄さん」の方かな(笑)かなりマニアックです(-_-;
 RPGが好きな人…気になったのなら、1度遊んでみてはいかがかな?もうすでにプレイしたのなら、本文中に登場した内容は、すぐにわかることでしょう。
 あとは、実際にこのゲームをやった他の人は、どんなことを思ったか気になるところかな。
 最後にもう一度、ゲームの名前と作者および、そのサイトを表記して、リンクを貼っておきましょう。

 ゲーム名は「Legend of The Sky」。
 作者は「文月」様、こちらにオフィシャルサイトがあります。
 ※なお、このゲームは遊ぶためには「RPGツクール2000」というランタイムパッケージソフトが必要で、ゲーム本体ソフトとは別にダウンロードする必要があります。この「RPGツクール」は、ネットで配布されているダウンロードゲームの多くがそれで作られていて、そのゲームをプレイする折に、対応したランタイムが必要になりますので、各シリーズをダウンロードしておくことをオススメします。
 ゲームのダウンロードリンクに、ランタイムのダウンロードへのリンクがあるので、必要ならばそちらでどうぞ。
 …それの直リンクも貼ってくれてもいいのにと思った奴、世の中そんなに甘くないぞ(爆)私のブログは、そんなに何でも親切ではない!そもそも必要なら、まずは自分で何とかするものだ。RPGの基本ですよ。

 ゲーム作者文月様、このような形で当ブログにおいて、貴方様の作品ならびにサイトを紹介することをお許しくださいませ。
フィッシング全国行脚、5thリザルト
 
 

 ここ連日はレビュー系の記事ネタや日記だったから、久々にゲームリザルト。
 ハンゲによるフィッシングの全国行脚…なかなか最近進まないですが、5番目は中部。つまり、私の地元です。
 そして今回は、すわ湖、しみず港、よっかいち港での釣り。
 釣り大会の関係で、2月と3月にまだ前の近畿をしていましたが、先に海釣り場分だけ、こちらでいくつか先行してやっていました。

 ①日付      ③釣果数/釣果ポイント合計  ④最高レア物  ⑤最大魚(cm)
 ②釣り場/場所  ⑥販売額-単位G  ⑦開始時道具、水槽数
 プレイ日:2008/2/28~4/24


 ①4/11  ③69/689  ④イトウ(金)-レア7  ⑤イトウ(金)(208.8)
 ②すわ湖/A  ⑥77,615  ⑦サオSG、すてきな浮き、エサD、83


 ①4/12  ③68/744  ④イトウ(赤)-レア7  ⑤アリゲーター(黄)(700.0)
 ②すわ湖/B  ⑥90,243  ⑦サオSG、すてきな浮き、エサD、82


 ①4/13  ③65/545  ④ブニャプリンス(R)-レア7  ⑤ブニャ(XL)(382.0)
 ②すわ湖/C  ⑥34,548  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、84


 ①4/10  ③56/566  ④小雪(うきわ)  ⑤アリゲーター(黄)(304.0)
 ②すわ湖/D  ⑥50,703  ⑦サオSG、無敵の浮き、エサD、83


 ①4/8  ③63/562  ④ブニャ(XL)-レア7  ⑤ブニャ(XL)(332.0)
 ②すわ湖/E  ⑥54,873  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、81


 ①3/28  ③56/492  ④アユ(赤)-レア7  ⑤コイ(123.9)
 ②すわ湖/F  ⑥34,470  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、80


 ①2/29  ③77/648  ④アシカ-レア7  ⑤ホホジロザメ(1139.4)
 ②しみず港/A  ⑥84,701  ⑦サオSG、派手な浮き、エサD、59


 ①3/16  ③49/421  ④クロダイ-レア7  ⑤ホホジロザメ(974.8)
 ②しみず港/B  ⑥46,776  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、79


 ①4/8  ③66/607  ④クロダイ-レア7  ⑤イルカ(521.0)
 ②しみず港/C  ⑥74,394  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、81


 ①4/9  ③68/750  ④ジュゴン(黄)レア-7  ⑤マンタ(528.7)
 ②しみず港/D  ⑥110,828  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、83


 ①4/17  ③38/373  ④ジュゴン(黄)-レア7  ⑤マンタ(573.0)
 ②しみず港/E  ⑥35,171  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、83


 ①4/23  ③47/545  ④カジキ-レア7  ⑤マッコウクジラ(1469.0)
 ②しみず港/F  ⑥102,731  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、86


 ①2/29  ③58/559  ④海ブニャ(金)-レア7  ⑤マンタ(270.0)
 ②よっかいち港/A  ⑥94,276  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、58  


 ①3/23  ③48/429  ④海ブニャ(金)-レア7  ⑤マンボウ(184.0)
 ②よっかいち港/B  ⑥48,174  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、80


 ①4/24  ③47/449  ④イルカ-レア6  ⑤イルカ(359.0)
 ②よっかいち港/C  ⑥56,010  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、89


 ①4/18  ③26/283  ④カジキ-レア7  ⑤マンタ(534.0)
 ②よっかいち港/D  ⑥41,981  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、85


 ①4/14  ③40/390  ④イルカ(赤)-レア7  ⑤イルカ(赤)(531.6)
 ②よっかいち港/E  ⑥36,403  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、87

  
 ①2/28  ③63/624  ④アシカ-レア7  ⑤マッコウクジラ(2067.0)
 ②よっかいち港/F  ⑥94,125  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、57

 クエ、スズキ、ミノカサゴは地域限定魚。他にもあるようですが、とりあえず実際に釣れた分だけ。
 定期的にイベントもあって、プレミア広場での釣りも多かった。
 本当はもっともっと効率よくやりたいところなのだが、レアの魚は一応売らずに置いているため、お気に入りに入れている。・・・が、一部しか入りきらず、通常水槽で持ちっぱなしなのだ。
 売りたくないものはお気に入りで置いておきたいのに、そのお気に入り水槽分がまだまだ足りないため、この前のイベントで、かなりレア魚が釣れたせいもあって、水槽は90もあるのに、そのうちの半分以上を、お気に入りに置いておく分が占めている現状。
 可能な限り…ちょっとずつ、水槽を増やしてきてはいるのだが、新魚で埋まっていってなかなか追いついてない。しかも、以前ほどこのゲームををやれる時間もないしねぇ…困ったものだ(´_`)
 お気に入り水槽、1つ50000Gは高いよやっぱり・・・(>_<)
 ちなみにこの行脚は、無料広場でまだまだ続けます。
 
 次は北陸のどこかの釣り場に出没します。
 日付、時間は不定期です。
フィッシング全国行脚3rdリザルト
  

 釣りの全国行脚リザルト、4番目は近畿の3釣り場。
 今回は…かつら川、やまと川、はんなん港です。
 わくわくフィッシングでは、たまにイベント魚などがあるので、そちらが優先されたり、それのために釣り場が混雑することもあって、いろいろあるんだな。
 近畿地区もイベント(無料の新魚)が多いと、そこそこ混雑するエリア。

 ①日付      ③釣果数/釣果ポイント合計  ④最高レア物  ⑤最大魚(cm)
 ②釣り場/場所  ⑥販売額-単位G  ⑦開始時道具、水槽数
 プレイ日2008/1/24~3/8


 ①2/13  ③46/406  ④アリゲーター(黄)-レア7  ⑤アリゲーター(黄)(692.0)
 ②かつら川/A  ⑥45,161  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、59


 ①2/15  ③19/184  ④チョウザメ-レア7  ⑤チョウザメ(226.0)
 ②かつら川/B  ⑥22,382  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、59


 ①2/17  ③54/504  ④アリゲーターガー-レア7  ⑤ニシキゴイ(金)(128.5)
 ②かつら川/C  ⑥52,368  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、62


 ①1/29  ③55/485  ④アナコンダ-レア7  ⑤アナコンダ(960.3)
 ②かつら川/D  ⑥52,377  ⑦サオSG、すてきな浮き、エサD、51


 ①2/18  ③49/444  ④アナコンダ-レア7  ⑤アナコンダ(931.0)
 ②かつら川/E  ⑥65,248  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、62


 ①2/22  ③29/307  ④チョウザメ-レア7  ⑤アリゲーター(黄)(800.0)
 ②かつら川/F  ⑥30,568  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、62


 ①2/12  ③41/409  ④アユ(青)-レア7  ⑤雷魚(101.9)
 ②やまと川/A  ⑥29,635  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、59


 ①3/1  ③95/828  ④アリゲーターガー-レア7  ⑤アリゲーター(723.5)
 ②やまと川/B  ⑥57,740  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、69


 ①3/2  ③27/288  ④川ブニャ(銀)-レア7  ⑤アリゲーター(577.7)
 ②やまと川/C  ⑥49,046  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、71


 ①3/3  ③24/272  ④アリゲーターガー-レア7  ⑤アリゲーターガー(270.3) 
 ②やまと川/D  ⑥29,978  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、74


 ①3/8  ③55/483  ④アナコンダ-レア7  ⑤アナコンダ(632.0)
 ②やまと川/E  ⑥44,183  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、77


 ①3/6  ③28/284  ④カワウソ-レア7  ⑤アリゲーター(923.3)
 ②やまと川/F  ⑥37,197  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、76

 
 ①1/24  ③54/558  ④クロマグロ-レア7  ⑤マンタ(522.0)
 ②はんなん港/A  ⑥89,078  ⑦サオMG、無料浮き、エサD、48


 ①1/25  ③72/704  ④ジュゴン(黄)-レア7  ⑤マッコウクジラ(1313.0)
 ②はんなん港/B  ⑥96,955  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、48


 ①1/27  ③50/434  ④マンボウ-レア7  ⑤イルカ(437.3)
 ②はんなん港/C  ⑥38,122  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、48


 ①2/10  ③59/609  ④カジキ-レア7  ⑤マッコウクジラ(2444.0)
 ②はんなん港/D  ⑥70,290  ⑦サオSG、すてきな浮き、エサD、59


 ①2/22  ③76/611  ④クロダイ-レア7  ⑤ホホジロザメ(746.0)
 ②はんなん港/E  ⑥63,965  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、62


 ①2/26  ③58/550  ④クロマグロ-レア7  ⑤マッコウクジラ(1209.0)
 ②はんなん港/F  ⑥94,950  ⑦サオSG、無料浮き、エサD、58

 オヤニラミ、ホンモロコ、オジサン、クロマグロは地域限定魚。
 プレミアムのイベント釣りにちょくちょく参加していて、魚を売っては水槽などを購入しているので、水槽の数は日ごとに増えていっているが、今のところは3時間というルールでやっているので、販売額が100,000G以内に収まるぐらいしか釣れないことが多い。
 数はたくさん釣れても、レア度が低い魚も多いので、あまり高くは売れないのだな…イベントの魚や地域限定、逃げることが多い魚に関しては、釣れると売りたくないから、しばらく(それよりもサイズが大きい同じ魚が釣れるまで)は、水槽にとどめておくことにしているし…水槽はいずれMAX数まで増やしていくつもりだけど、多分それは相当先になるだろう。一般水槽、お気に入り水槽ともに、最終的には魚を売ってのみでMAXまで増やしていきます。
 
 次は中部のどこかの釣り場に出没します。
 日付、時間は不定期です。
最近更新が止まっているのは・・・
  

 ちょっとここのところブログの更新がストップしがちになってしまった。
 原因は最近はまりにはまっているゲームのせいである。
 そのゲームとは、ハンゲームの「チョコットランド」だ。
 かねてから、このゲームはかなりやりこんでいて、現在はレベルも30になって、ある区切りの強さまでキャラクターは成長してきた。
 先日からゲームのオープン一周年イベントというのが始まっており、私もそれをまさに「ちょこっと」やっている状況だ。

 相変わらず「根性なし」なチートをやる者たちが多い中、私はそんな助けも借りないで、あるときは1人で、またあるときはパーティーや人数の多い部屋に入り、協力をしたりされたりされながらイベントクリアをしているところである。
 ちなみにチートを「根性なし」としたのは、チートをする者やチートの助けを借りる者が、なぜそういうことをするか、ということを考えれば、その理由は明確だ。

 チートとは、街にモンスターを出して他者に迷惑をかけるような愉快犯は別として、プログラムの不正行為によって、自分が楽にプレイできるようにする。ワープしてきたり、特定のアイテムを出したり、一定モンスターを出したりする。それらはすべて、自分が楽にプレイするため(長い迷宮を行き来しないで済む、経験値を荒稼ぎして楽にレベルを上げる、レアアイテムを出す、または出させるなどが目的)である。なお、前者の場合は、絶対許されない行為であり、通報などをして、しかるべき対処をしなくてはならない!
 そもそもRPGは、ほとんどのゲームで「通常にプレイしていっても、必ず何かで行きづまる」ように作られている。そうでないと、ゲームの楽しさを味わえないようになっているからだ。
 その多くは、レベル不足(強さが足りないため、特定のモンスターなどに勝てない)か、アイテム購入のゲーム内通貨不足、アイテム不足だろう。あのドラクエやFFでもそうだったね。他のゲームでも、ゲーム中一度は同等の条件下に陥るときは絶対あるはずである。しかし、謎解きが絡むようなRPGだったりすると、どうしても先に進みたい、行ってみたい!という欲求が走り、無理をしてしまったりするんですね。私も何度も経験があります…

 今回私がやっている「チョコットランド」でも、通常にプレイしていくと、どうやら「素材不足」と「レベル不足」に悩まされるように作られているみたいだ。
 そうでなくては、やはりRPGの醍醐味はない。簡単にクリアできるようなゲームでは、そもそも挑戦のし甲斐もないというもの!
 これを打開する方法は、仲間の協力かひたすら忍耐しかなく、それのどちらも面倒だったりする忍耐のない者、頑張ってやっているけれど、なかなか思うようにならず心が折れてしまう者、が結局はチートという愚かな行為に頼ってしまうのだ。
 気持ちはわかるけれどね…私とて「あまりにも多い数の素材」がちっとも集まらなかったり、レアなものが探しているのに、ちっとも出なかったりすれば、心は折れそうになりますよ。
 しかし、それに耐えてこそ大人、いや、RPGの真のプレーヤーである。RPGはそういう点では、ある意味で精神力も鍛えてくれるゲームなのかもしれないね。
 考えてみれば、今の世の中…特に現代はあらゆる点で、我慢をしなくていいことが多い。日常生活の中でも、何でも代行してビジネスになっているし、道具なども出来て、楽な方に楽な方にという感じだから、現代人は基本的に「忍耐力」が足りない。足りなくても今は十分に生きていけるからなおさら…スグに心折れる人を育てているのが、今の現代社会である。
 ましてやゲーム自体が子供がやるものとして考えると、ユーザーのほとんどはそんな現代人がやっているのであり、結局大半が我慢知らずの者といっても過言ではない!チートなどという不正をやってでも、ゲームを優位に進めたい、クリアしたいと思う気持ちの裏には、そういう現代人の忍耐力不足があるのだろう。

 心が折れそうになる、諦めてしまいたくなる気持ち…その葛藤にも出会うのがRPG。難しいゲームであればあるほど、魔の誘惑は常にある。
 それでも、やはり私は…だからこそ、晴れて達成したときの喜びというものを知っている。苦労の果てにある充実感…それがいかに快感であるかをわかっている。
 RPGの本当の楽しさは、愛すべき自分の分身といえるキャラクターが、少しずつではあるが成長し、長く険しい旅の果てに、その目的を達成することにある。その過程には、数多の苦労と危険、困難が待ち受けている。時として、忍耐も必要とする。それらを仲間などの援護なりを借り、自分で打開、達成してこそ、意味があるのだ。
 えもいわれぬ感動は、同じ気持ちになった人だけがわかることなので、言葉などでは表現できない!おそらく…苦労が多い(難しい)ほど、記憶には残ると思う。
 そしてこれは、チート者には決して知りえない「快感」であろう…

 また、これは同じようにこのゲームにログインしてくる中に、かなり多くいる「クレクレ君」にもあてはまる。
 クレクレ君とは、ゲーム内の素材などを、自分は集める苦労もせず、他者から貰ったり交換したりする者のこと。自分のアイテムや通貨と引き換えに、楽して手に入れる。もっとひどいのは、タダでくれなんてほざいてくる!
 少なくとも誰かがいるようなルーム内に入ってきて、自分はまったく集めることもせず、いきなり「○○ありませんか?」なんてチャットで打ち込んでくる奴だ。恥知らずというか、見ているとイラッとする。少しは自分で努力ってものをしろよと、いつも叫んでいる。私がそいつよりレベルが高いなりすれば、今度は私が協力なりをすることはいいだろう!でも、ただでくれてやる気はない!
 もしかしたらこれまで少しは探す努力はしてきたんだろうけど、入ってきていきなり人に訊ねる時点で、苦労の影は感じないな(`Д´)やっぱり自分で一生懸命探しているのだという姿勢は見せないと、協力してやる気にはなれない!
 おそらくそいつは、誰かに頼めば何とかなると思っているのかもね。
 これもまた、忍耐力のない、根性なし人間といわざるをえない。
 中には確かに、強くてなかなか倒せない敵が落とすような素材や、その敵を倒すクエストもある。そういう時は、協力してくれる人は必要だ。でも、あくまでも協力して欲しいと頼めばいい。これも努力の姿勢が見えてこそ、心優しいみんなは助けてくれる。あくまでもサポートでなければ、成長にはならない。

 ちなみに私は、これまで自分から誰かに何かを欲しいと頼んだことはない。
 実際レベルが低かった頃は、多くの人からアイテムを貰ったり、素材集めやクエストに協力してもらったものの、すべてその人たちが自らの意思で手伝ってくれたものだ。
 きっと私がそういう努力の姿勢を見せてきたからこそ、手伝ったりしてくれたのだと確信する。
 当初は1人で達成予定だったりしたものの、協力者が同じ目的だったり、自分がすでに達成して、アイテムが余っていたり暇だったりしたゆえに、私に協力してくれた。もしかしたら、中には友録から先(発展)なりの下心がある者もいたかもしれないが(笑)
 とはいえ、これまで私の冒険に協力してくれた多くユーザーの人たちには、本当に感謝している。ありがとう…もう名前もほとんど覚えてないんですけど、どこかでまた会えて一緒に冒険できるといいですね。
 ゲーム内だけでなら、大いに仲良くしていきたいです。
 
 こうして考えると、オンラインゲームの特性として、チート者とそれに群がる者、そしてクレクレ君、など…純粋に愚かな人たちはいるが、一部ではそれも裏でちょっとしたビジネスが絡んでいたりもして、いろいろと複雑な事情もあったりする。
 匿名性があり、みんなハンドルネームだけでプレイしているから、実際にどんな人がプレイしているのかわからないし、IDも使い捨てみたいにして、いくつも作っては捨てを繰り返している奴もいるそうだ。正体がわからないのを逆手にとって、やりたい放題な部分もある。
 まぁそんなのは、ごく一握りの人たちなんですけどね。
 他者と同じ目的で関りを持つ、オンラインゲームならではの光と闇が見える気がする…
  
 ただ、もういい歳をした私が、あんなRPGに夢中になってやってしまうこと自体が、ちょっと愚かというか…情けないといってしまうなら、それはそれで返す言葉もないんですけどね(笑)
 いつまでもゲームが好きな、バカな私なんです(-_-)
 このブログの更新は仕方ないけど、fc3は極力止めたくないからなぁwww
 多少限度を考えないとね…あまりやりこんで、ゲームヲタク呼ばわりされるのもちょっと困るし(爆)


CL

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

Counter/FC2

アクセス

無料カウンター

プロフィール

栗林あや

Author:栗林あや
いらっしゃいませ。
くりあや交遊録へようこそ。
ブログ管理部、本家代表です。
私は、設定上は女子大生ということになっております。
その正体は、ふふふ…秘密!
もっとプロフで少しわかるかも?

もっとプロフィール

リンク

このブログをリンクに追加する

参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

参加中2

【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)

参加中3

DHCオンラインショップ
セシール

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

テキスト広告(CP)集

① きゃばきゃばが熱い!
② リサイクルなら【ブランカスタ】
③ 電話占いで貴女の悩みを解決
  
 
 
 
 

バナー広告(US)集

 
 
 


オークションならビッダーズ 

クチコミLINK



16 目的別で探せるハーブティー専門店「ハーブスタイル」
15 お歳暮なら全国無料配達のダイエーネットショッピング!
14 引越し料金を業者ごと比較・見積り
13 顧問弁護士をお探しなら法律事務所オーセンスへ。
12 弁護士 転職は弁護士ドットコム転職ナビへ。 
11 緑屋情報システムの「流通 SAP 求人」 
10 自己破産の無料相談ならオーセンスへ 
9 楽に新婚旅行に行くなら『世界のおみやげ屋さん』を賢く使ってGO~! 
8 安心の保証付!中古車を買うなら全国500店舗展開のTAXで 
7 【モダンアジアン】a.flat家具ソファベッドテレビ台! 
6 民事再生の知識と手続きはリーガルハンズへ 
5 中古パソコン販売のぱそすた「パソコン倶楽部」・中古ノートパソコン大特価中! 
4 任意整理の知識と手続きはリーガルハンズへ 
3 国内最大級のデザイナーズ家具インテリアショップ「リグナ」 
2 携帯アフィリエイトなら広告数No1のSmart-Cがおすすめ 
1 コンタクトレンズの通販サイト

アウトパーツ1

OMC -12/20

アウトパーツ2

アウトパーツ3

アウトパーツ4

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。